FC2ブログ

侍戦隊シンケンジャー 第十九幕「侍心手習中」

流ノ介VS源太

不可避の対決ですね。


海老折神

源太がモヂカラで自作した折神
折神は文字のプログラム
携帯の文字の方が楽だから電子モヂカラ。
モヂカラをたっぷり注ぎ込めば動き出す。
これまで動かなかったのは、別にそういう性格だったからじゃないのねw

源太は文字の扱いに特殊な才能を持った者。

流ノ介
「侍というより、職人だな!」

「侍になってはしゃいでいる内は
侍じゃない!侍ごっこだ!」



OPにシンケンゴールド、烏賊、海老折神が追加


流ノ介は侍の純粋培養。

俺ももっと頑張らねぇとと思った千明
侍らしい生活を送れば流ノ介にも認めてもらえるかも……

ついに骨のシタリ自ら出撃か
付き合いの長い奴は気が利くらしい。

流ノ介を偵察するため黒子になっている源太。
源太はスルーすることにする殿様
いつもより存在感がある。

流ノ介は習字やったり、歌舞伎の稽古したり、早起きしてランニングしたり。
一日ほとんど稽古、しかも時間ぴったり。時計のような男。

流ノ介は黒子が源太であることに気づいていた。


オイノガレ

声は桜井敏治

蒼天航路の許楮、マシンロボのトリプル・ジムとか。


かつて三途の川と繋がっていた井戸。
今は枯れているが、もう一度三途の川の水を呼び込めば、外道衆の出城になる。
ドウコクは封印の後遺症で水切れが酷くて一歩も外に出られない。
若い女を九人殺して井戸に放り込むと三途の川の呼び水になる。

賽の河原の石で作った斧で殺す。
死んでもあの世に旅立たない。

いつになくストレートに残酷な作戦だ……


結界を張っていたので、殿様たちと連絡を取る事が出来ない。

ドウコクの知恵袋、骨のシタリ

これがシンケンジャーとの初遭遇か。


三途の油地獄!!

油で滑って武器が持てない!

源太
「サカナマルがウナギ~」



斧も油でぎとぎとになって使えない。バカだねぇ~!
猶予は砥石で研ぐまで元通りにするまでの間。


源太を報告に戻して、自分は一人で助けに行こうとする流ノ介。
他の仲間だったらそんなことは言わないはず。

源太
「助けなきゃいけねぇ人がいるのに、
侍が自分の命守るかよ」



規則正しい生活を送っているので殿様達は異変に気づくはず……

流ノ介
「信じるんじゃない、殿は来る、それだけだ」


ハチマキで手を縛って油で滑らないようにする策。

斧が井戸に落ちた。

シタリ
「造るの大変なんだよあれは!!」



そこに殿様たちが駆けつける。
ことはの呼び方は流さん源さんか。

信じるんじゃなくて、疑わない。

オイノガレはシンケンレッドとは相性最悪
シタリは早くもそれを見抜いて撤退する。さすがは参謀。

油に炎だと当然引火して火だるまに……

ブルーとゴールドの合体技、

清流百枚おろし

井戸に落ちて井戸ごと大爆発。

今週もイカシンケンオー
油でぬるっと合体解除される。

源太
「そうはイカのなんとやら!」


今度は烏賊冷凍で油を凍結


一本締めを拒否する流ノ介だが、結局やる事になる

海老折神はまだ動かない。
折神の名前が海老蔵なのが気に入らない流ノ介。

喧嘩するほど仲が良い。


流ノ介はリボーンの獄寺、BASARAの幸村と同じタイプのキャラなんだと最近気づいた。

今週は外道衆的にはシタリ回だったな。骨のシタリの独特の言い回しが何か良い。
千明と源太がやたら仲が良いので、
今度はこの二人の話も見てみたいかな。

次回は海老折神がロボットになる。十臓も久々に登場か


面白かったらクリックお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト



コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://greensnake.blog70.fc2.com/tb.php/921-2a7fd239

侍戦隊シンケンジャー 第十九幕「侍心手習中」

侍戦隊シンケンジャーの第19話を見ました。CHARAFORTUNEシリーズ侍戦隊シンケンジャーシンケン書道みくじ!BOX第十九幕 侍心手習中「どうよ、これが新しい折神、海老折神だ」「お前が作ったのか?これを…」「まさか、一体どのように…!?」モヂカラの稽古をしている最中...

『侍戦隊シンケンジャー』第十九幕『侍心手習中』

あ、OPがちょっと変わった。 源太を無理矢理詰め込んだ感が、無くもないですが……。終わり部分とか、ナチュラルにゴールドがハブられてるのが、なんか地味に可哀想です(でも笑)。

侍戦隊 シンケンジャー ~第十九幕「侍心手習中(さむらいごころてならいちゅう)」

~第十九幕「侍心手習中(さむらいごころてならいちゅう)」

★侍戦隊シンケンジャー(第十九幕)

「侍戦隊シンケンジャー(第十九幕:侍心手習中)」   シンケンジャーと認められた丈瑠の幼なじみ、源太。 オリジナル折神を作り出すなど、独自の才能も発揮。 だが、侍の純粋培養な流ノ介は、源太を「侍」とは認めてくれない。 そんな流ノ介に認められようと、黒子...