FC2ブログ

はじめの一歩 New Challenger ROUND.22「ケンカバトル」

ハイスピードバトルはホークの方が優勢。

両者の動きには差が無いが、一つ一つの攻防で上を行かれる。
スピード&パワーのリングで頂点に立ったホークは、
この手の展開に慣れている。


鷹村は自分の同等の相手と始めて戦った。


ホーク

鷹村は二度目のダウンを喫してしまう。

しかしその後、左のパンチが当たるようになった。
のけぞったところに、一つずつ間を詰めて、
ステップインしながらのあまりにも堅実な左!


鷹村

鷹村
「何千回何万回も、繰り返したパンチだ!!」


ついにホークからダウンを奪った!
力が入らないから一番楽に打てる左を打った。

鷹村
「ジジイのボクシングが、世界に通用するってことがよ!」


鷹村はホークの弱点に気づいた。
先ほどと同じパターンでダウンを奪う。

踏み込んで伸びるパンチを貰うと、
一番不安定な態勢で喰らってしまう。

鷹村
「こっからはケンカだ馬鹿野郎!!」


オープニングにあったパンチのぶつかり合い!

英断かもしれない……
三度も同じ手が通用するとは思えない。
実際ホーク側は左に合わせてカウンターを打つつもりでいた。

両者ノーガード、至近距離での打ち合い。


ホーク2

鷹村2

ホーク「どう料理してくれようか!!」
鷹村「腸煮えくり返ってんだよ!!」


ホークのパンチは大振りでも
スイングと体の戻しが早いので、カウンターが使えない。

両者、空振りしても全弾フルスイング

鷹村はホークの変則に対応できるようになってきた。
ケンカファイトに身を投じたことで、
間合いや呼吸が本来の自分の姿になった。
足かせを外して、封印を解いた姿は会長とて見たことがない!

鷹村
「喧嘩じゃ負け知らずだったんだろうなぁ!
けどな!アメリカには、俺様はいなかったからなぁ!」



妙に余裕こいているセコンドのミゲル・ゼールが
段々負けフラグ要員になっている気がしてきました。
後半は思いっきり予想外れちゃってるし。

スラム街出身のキャラといえば、
苦しかった頃の回想シーンをやるのがお約束なんですが、
それをあっさりカットして鷹村優勢になったのは新しいな、と思った。
まぁ来週やるのかもしれんけど。


面白かったらクリックお願いします

にほんブログ村 アニメブログへ

スポンサーサイト



コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://greensnake.blog70.fc2.com/tb.php/864-ee54ed02

『はじめの一歩 New Challenger』#22「ケンカバトル」

「喧嘩じゃ負けたことはねーんだよ!!」 2R目で、体格に似合わないスピードを見せた鷹村だったが ホークはそれと同等のスピードでもっ...

はじめの一歩 New Challenger 第22話「ケンカバトル」

「喧嘩になりゃ、負ける気しねえぜ!!」 鷹村さんvsブライアン・ホーク戦の2回目。 何だか今回はテレビの故障(?)で、Aパートの大部分...

(アニメ感想) はじめの一歩 New Challenger 第22話 「ケンカバトル」

はじめの一歩 DVD-BOX VOL.2クチコミを見る 鷹村が王者・ホークに挑んだWBC世界J・ミドル級タイトルマッチの第2ラウンド。スピードを上げた鷹村に対し、ホークは、あざ笑うかのように相手のスピードに合わせて打ち合いを始めた。両者の動きに差はないものの、当た...