FC2ブログ

真マジンガー 衝撃!Z編 第9話「発動!日本侵略作戦!」

とりあえず兜甲児がごく普通の少年ってのは無理ありすぎ。
光子力研究所のプールから登場するマジンガー
9話にしてようやくお馴染みの光景が。


マジンガーに次々と倒される機械獣
一日にあれだけ話数掛けたのに、
その後のあしゅらとの戦いはさくさく流します。

研究資料にするから機械獣はあまり壊すなとか、
小言を言うロボット軍団は甲児がウザがるのも無理ないな~
一応足手まといである事は自覚しているのね。


クロス

一匹狼で、一人で四十人を相手に立ち回った。でも猫には優しい。

先生

料理の腕は天下一品。斬られた本人も気づかぬほどの剣の腕前

噂では、みんな何年も前に死んでいるらしい

いたちの安

くろがね屋メンバーが集まっているのは女将さんがいるからだとか。

ジャンゴ

客のお迎え係
危ない客を振り落とす係か。車の前半分だけを残して切断する。

暗黒寺
「全く機械獣より始末が悪いぜ」


いや全く……

女将さんに駄目出しされる甲児。
武器に頼りすぎ、届かない場所から総攻撃されたら雪隠詰めになって終わり。

ロボット軍団の重箱の隅を突っつくような説教と違い、
真っ向からまだまだお前は弱いと言われる方が堪えるのですね。
女将さんに異様な貫禄があるからだろうが。

勝負に勝ったらバードス島の位置を教える。
勝負の相手は菊之助姐さん。

鎖に縛られ電撃でお仕置きされるあしゅら男爵

Dr.ヘルに見限られるあしゅら
あしゅらを慰めるピグマン

あしゅら
「このあしゅら男爵、哀れみは受けぬ!」


ピグマン
「そうか、すまなかった……
だが私は信じているぞ、お前が勝利する日をな」



何だこの友情劇は……
ピグマン子爵は本当にいい友達ですね。

あしゅら
「さらばバードスよ。私は必ず帰ってくるぞ」


涙を流しながらの出撃。この戦いがあしゅら男爵の最期になるのか?


ヘル
「思ったとおり、期待を裏切らぬ奴よのぉ」


もしやヘルはあしゅら男爵を奮起させるために、
見捨てるようなことを言ったのか?


お菊さんの肩を叩くことが出来れば勝利
一番怖いのはお菊さん。安達が束になっても敵わない。

ボスたちも旅館にいた。
宿泊費などないのでびびる三人

のっそり、もりもり、せわしの三博士が


トロスD7
キングダン
バルカス
ゴーストファイヤー


あしゅら男爵は各地に一斉に機械獣を出撃させる作戦!!
マジンガーZは一体しかいないので極めて有効な作戦ですね。

うわぁ、一話完結のロボットもの、特撮ものでは
禁じ手とされてきた作戦をついに使うか!!

まぁ物量で勝る側がこういう手を使わない方がおかしいんですけどね。

毎週一体ずつロボットや怪人を送り出す
他の悪の組織が武士道精神に溢れすぎなんですよ。


くろがね屋にはあしゅら男爵の娘たちが……

笑いあうジャンゴとガミアQ3

東京にゴーストファイヤー、大阪にトロスD7、名古屋にキングダン

甲児の出撃を阻止する女将さん
お菊さんの肩を叩かない限り出撃させない。

ガミアQの声は雪乃五月になっていたんだけど、
これは雪野五月に改名する前の旧い芸名だよね。

次回はタイトルからしてくろがね屋メンバーが更に活躍する話だよな。


面白かったらクリックお願いします

にほんブログ村 アニメブログへ
スポンサーサイト



コメント


禁じ手も何も、「各地に一斉に機械獣を出撃させる作戦」
は37年前の原作コミック通りの展開です。
あの4体も、機械獣に話しかける、あしゅらも台詞も、そのまんまです。

これまでの展開は漫画版と全く違うんですけどね(^^;

峰上鷹太さんコメントありがとうございます。

> 禁じ手も何も、「各地に一斉に機械獣を出撃させる作戦」
> は37年前の原作コミック通りの展開です。
> あの4体も、機械獣に話しかける、あしゅらも台詞も、そのまんまです。
>
> これまでの展開は漫画版と全く違うんですけどね(^^;

漫画だと機械獣は一話一体までって制約がないですからね~
というか台詞までそのまんまなんですか。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://greensnake.blog70.fc2.com/tb.php/858-43472810

真マジンガー 衝撃!Z編 on television 第9話「発動!日本侵略作戦!」感想

真マジンガー 衝撃!Z編 on television 第9話「発動!日本侵略作戦!」感想 玄田さんの熱い絶叫で始まった今回。

真マジンガー 衝撃!Z編 第9話「発動!日本侵略作戦!」

相変わらず奇人変人たちの挽歌 真マジンガー 衝撃!Z編 Blu-ray BOX 1 [2010年8月22日までの期間限定生産](2009/08/25)赤羽根健治本多陽子商品詳細を見る