FC2ブログ

真マジンガー 衝撃!Z編 第4話「激突!機械獣VSマジンガー」

ガラダK7ってマジンガーよりでかいんだな

ガラダK7の鎌の名前はジャイアントカッター


あの鎌にそんな仰々しい名前が!
ジャイアントカッターといえば
大空魔竜のあの馬鹿でかいギロチンを思い出すな

ダブラスM2のパワーは、機械獣二体分

首が二つある事にそんな設定があったとは。
何かスパロボではただのやられ役だった二体がとんでもなく強そうに見えてきます。

過去の話になると歯切れが悪くなる十蔵

Dr.ヘルのカリスマ凄すぎ。
スパロボからは想像もつかない。

マジンガーとガラダK7が光の鎖で繋がれた!
一対一の決闘

あしゅら男爵が兜十蔵に頭を下げた!
十蔵はDr.ヘルの片腕であり、五大軍団の一人だった。
あしゅら男爵が今日あるのは十蔵のお陰。
封印を解いてくれた十蔵はDr.ヘルと同じく恩人なのね。
Dr.ヘルの下に戻り、光子力エネルギーを研究するように要請する。

十蔵
「地獄の蓋を開いただけじゃ」


暗黒寺に「お前もあんな顔にしてやろうか」と脅しかける。

十蔵
「もう一辺死ねや!!」


あしゅらと暗黒寺もろとも自爆!!

すげぇ十蔵……あの爆発で、
あしゅらから死んでいないと確信されているんだ。


ロケットパンチを発射するも、ガラダK7に弾かれビルに直撃!

「あれがロボットの動きか!まるで獣だぞ!!」

ロボットの枠を超え、獣のような動きをするからこそ機械獣。
機械獣ってそんなに凄かったのか……


マジンガーの操縦法はバイクに似ている

瓦礫から赤い血が染み出てくる……
民間人を潰してしまった!

絶句する甲児!
ぎゃー、ここで甲児に人殺しの十字架を背負わせるか。


ロボット軍団登場

ローリィとロール
アフロダイAを修理するミリオン
これがスパロボの修理装置か!!
こんな風にして修理しているんですね。

シローも事の重大さに気づく。
ここで玄田ナレーションが!
つい先ほどまで普通に生きていた人々が血と肉の塊に……

いやぁ……まさか街中で巨大ロボットが戦えばどうなるかをリアルに描いてくるとは。
数多のロボット物やウルトラマン、戦隊ものの巨大戦ではあえて無視されているんですが、
巨大なロボット同士が戦ってビルを壊したりすれば大勢の犠牲者が出るのは当然なのです。

ビルに誤爆したロケットパンチからも赤い血が……
巻き添えになった人々のことを考えて戦えない甲児


木のほこらから出てくる十蔵と暗黒寺

マジンガーの遠隔制御装置があるというお堂へ
物凄いスピードでタイピングする十蔵!
ルルーシュに匹敵する、いや、それ以上のスピードかも!

発射済みのロケットパンチがお堂に直撃!!

覆面剣士があしゅら男爵の顔面を縦に切り裂く!
この男、生身のあしゅら男爵と互角なのか……?

十蔵
「行ったれ――!!ロケットパーンチ!!」


ロケットパンチに乗った十蔵と暗黒寺は、そのままガラダK7に体当たり!

遠隔操作というから、十蔵がマジンガーをコントロールして戦うのかと思ったけど、
完全に予想を裏切られたなぁ。
十蔵、エネルギッシュすぎる。



十蔵大活躍だなぁ……

あしゅら男爵の言うとおり、とてもじゃないが死にそうに無いぜ……
暗黒寺刑事とのコンビも板についてきたみたいだし。
避けられない未来が分かっているだけに、少しでも長く十蔵の活躍を見ていたくなった。

トンデモ展開ばかりのようで、
マジンガーと機械獣との巻き添えで死んだ人々の描写が重苦しい。
これ、ガンダムよりよっぽどリアルロボットしていないか……?

世界観もきっちり作ってあるし、毎回詳細な説明が加わるし、
巨大ロボットが戦うという現実を描いているという点を見れば、
これこそ真のリアルロボットというべきではなかろうか。

ようやくガラダK7に一矢報いるなど、
展開は遅いけど内容はみっしり詰まっているなぁ。


面白かったらクリックお願いします

にほんブログ村 アニメブログへ
スポンサーサイト



コメント


本編見てない僕が食い付くのもどうかなって自分でも思いましたが…

スパロボJのマジンガーを知ってるので、平にご容赦。

>Dr.ヘル
>カリスマ性

死人を融合(縫合?)してあしゅら作ったりするあたり、確かに「天才科学者」ではありますね。

スパロボFで「風邪ひいてまんねん」って言い出した時は腹抱えて笑いましたが。

初代ヘルを演じた富田耕生さん繋がりで、某製薬会社の風神のセリフなのですけど。





>ロール
出てきてたなぁ…両腕がドリルみたくなってるやつですよね。
コマンド「自爆」しか印象になくてw


よほど藍三郎さんお気に入りの作品なら見てみようかなという気になりました。

蒼天航路も東海圏でようやく始まりましたし。

それでは、失礼しました。

 今回も大層なハイテンションでした。最初作画がイマイチなような気がしていたのですが、最後の剣客とロケパンの交差シーンの美しい動きのためだったのかもしれませんね。

>機械獣
 スパロボやってる友人によると機械獣っていうのは随分ザコみたいですが、あしゅらの講釈を聞いてると物凄く強いような気がしますね。実際強いし。

>十蔵博士
 丁重に勧誘してくるあしゅらを爆破、ロケパンに乗って機械獣に突撃・・と今川節大炸裂なキャラになりましたね。甲児との師弟(?)関係が面白いので、そちらももう少し見ていたい気がします。

>巻き添えになった人達のことを考えて戦えない甲児
 戦うと人が傷付くからイヤとかいうワザとらしい台詞でなく『人が死ぬかもしれない恐怖で動けなくなる』という見せ方にしたスタッフの手腕に感動。甲児はちゃんとした想像力のある人であるという事も分かって何故か安心。

kai-ryuさんコメントありがとうございます。

> 本編見てない僕が食い付くのもどうかなって自分でも思いましたが…
>
> スパロボJのマジンガーを知ってるので、平にご容赦。

私もろくに見てないですよ。ビデオで3話ぐらいかな。
後マジンガーVSデビルマンとか、VS暗黒大将軍とか。


> 死人を融合(縫合?)してあしゅら作ったりするあたり、確かに「天才科学者」ではありますね。
>
> スパロボFで「風邪ひいてまんねん」って言い出した時は腹抱えて笑いましたが。
>
> 初代ヘルを演じた富田耕生さん繋がりで、某製薬会社の風神のセリフなのですけど。

このギャグキャラのイメージを払拭したのがZ編のヘルなんですよねぇ。


> 出てきてたなぁ…両腕がドリルみたくなってるやつですよね。
> コマンド「自爆」しか印象になくてw

そうですよ~例によってあんまり使わなかったなぁ。


> よほど藍三郎さんお気に入りの作品なら見てみようかなという気になりました。
>
> 蒼天航路も東海圏でようやく始まりましたし。
>
> それでは、失礼しました。

真マジンガーは正規の手段を用いてネット配信されているんで見やすいんですよ。
公式サイトからリンクが張ってあります。あにてれしあたーっての。

あきらさんコメントありがとうございます。

>  今回も大層なハイテンションでした。最初作画がイマイチなような気がしていたのですが、最後の剣客とロケパンの交差シーンの美しい動きのためだったのかもしれませんね。

ですかね~


>  スパロボやってる友人によると機械獣っていうのは随分ザコみたいですが、あしゅらの講釈を聞いてると物凄く強いような気がしますね。実際強いし。

私もスパロボやってますが本当さくさく倒せる雑魚敵ですね。
この機械獣を強く見せるってのが画期的でしたねぇ。


>  丁重に勧誘してくるあしゅらを爆破、ロケパンに乗って機械獣に突撃・・と今川節大炸裂なキャラになりましたね。甲児との師弟(?)関係が面白いので、そちらももう少し見ていたい気がします。

爺さんのパワフルさには圧倒されっぱなしですねぇ。
今川監督だからか生身が強い奴らが多いです。


>  戦うと人が傷付くからイヤとかいうワザとらしい台詞でなく『人が死ぬかもしれない恐怖で動けなくなる』という見せ方にしたスタッフの手腕に感動。甲児はちゃんとした想像力のある人であるという事も分かって何故か安心。

一方でロボット戦はシリアス全開。
街中で戦えばどうなるかを甲児にも視聴者にもストレートに見せ付ける演出がすげぇです。

TB有難うございました。

こんにちわ。

重蔵爺さんが相変わらずパワフルですが、
「巨大ロボットが市街戦をすれば、これだけ
犠牲が出る。」から、現実を目の当りにして
甲児が動けなくなる、という流れの自然さ。

やはり今川さんです。

つか、爺さんがあしゅら男爵の「生みの親」
ですかい;。そっちの方がアレでしたが。
(一応リア世代なのですが;)

由維さんコメントありがとうございます。

> こんにちわ。
>
> 重蔵爺さんが相変わらずパワフルですが、
> 「巨大ロボットが市街戦をすれば、これだけ
> 犠牲が出る。」から、現実を目の当りにして
> 甲児が動けなくなる、という流れの自然さ。
>
> やはり今川さんです。

ども~
あの展開は中々ショッキングでした。
トンデモ展開のようでかなりシビアかつシリアスな話を入れてきますね。


> つか、爺さんがあしゅら男爵の「生みの親」
> ですかい;。そっちの方がアレでしたが。
> (一応リア世代なのですが;)

ん~男女のミイラをくっつけたのが十蔵ってことなんですかねぇ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://greensnake.blog70.fc2.com/tb.php/783-73a54d75

真マジンガー 衝撃!Z編 on television 第4話「激突!機械獣VSマジンガー」感想

真マジンガー 衝撃!Z編 on television 第4話「激突!機械獣VSマジンガー」感想 機械獣強ェェェ!!

真マジンガー 衝撃!Z編 第4話「激突! 機械獣vsマジンガー」

正体を現した機械獣ガラダZ7とダブラスM2にマジンガーZもアフロダイAは大苦戦。熱海にやってきた後のマジンガー軍団は暫く様子見。意外と薄情者でした。高みの見物を決め込むわけにも行かなくなった「くろがね屋」は先生に一任するも、錦織つばさは嫌な予感を感じてク...