FC2ブログ

侍戦隊シンケンジャー 第十一幕「三巴大騒動」

骨のシタリから十臓の言葉の真意を聞かされ、
船が揺れるほどお怒りなドウコク
それによってナナシ連中が大量発生


火炎の舞
水流の舞
天空の舞
木枯の舞
土煙の舞


ナナシ連中は丈瑠だけを狙う

レッドはイエローの剣を使った火炎雷電の舞で一掃
雷のディスクも所有していたのね。

シンケンジャーは血祭ドウコクのことも知っていたのか

ドウコクを力ずくではなく、封印したという点がポイント

先代シンケンジャーの最期
敗れたヒーローの末路を見るようでかなり無残な光景だったな。

血祭ドウコクを封印できる唯一の文字は、志葉家の者だけが使える。
だがそのためにはとてつもないモヂカラが必要で、丈瑠にはまだ使えない。
先代も使いこなせておらず、そのためにドウコクたちが復活してしまった。

丈瑠が切り札だということがわかり、
何としても丈瑠を守ろうとする流ノ介たち

丈瑠
「自分の身は自分で守る。
お前たちは今までどおりでいい」


命に代えてもと言われると激怒する丈瑠
自分のせいで家臣達が傷つくのが耐えられないのね。
かといって、自分が死んだら全てが
終わりということも分かっているから余計に辛いんでしょうな。

ウシロブシ

声は諏訪部順一

グリムジョーとか清水雷光とかザーギンさまとか

今までのアヤカシの中でも段違いに格好いいデザイン

ウシロブシに一人で挑む丈瑠

鬼刀二段斬り

二段と言いつつ*字に三回斬っているが……

ウシロブシの攻撃から丈瑠を庇って大ダメージを受ける流ノ介とことは

ウシロブシの刀を止めたのは、腑破十臓!

シンケンレッドVS腑破十臓VSウシロブシ

レッドは二刀流で応戦
何かレッドがことはの頭を踏みつけそうな位置だった

これぞ侍同士の斬り合い!
強敵同士の対決は燃えるなぁ。
何かテレビから目を離せなかった。

三者は互いに刀を突きつけ……

ウシロブシは水切れで撤退

十臓
「腕のある者と戦う事だけが望みだ。俺も、裏正も」
「俺が望んでいた戦いはこんなものではない」


裏正は逆刃こそ本性

だから「裏こそが正しい」から裏正なのか

十臓は丈瑠を見逃す

人間体も披露する

十臓
「シンケンレッド、この貸しは大きい。
いずれ俺の満足する果し合いをしてもらう」
「腑破十臓、それだけだ」


黒子は負傷者の搬送も担当するのか

丈瑠が志葉家から姿を消し……

剣豪三人の斬り合いに大興奮な回でした。
丈瑠の真意は来週待ちってことね。

後、血祭ドウコクがかなりの大物だということが判明。
怒りで船を揺り動かし、ナナシ連中を大量発生させるほどのパワーがあろうとは。
封印の文字なる長期に渡る目標も出てきたし、
ドウコクを倒すことが即ち外道衆の壊滅に繋がっていそうな雰囲気。
当初はシュテンやブランケンと同じ中盤で退場する剛力幹部だと思っていたのに、
一気にラスボスっぽくなりましたね。


次回はドウコクVS十臓?


面白かったらクリックお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト



コメント


更新お疲れ様です

面白そうな展開だったのでリアルタイムで見ようと努力した結果見事に初めの10分見逃しましたwww、ネタバレとか気にせずに教えてくださるとありがたいです

ウシロブシはいいデザインでしたねぇ、やっぱりウルトラマンも戦隊ものも2話連続の話が面白いんですよ(1話目でヒーローが負ける→俺が喜ぶ、2話目で逆境を乗り越えて成長したヒーローが勝つ→俺萎えるwww)

<ウシロブシは水切れで撤退
 水切れって本当に便利な設定ですねぇ、ガンダム00の銃引きみたいに絶体絶命のピンチの時にも緊張感がなくなる原因になりかねませんけど

<十臓
「腕のある者と戦う事だけが望みだ。俺も、裏正も」
「俺が望んでいた戦いはこんなものではない」

なんだかMrブシドーみたいなこと言ってますねぇ、まああっちに比べると尺がたくさんあるんで二の舞になる心配はなさそうですけど

<後、血祭ドウコクがかなりの大物だということが判明

この辺は見過ごしたんでよくわかりませんけどやっぱり中ボスで終わると思うんですよねぇ、封印の文字っていうのもギンガの光みたいに中盤でシンケンジャーが手にする新しい力みたいな感じもしますし

<次回はドウコクVS十臓?

敵の幹部?同士の戦い、こいつは楽しみですなぁ、しかもギンガマンのブドー対メドーメドー、ハリケンジャーのサーガイン対鮫みたいなやつ(名前忘れた)、マジレンジャーのダゴンandスレイプニル対スフィンクスとは違って互角の戦いになりそうですし

H2Oさんコメントありがとうございます。

> 更新お疲れ様です
>
> 面白そうな展開だったのでリアルタイムで見ようと努力した結果見事に初めの10分見逃しましたwww、ネタバレとか気にせずに教えてくださるとありがたいです

10分ならドウコクが怒った後シンケンジャーがナナシ連中と戦うぐらいじゃないかぁ……


> ウシロブシはいいデザインでしたねぇ、やっぱりウルトラマンも戦隊ものも2話連続の話が面白いんですよ(1話目でヒーローが負ける→俺が喜ぶ、2話目で逆境を乗り越えて成長したヒーローが勝つ→俺萎えるwww)

それは確かにあるなぁ……


>  水切れって本当に便利な設定ですねぇ、ガンダム00の銃引きみたいに絶体絶命のピンチの時にも緊張感がなくなる原因になりかねませんけど

この辺の設定は抜かりないですね。
まぁ戦隊はピンチもある意味パターンのようなものなので……
後、悪党はよっぽど気のいい奴らでない限りほぼ確実に死ぬし。


> なんだかMrブシドーみたいなこと言ってますねぇ、まああっちに比べると尺がたくさんあるんで二の舞になる心配はなさそうですけど

最大の違いは、ライバルの殿様がとてもかっこいいことです(ぉ


> この辺は見過ごしたんでよくわかりませんけどやっぱり中ボスで終わると思うんですよねぇ、封印の文字っていうのもギンガの光みたいに中盤でシンケンジャーが手にする新しい力みたいな感じもしますし

あ~そのパターンは考えなかったな。新フォームってやつですね。
前年のゴーオンジャーには無かったけど……


> 敵の幹部?同士の戦い、こいつは楽しみですなぁ、しかもギンガマンのブドー対メドーメドー、ハリケンジャーのサーガイン対鮫みたいなやつ(名前忘れた)、マジレンジャーのダゴンandスレイプニル対スフィンクスとは違って互角の戦いになりそうですし

まぁさっくり終わりそうな気はしていますけどねw
マジレンのドレイクVSワイバーンみたいな。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://greensnake.blog70.fc2.com/tb.php/780-015cb98d

侍戦隊シンケンジャー 第十一幕「三巴大騒動」

侍戦隊シンケンジャーの第11話を見ました。第十一幕 三巴大騒動突然、街にナナシ連中と大ナナシ連中が大量に出現し、駆け付けた丈瑠達は折神と共に応戦する。丈瑠、流ノ介、千明はダイテンクウで大ナナシ連中と戦い、茉子とことははナナシ連中と戦っていた。「キリがない...

侍戦隊 シンケンジャー ~第十一幕 「三巴大騒動(みつともえおおそうどう)」

 ~第十一幕 「三巴大騒動(みつともえおおそうどう)」

侍戦隊シンケンジャー 第十一幕 三巴大騒動

『三巴大騒動』内容腑破十臓の言葉が気になった骨のシタリが、調べ何かを文献から発見する。何かに気付いた、血祭ドウコクは、ナナシと大ナナシを、街に大量に出現させる。シンケンジャーたちが、対応しても、次々と出現するナナシ。そして、攻撃を丈瑠(松坂桃季)に集中...

シンケンジャー 第11話

侍戦隊シンケンジャー 第十一幕「三巴大騒動(みつどもえおおそうどう)」。血祭ドウコクと志葉家当主の因縁が発覚,そして,腑破十臓は丈瑠と対するためにドウコクにも敵対する。密度の濃いお話の前編。

侍戦隊シンケンジャー 第十一幕「三巴大騒動-みつどもえおおそう...

街にナナシ連中&大ナナシが大量発生。「ダイテンクウで蹴散らすぞ!」レッド・ブルー・グリーンの3人で大ナナシを撃破。地上ではピンクとイエローが大量のナナシと対戦中。そこへ男性陣が加勢し全員で戦うも、斬っても斬ってもまだ次々と現れるナナシ連中。「シンケンレ...

侍戦隊シンケンジャー 第十一幕「三巴大騒動(みつどもえおおそうどう)」

隠されていた志葉家の秘密。それを敵に知られてしまった事実に動揺しつつも、決して家臣にそれを晒さない丈瑠の葛藤。今後のシンケンジャーの絆に大きなステップを予感させるエピ。 「殿」だけが使える封印の文字。正に将棋で言うところの「王手」であり、そこさえ落とせ..

『侍戦隊シンケンジャー』第十一幕『三巴大騒動』

志葉家当主の秘密を知って、激昂するドウコク。 アバンからナナシ連中に大ナナシ連中が暴れて、なんか今日は最初からクラ(略)です。 って、今日はまさにSYT(スーパー靖子タイム)。小林さん大丈夫? 倒れるんじゃないですか……?

シンケンジャー第十一幕「三巴大騒動」

志葉家代々の当主に受け継がれる「文字」のモヂカラによってのみ封印することができる血祭ドウコク。 志葉家当主である丈瑠を「お守り」することの重大さに改めて気づく四人に対し、「返って足手まといだ」と突っぱねる丈瑠。 四人が招集される前、一人で戦っていたこと...