FC2ブログ

ソウルイーター 最終話「合言葉は勇気!」

阿修羅

阿修羅
「恐怖は全ての不具合の元凶。
失敗、挫折、嫉妬、犯罪、裏切り、そして敗北」



オープニングは無し。テロップの出し方も最終回っぽい。


マカ

鬼神狩り!

こんな最初の方で放つ全てを賭ける一撃は絶対失敗するw


阿修羅2

阿修羅
「お前に問う。俺は魔なのか?
それは過ちだ。
俺の発する狂気は不浄のものか?
違う。狂気は誰に心の中にも存在する感情だ。
勿論、お前の中にもな」


鬼神は魔じゃないから退魔の波長も効きません

そもそも魔って何なのだって話になりますね。
単なる魂の波長の一種に過ぎないのかも。


ヴァジュラビームを撃つが、ソウルが盾になる


阿修羅3

阿修羅
「先に倒れていく奴らは、
期待や責任という名の重荷を押し付ける。
それらからお前が感じる苦痛や不安、それも恐怖の一つだ」
「苛立ちに恫喝、それも恐怖だな」
「焦りに怒り、それも恐怖だ」
「これが痛み……一番原始的で野蛮な恐怖だ」


さすがは鬼神。
味方サイドが良く使う常套句を悉く封殺してきますね。

死神に重傷負わせたヴァジュラビーム喰らったのに良く死なないな


マカ2

職人の武器化……ではなく、
元々武器の血を引く者が職人になった

マカの父はデスサイズですからねぇ。
というか武器ってのは人間とは別の種族なのかな。


マカ3

意識を飛ばしたマカ
無意識下での武器化発動

つまりは無我の境地と……


阿修羅5

阿修羅6

無我の境地程度では死神に勝てなかったか
そりゃテニスの王子様でも、
無我だけじゃ跡部や幸村には通じなかったしね~


死神

さらっと復活した死神様


阿修羅7

せいせいした、と言うマカ


阿修羅8

阿修羅
「寝ている時に煙草の煙を吹きかけられている感じだ」


ワカラナイ=コワイ


阿修羅9

阿修羅10

阿修羅11

阿修羅
「どうせすぐに二代目とかジュニアとかⅡとかニューとか……
色々名前を変えて、狂気の原因は生まれてくる――!!」



阿修羅12

最期はパンチ一発で決着か


阿修羅13

阿修羅14

阿修羅15

阿修羅
「じゃあ狂気と同じだな」


勇気と狂気は同じ性質だから倒せたとか、
そういう理屈で……いいのかな?

死神相手でも互角だった実力差があっさり埋まった気もしますが、
要は弱点属性を突いたから勝てたってことか。


特に後日談も無く、そのまんまだいだんえーん


<総評>

メルヘンな世界観にダークな雰囲気も織り交ぜつつ、
ストーリーは徹底的に少年漫画らしい王道路線。
端的に言えばソウルイーターとはそんな作品でした。

作品世界がまるでテーマパークみたいな感じだったので、
ああいうどこかデフォルメされた髑髏やモンスターが好きな私は
絵を見ているだけでも愉しかったです。
ナイトメア・ビフォア・クリスマスとか、そんな感じ。

一番凄かったのは作画ですねぇ。まぁ動く動く。

ロボットアニメやCGだけが
動画ではないことを知らしめてくれました。
街や村など、建物や背景の描写には毎回感服していました。
前述のテーマパーク的な世界が魅力的に思えたのもこの作画があればこそかと。
そういう意味ではボンズの元々の絵にマッチしていたのかな。
エウレカセブンも微妙にメルヘン的な作画だしね。

声優は……初期のマカ役の人を除けば手放しで褒められるんだけどw
第1話はあの棒読みのせいで印象最悪だったからなぁ。
普通に聞けるようになったのはいつごろだろうか。

ブラック☆スターの小林由美子、デス・ザ・キッドの宮野真守、
ギリコの神奈延年、アラクネの根谷美智子、エクスカリバーの子安武人、
死神様の小山力也、阿修羅の古川登志夫と
レギュラーや脇を固める声優さんはやたら豪華で、皆さん役にあってました。
特にメデューサの桑島法子エルカの福圓美里は良かったですねぇ。
桑島さんはすっかりメデューサのイメージが定着してしまいましたよw

途中からアニメオリジナルに移行したけど全然気づきませんでした。
それぐらい、序盤、中盤と比べても違和感が無かった。
特に阿修羅の描写は本当にアニメオリジナルかというぐらい
阿修羅らしいキャラクターでしたよ。

後、デスシティーロボとか、ラストでキッドの頭が一本線になるところとか。

というわけでアニメとしてはほとんど隙が無い出来だったのだけれど
あえて難点を挙げるとすれば、
王道路線すぎて結末が先読みできてしまうことでしょうかね。
クロナの仲間入りとか、シュタインの後半を通しての扱いとか。
だから続きが気になる……ということはあまり無かったり。
狂気をテーマにしながらも決して深いところまでは踏み込まない。
まぁそれやると完璧に作風が変わってしまいますがね。

ジャンプ漫画にしろ特撮にしろガンダムにしろ、
私は敵側が大暴れしている時が一番面白いと感じる性格だから。

さすがに一年続くと普通に見る分は良くても
感想書くとなるとツッコミどころも少なくなり、正直息切れしつつありましたw

メデューサが阿修羅を復活させる頃の話が一番面白かったかな。


一年間全くクオリティを落とさずに走り続けたのはお見事でした。
見てよかったと思える作品でしたよ。



面白かったらクリックお願いします

にほんブログ村 アニメブログへ
スポンサーサイト



コメント


アニメなりの締め方してくれましたがやはり最後は「え?」って感じでしたねw
しかし言葉一つ一つを拾ってよく考えてみたらありなのかも・・・?でもやはり周りのキャラを扱いきれてなかったのが目立ってましたね。

一方世界観の描写はかなり理想のものに近く良くできてたと思います、声優もマカ組以外は合いすぎってくらいでした・・・それだけにもっと!と思ってしまいます。

もし良かったら暇な時にでも原作の10巻(BREW後半)あたりから読んでみてください!

12Aprilさんコメントありがとうございます。

> アニメなりの締め方してくれましたがやはり最後は「え?」って感じでしたねw
> しかし言葉一つ一つを拾ってよく考えてみたらありなのかも・・・?でもやはり周りのキャラを扱いきれてなかったのが目立ってましたね。

まぁあんな落としどころが適切かな~と思ったり。
全員一致団結の合体攻撃オチよりは、この終わらせ方の方が少しは良かった、と思う。


> 一方世界観の描写はかなり理想のものに近く良くできてたと思います、声優もマカ組以外は合いすぎってくらいでした・・・それだけにもっと!と思ってしまいます。

背景と建物の描写は毎週感服してましたよ。
それだけに毎週ツッコミどころに困ってたんですがねw


> もし良かったら暇な時にでも原作の10巻(BREW後半)あたりから読んでみてください!

縁があればね~

さらば鬼神

>阿修羅
>「恐怖は全ての不具合の元凶。失敗、挫折、嫉妬、犯罪、裏切り、そして敗北」

なかなか重い言葉でございます

>オープニングは無し。テロップの出し方も最終回っぽい。

一瞬番組間違えたかと思ってしまいましたよwww


>鬼神狩り!
>こんな最初の方で放つ全てを賭ける一撃は絶対失敗するw

俺も全く同じ事考えてましたよ
…………っていうか考えざる得ないっていうかwww

>阿修羅
>「お前に問う。俺は魔なのか?それは過ちだ。
>俺の発する狂気は不浄のものか?違う。狂気は誰に心の中にも存在する感情だ。
>勿論、お前の中にもな」

>鬼神は魔じゃないから退魔の波長も効きません

メドが言ってたのはこういう事だったんすかねえ

>そもそも魔って何なのだって話になりますね。
>単なる魂の波長の一種に過ぎないのかも。

ある種の波長に対して効果的なものって考えればいいんですかね?

>ヴァジュラビームを撃つが、ソウルが盾になる

目瞑ったら誰かが盾になるか
援軍が現れるっていうのは御約束ですなあwww

>阿修羅
>「先に倒れていく奴らは、期待や責任という名の重荷を押し付ける。
>それらからお前が感じる苦痛や不安、それも恐怖の一つだ」
>「苛立ちに恫喝、それも恐怖だな」
>「焦りに怒り、それも恐怖だ」
>「これが痛み……一番原始的で野蛮な恐怖だ」

よ…容赦ねえなあwww

>さすがは鬼神。
>味方サイドが良く使う常套句を悉く封殺してきますね。

流石根源の感情で動いてっるだけありますなあ

>死神に重傷負わせたヴァジュラビーム喰らったのに良く死なないな

そこは気合でwww

>職人の武器化……ではなく、
>元々武器の血を引く者が職人になった

>マカの父はデスサイズですからねぇ。
>というか武器ってのは人間とは別の種族なのかな。

アラクネがなんかやったDNAが入ってればいいんじゃないんでしょうか
まあ、一定以上は必要でしょうけど

>意識を飛ばしたマカ
>無意識下での武器化発動
>つまりは無我の境地と……

貴方がいわなきゃ俺が言いました

>無我の境地程度では死神に勝てなかったか
>そりゃテニスの王子様でも、無我だけじゃ跡部や幸村には通じなかったしね~

無意識に勝ちましたでは逆にしらけるでしょうけどね
むしろこの結果で安心してます

>さらっと復活した死神様

やっぱ生きてたよwww

>せいせいした、と言うマカ


>阿修羅
>「寝ている時に煙草の煙を吹きかけられている感じだ」

イメージできんなあ
煙草とは無縁の生活送ってっから…

>ワカラナイ=コワイ

なんとなく解る気が致します

>阿修羅
>「どうせすぐに二代目とかジュニアとかⅡとかニューとか……
>色々名前を変えて、狂気の原因は生まれてくる――!!」

ありそうで笑えないなあwww

>最期はパンチ一発で決着か

っていうか魂の波長っぽいのを撃ち込んでませんでした?

>阿修羅
>「じゃあ狂気と同じだな」

えらい穏やかな顔と台詞で逝ったなあ

>勇気と狂気は同じ性質だから倒せたとか、
>そういう理屈で……いいのかな?

より純粋な力と言う事ではないかと

>死神相手でも互角だった実力差があっさり埋まった気もしますが、
>要は弱点属性を突いたから勝てたってことか。

バカの勝利???

>特に後日談も無く、そのまんまだいだんえーん

この辺が少し物足りなかったかな
デスシティ復興のシーンとかあっても良いのに…俺的には

<総評>

>作品世界がまるでテーマパークみたいな感じだったので、
>ああいうどこかデフォルメされた髑髏やモンスターが好きな私は
>絵を見ているだけでも愉しかったです。

テーマパーク…t確かにデザインは思いっきりそうでしょうな

>ナイトメア・ビフォア・クリスマスとか、そんな感じ。

なんかホラー映画のタイトルでありそうwww

>一番凄かったのは作画ですねぇ。まぁ動く動く。

>さすがに一年続くと普通に見る分は良くても
>感想書くとなるとツッコミどころも少なくなり、正直息切れしつつありましたw

なんとなく解る気がします

>メデューサが阿修羅を復活させる頃の話が一番面白かったかな。

俺はフリーが暴れる話は全般的に好きですな

>一年間全くクオリティを落とさずに走り続けたのはお見事でした。
>見てよかったと思える作品でしたよ。

全部で51話でしたっけ…確かに昨今を考えるとレベル高く感じますなあ

追記
最後の鬼神はビビりらしくてなんか可愛く見えてしまいましたwww

Lapis lazuliさんコメントありがとうございます。

> >阿修羅
> >「恐怖は全ての不具合の元凶。失敗、挫折、嫉妬、犯罪、裏切り、そして敗北」
>
> なかなか重い言葉でございます

作画と共に良いと思うのがこの台詞のセンス。
つかこれもアニメオリジナルなんだよね……凄いですねぇ。


> 俺も全く同じ事考えてましたよ
> …………っていうか考えざる得ないっていうかwww

お約束ですからw


> ある種の波長に対して効果的なものって考えればいいんですかね?

それだけのことなのかも。


> よ…容赦ねえなあwww

このぐらいビシビシ責め立てて欲しいもの。


> そこは気合でwww

ヴァジュラビームは明らかに弱体化しているんだが、
まぁ今までのダメージの蓄積とかいくらでも説明できそうだしね。


> 無意識に勝ちましたでは逆にしらけるでしょうけどね
> むしろこの結果で安心してます

それをやったのが今週のブリーチ……w


> っていうか魂の波長っぽいのを撃ち込んでませんでした?

説明が特に無かったですからね~


> えらい穏やかな顔と台詞で逝ったなあ

そうやって死ねる人をカリスマと呼ぶ。

> この辺が少し物足りなかったかな
> デスシティ復興のシーンとかあっても良いのに…俺的には

私的には、まぁ合ってもなくても……ってところ。

> >ナイトメア・ビフォア・クリスマスとか、そんな感じ。
>
> なんかホラー映画のタイトルでありそうwww

あ、これ実在する映画です。
http://www.movies.co.jp/nightmare/ce/
ホラーじゃなくて、髑髏とかお化けとかをデフォルメ化した人形劇みたいな作品?
このデフォルメされているところがソウルイーターっぽいなぁ、と。


> 全部で51話でしたっけ…確かに昨今を考えるとレベル高く感じますなあ

ホント始まって一年も経つんだ……と感慨深くなったり。


> 追記
> 最後の鬼神はビビりらしくてなんか可愛く見えてしまいましたwww

これで阿修羅が最強のビビリって設定が無ければ
完全にネタキャラ扱いでしたね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 初めまして!!

初めまして。ご閲覧どうもありがとうございます。
ご要望に関しては構いませんよー。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 有り難うございます!!(血眼)

いやー特に何も書かなくて良いですよー。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://greensnake.blog70.fc2.com/tb.php/720-f80cf941

「ソウルイーター」最終話

  最終話「合言葉は勇気!」倒れ果てた仲間たち。頼りにすべき大人たちもおらず、そこには自分と相棒、そして真の姿を現した神クラスの化物のみ。それでも彼女は立ち向かう、たとえすべての切り札が覆され、腕ごと武器を吹き飛ばされ、あらゆる恐怖に襲われようとも。―...

SOUL EATER #51

ついに「ソウルイーター」も、今回で最終回です。ようやくソウルを黒血から解放したマカ。しかし、マカたちが戻るとキッドやブラック・スターは既に鬼神に倒されていたのでした。もう...

ソウルイーター 第51話「合言葉は勇気!」の感想

始まったマカのラストバトル。 決着をつけたのは、鬼神を上回ったのマカの勇気の心。 始めて書くソウルイーターの感想が最終話なんですが...

ソウルイーター 最終話「合言葉は勇気!」

 最後の決め手はマカの退魔の波長ではなく、タイトル通り勇気でした。いつぞやの特訓でシュタインが伸ばしていたのが利いたのでしょうか。ずっと退魔の波長ばかり当てにされてきましたので、てっきりこれで決着が着くものとばかり思っていました。

ソウルイーター 第51話 (最終回)  『合言葉は勇気!』  感想

  健全なる魂は 健全なる精神と 健全なる肉体に宿る   鬼神阿修羅。お前の魂頂くよ!!     今回、1年間放送され続けてきた「ソウルイーター」もついに最終回。  ブラック☆スターとキッドは奮闘するも破れてしまい、今戦える者はマカとソウル...

SOUL EATER -ソウルイーター- 第51話「合言葉は勇気!」

「やっぱりすげえな、オメーはよ…」 マカと鬼神の最後の戦いの話。 今回の見せ所はマカと鬼神の戦いですけど、鬼神の顔芸に全て持ってか...

ソウルイーター 第51話「合言葉は勇気!」

鬼神阿修羅の前にブラック☆スターやキッドたちも敗れた。 絶望的な実力差…それでもマカたちは戦いを挑む。 ソウルと波長を合わせた魔神狩...

SOUL EATER 51話「合言葉は勇気!」

「健全なる魂は 健全なる精神と肉体に宿る―― 鬼神阿修羅、お前の魂頂くよ!!」 はたしてマカ達の運命は、世界の行く末は!? ソウルイーター...

ソウルイーター 第51話 「合言葉は勇気!」

ソウルイーター SOUL.1 ¥4,725 ?

ソウルイーター 第51話(最終回)「合言葉は勇気!」

「鬼神・阿修羅!!お前の魂、頂くよ!!」1年に渡り、毎週楽しく視聴させてもらったソウルイーター。いよいよこの作品も最終回です!!鬼神と対峙するマカとソウル。でもマカ、恐怖で震えている。それでも最後の戦いに臨む二人、。魂の共鳴発動!!何度吹き飛ばされても...

ソウルイーター 「合言葉は勇気!」

ソウルイーター 「合言葉は勇気!」です。 ソウルイーターもいよいよ最終回です。1

アニメ「SOUL EATER - ソウルイーター - 」 第51(最終)話 合言葉は勇気!

THE BEST OF SOUL EATER(DVD付)(2009/04/22)TVサントラ商品詳細を見る 勇気は皆の……ここにある!! 「SOUL EATER - ソウルイーター - 」第51話のあらすじと感...

ソウルイーター (最終話)

ソウルイーター {{{第五十一話「合い言葉は勇気!」}}} {{{ マカと鬼神阿修羅。世界の運命を賭けた最後の戦いが始まる・・・ }}} == 開戦 == === 「恐怖は全ての不具合の元凶。失敗。挫折。嫉妬。犯罪。裏切り。そして敗北」 === === 「・・・うるさい!...

ソウルイーター・第51話

「合言葉は勇気!」 黒血から戻ったマカとソウル。その前に広がるのは、傷つき倒れたブラック☆スターとキッド。「おかしなことなど、何も...

ソウルイーター 最終話「合言葉は勇気!」

「勇気は皆のココにある」  リアルの忙しさからようやく脱したものの、最近の3話分を全く視聴していない状態での最終回となってしまいました。  鬼神阿修羅と対峙するマカ&ソウル。先に鬼神と戦っていたキッドやブラック☆スターたちは既に倒れていました。  ...

ソウルイーター#51

鬼神によって倒された仲間達。 「健全なる魂は、健全なる肉体と、健全なる肉体に宿る」 勇気を奮い起こし、マカとソウルは鬼神阿修羅に挑む。 「鬼神阿修羅、お前の魂、いただくよ!」 ソウルイーター最終話「合言葉は勇気!」 マカはあっけなく地に叩き付けられ...

ソウルイーター 第51話(最終回) 「合言葉は勇気!」

不確定なものの存在しない世界。 鬼神にとって恐怖のない世界。 でもその世界には、大切なものが欠けていました。 マカとソウルが戻った...

SOUL EATER 第51話「合言葉は勇気!」(最終話)

良かったよ~~最終回!! 鬼神が強い! 退魔の波長効かないや!! 退魔の波長・・・お前に問う 俺は魔なのか? それは過ちだ  俺の発する狂気は不浄のものか? 違う 狂気は誰の心の中にも存在する感情だ もちろんお前の中にもな マカをかばったソウルがか...

SOUL EATER ソウルイーター 第51話(最終話)「合言葉は勇気!」

黒血に飲み込まれたソウル=イーターの精神世界から帰還した、ソウルとマカ=アルバーンが目にしたのは、鬼神阿修羅の前に敗れて倒れる仲間達の姿だった。「何もおかしな事なんてない。 しかるべき者が、しかるべき場所に立ち、しかるべき者が敗北し、倒れる。 そこには意...

ソウルイーター#51(最終話)「合言葉は勇気!」感想

鬼神の元にたどり着いたマカとソウル。退魔の波長で鬼神を倒すことができるのか!?「合言葉は勇気!」あらすじは公式からです。倒れ果てた仲間たち。頼りにすべき大人たちもおらず、そこには自分と相棒、そして真の姿を現した神クラスの化物のみ。それでも彼女は立ち向か...

(アニメ感想) SOUL EATER -ソウルイーター- 第51話 「合言葉は勇気!」

ソウルイーター SOUL.8クチコミを見る ☆アニメ好き集え~!!「ピッコロと沙雨のOPトークコーナー」をポッドキャストにて収録!萌えあり、BLあり?アニメや声優について楽しくトーク!今回は、「第三回声優アワードについて」、「ふつおたコーナー」、「00トーク

SOUL EATER(ソウルイーター) 51話(最終回)

第51話 最終話 「合言葉は勇気!」 「「マカには、恐怖と戦う勇気がある!」」 いつもと違う副題。 いつもと違う始まり。 そんな...

ソウルイーター 「合言葉は勇気」

マカ結構好きだったんですけど今回でお別れです 後番組もよく分からないのをやるし