FC2ブログ

機動戦士ガンダム00 2nd season 総評

リボンズC6

ああ、ファーストシーズンは良かったなぁ

最終話感想はこちら


<前置き>

そんな文句ばかり言うなら見なきゃいいんじゃないか。
という意見は良くあります。

俺もそう思う。

好きだからこそ批判するんだ~という常套句も、
自分で使うなら良いが、他人に使われると何だか嫌な気分になったりします。

しかし、ここはそもそも私の思ったことを好き勝手に発言するためのブログなので、
溜め込んだ本音は好き勝手に吐き出すことにします。
はっきり言うとストレス発散の一環です。


<総評>

さて、終わってみればこのガンダム00セカンドシーズン
ファーストシーズンと比べれば遥かに劣る評価となりました

ファーストシーズンの感想はこちら


テーマが完結していないとか、劇場版に続くとか、
そんなことはどうだっていいんです。


それについて、まず上から三番目の理由を述べて見ましょう。

緊張感の無さ

オールキャラアンデッド現象とでも呼びましょうか。
まぁ、どいつもこいつもまるで死ぬ気がしない。
不死の酒でも呑んだのか、コードを継承したのか……

どれだけ命の危機に陥ったところで、
「どうせ生きているんだろう」と思ってまるで盛り上がれないのです。
これで最悪なのが、何の捻りも無くどいつもこいつもあっさりと生き延びる。

後半で多用された銃声引き。これが緊張感をなくした最大の元凶でしょう。
この安直な煽りの連続にはもう嘆息するしかありませんでした。
これがあまりに多すぎたせいで、何があっても
「どうせ~~」の思考から抜け出せなくなっているんですよね。

序盤、中盤で欝展開の兆候を見せておきながら、終盤でこの腑抜けた展開……
まさに期待外れと呼ぶにふさわしい


で、二番目

キャラに魅力が無くなった

そもそもガンダム00キャラの魅力とは不完全なことにあったのです

電波発言の多いガンダム狂、刹那・F・セイエイ
酒乱で役立たずのスメラギ・李・ノリエガ
ガンダムに恋する乙女座グラハム・エーカー
すぐにやられるパトリック・コーラサワー
彼以上の噛ませ犬であるアラスカのジョシュア
矛盾だらけのソレスタルビーイング


この不完全さから来る滑稽さ
ある種のブラックな笑いを誘い、そこが魅力に繋がっていたのです。
まさに、人間的な弱点こそが
彼らの長所だったのです。


計算で生み出せないネタキャラとは、最も尊ぶべき存在なのですよ。

変態万歳! 駄目人間万歳!!

それがセカンドシーズンになった途端、
どいつもこいつも画一的な良い子ちゃんになり、
どんどんつまらない人間になっていきました。



基本、私は主人公サイドに全く感情移入しない人間なのです。
それは、彼らに突き抜けた個性が無いから。
個性が無いキャラに用はありません。ゴミクズ以下の価値もありません。

主人公らしい?要するにそれは個性を殺して
テンプレートに近づけているだけのことなんだよ。

しかし、これだけならまだ改善の余地はあります。
主人公サイドが善の塊ならば、敵サイドを徹底的な悪として描くことができるからです。
だが、このセカンドシーズンでは、それにすら失敗していました。

メインとなる敵は、イノベイターなるただ単に美形を量産しただけの
まるでつまらないキャラクターばかりでした。
ソレスタルビーイングの適当さも大概だけど、彼らの吐く台詞はそれ以上に薄っぺらいので、
とてつもなく程度の低い争いを見ているようで
戦いの趨勢にまるで興味が持てませんでした。

セカンドシーズンが始まった頃は、
ソレスタルビーイングの相も変わらぬ独善的なところに突っ込んでいましたが
思えばそれ以外に特に突っ込むべき場所が見当たらなかったのですよ。

でも、それも話が進むにつれて飽きちゃったんですよね

そもそも、ファーストシーズンで面白かったのは
「個性的で突き抜けたキャラクター」
「欝展開」
「誰が死ぬか分からない緊張感」
にあったわけで、
セカンドシーズンの後半ではそれらがほぼ全て無くなっているわけですね。

良かったと思う点は全部ファーストシーズンから引き継いだ部分だけ。
そして、悪い部分はファーストシーズンから改変した部分。
これじゃ面白くなるわけが無い。




一番目?

そんなもんクラウスの存在に決まってんだろ

こいつの存在そのものが罪だよ

こいつさえ死んでいれば上記の弱点なんか全部スルーしてやっても良かったんだ。

後はクソガキども、滅茶苦茶ウザかったです。
私は子供が大嫌いなんですよ。


正直アザディスタンに関しては、
ファーストシーズンの24話までで時を止めておいた方がずっと良かったですね。

セカンドシーズンのアザディスタン陣営には
何一つ褒める箇所がありません。

最大の汚物だと断言できます。


見るべき箇所はセルゲイとネーナの死……ぐらいでしょうか
ファーストシーズン終了後、彼らには然るべき死を与えるべきだと思っていたので、
その点ではセカンドシーズンを始めた意味はあります。

セルゲイには、人生の幕引きという最高の舞台を。
ネーナには、悪が悪であるための裁きを。


しかし、彼らを除けばファーストシーズンから続投した
敵キャラ達は総じて冷遇されていたと言わざるを得ませんね。

彼ら敵キャラが好きだったこの私が、
そんなセカンドシーズンを心から楽しめるわけが無かったのです。


と……ここで少し冷静になります。

終盤があまりに酷い出来だったので、徹底的にこき下ろしたい心情なのですが
序盤と中盤は結構楽しんでいたのですよね。これはフェアじゃない。
アニメ自体の出来は良かったんじゃないでしょうか。

でもこんなありきたりなこと言っている時点で私の感想ではないね。
私は常に私の主観だけが全てだから。私の期待に応える作品だけが最上だから。

そもそも批評や感想なんてものは独善的なものだと思っているし、
一般的な意見を感想に差し挟むのはオリジナリティを損ねる気がしてならない。
私には客観的な視点など無いから、
さもあるのように振舞うのは嘘をついているみたいで気分が悪い。

あ~今はちょっと否定的な意見しか言えないなぁ……

終わり良ければ全て良し。
しかし、逆に終わり悪ければ全て悪し……
でもこれは結果だけを重視して、
過程の価値を軽視しているようでアンフェアな言葉だと思う。
でも心情的にはそう思いがちなのだよね……ううん……

これだから総評は難しい……!



さて、ここまでで意図的に“彼”のことは避けて書いていたのですが
やはり最後は彼に語って締めるのが当ブログらしさと言えるでしょう。


グラハム13

グラハム・エーカーについて。

彼についてもセカンドシーズンの扱いは不満の残るものでした。

今言っちゃうと……
仮面キャラってのは、はっきり言って面白くなかった。

グラハムさんは
見た目が金髪美形でありながら、
燃えて笑える発言をするところ
が魅力だったのですが、

今回見た目までイロモノになったところで
変態と変態が中和されて、魅力が減衰してしまったのですよね。

ブシドーってのも正直ありきたりじゃないかと。
ゼンガーやギルガザムネ、Gガンダムや武者ガンダムに慣れている私には、
ロボットアニメに侍など何ら違和感の無い、
むしろ居て当然の存在でしかありませんでした


名場面を上げるとすればやっぱり
ファーストシーズンの方が大半になっちゃうんだよなぁ……

何かどいつもこいつもいい子ちゃんになりくさりやがって、
グラハムさんお得意のネタ発言も空回り気味だったし……
そういう意味でもソレスタルビーイングの奴らは許せん。

ビリーがマスラオを完成させる辺りは良かったが、
そのビリーはとんだ腰抜けだったという酷い落ちを
見せられた後では、何だったんだろうね……という虚しさに囚われるばかりで……

キャラの扱いの悪さ……やはりセカンドシーズンの欠点はそこに尽きる。

まぁ……それでもセカンドシーズン視聴の精神的支柱となったのは確か。

スサノオが発売されたら買っちゃいそうです。リボンズ・キャノンも。


さて……このガンダム00を見て一番良かったと思う点は、
やっぱり更新のネタが出来たことでしょうか
当ブログで、これだけ大多数の目に触れる感想は他に無いでしょう。
身も蓋もない言い方をすれば、最大の集客源です。
ガンダム00を切欠に知り合えた方々も
大勢いらっしゃるわけで、それが最大の収穫だった気がします。


さようなら、ガンダム00……


次の番組は鋼の錬金術師か
まぁ別に好きな作品でもないので見るかどうかは分からない。
特にまんま原作通りだったらもう書くことなどありませんしね。

となると、ガンダムのように大勢の人間の
目に留まるアニメ感想をやるのもこれが最後かもね。

ま、次の展開にやきもきした挙句、
結局期待外れで腹を立てるなんてのはとてつもなく不毛だと分かったので、
ここからは自分が本当に面白いと思えるものだけを選択していくことにするかねぇ。


面白かったらクリックお願いします

にほんブログ村 アニメブログへ

スポンサーサイト



コメント


>みんないい子ちゃん
確かに。昔のはメカオタクや、二言目には手が出るヤツ、ジャンク屋の悪ガキとか…未成熟な主人公が多かった。

そんな中で「人間を超越し、真理を創りだす」というトンデモが出てきた。…凄い。

まぁアザディスタンは僕は思い入れがあるので、この場では私見は自分の心にしまうとして…

>グラハム
ですね。1期は喩えこそキテレツだけども的を射た発言があってなかなか切れていた。
今回は…(映画に回したからだろうけど)不完全燃焼に終わって、微妙でした。



僕としては、キャスティングが好きでしたね。

マイスターズ役、セルゲイの石塚さん、(2期になって)古谷さんに続いてOBの矢尾さん起用など。


映画に期待はしますが、熱を入れるほどではないのでDVD待ちかな。


レビューはあまり書かないという話だけど、「ハヤテのごとく!」の2期はどうなさるんですか?

リボンズ・キャノン・ガンダム!

リボンズ・キャノン・・・先週カッコ悪いなんていってゴメンナサイ。
かっけーーーーーじゃんッ!
まさか背中がガンダムだったとは!いや、あれが正面?どっちでもいいかw
ツインドライヴシステムはOOだけのものじゃないってセリフも悪くなかった。

で、
エクシアR2(?)vsオリジナル太陽炉搭載型Oガンダム。
ブシドーよりよっぽど武士っぽい戦闘でしたよ(ぇ

最終話は本筋の話よりバトルだけが見所でした(個人的に)

コーラとマネキン結婚オメデトー(投げやり、やっぱり生きてやがったw)

今にして考えればOOは最後には無難なアニメに落ち着きましたね。皆を納得させるには無難(王道)みたいなのが一番なんですね。まー死ぬべき人達は皆亡くなったしCB陣営は超兵組を残してみな戦闘続行みたいなので修羅の道を選んだということで我慢しておきましょうか。はぁ・・・もの足りない。

映画・・・対話編、期待してもいいのかな?
イノベイターvsインベーダーw
ガンダムvsエイリアンw(・・・スパロボの存在はこの際無視という方向で)
銀河を翔るアマテラス(スサノオの後継機w)

でもOOって商業的に失敗したんじゃあ?(制作費は銀魂の2倍のクセして)
大丈夫なんだろうか。不安になってきた・・・。

kai-ryuさんコメントありがとうございます。

> 確かに。昔のはメカオタクや、二言目には手が出るヤツ、ジャンク屋の悪ガキとか…未成熟な主人公が多かった。
>
> そんな中で「人間を超越し、真理を創りだす」というトンデモが出てきた。…凄い。

それすらも今じゃテンプレになりつつあるな~と思ったり。
私なんぞはそれこそドモン・カッシュやルルーシュぐらいかっ飛んで満足できないタチだったり……
しかし来期に関しては期待できる。蒼天航路の曹操様がいますからねw

> ですね。1期は喩えこそキテレツだけども的を射た発言があってなかなか切れていた。
> 今回は…(映画に回したからだろうけど)不完全燃焼に終わって、微妙でした。

何か明らかにスタッフに厄介者扱いされているのが見え見えで……
どうせ出すなら前期のキャラそのまんまの方が良かったですねぇ。


> 僕としては、キャスティングが好きでしたね。
>
> マイスターズ役、セルゲイの石塚さん、(2期になって)古谷さんに続いてOBの矢尾さん起用など。

そういや三木眞一朗氏、石塚運昇氏、藤原啓治氏、
そしてグラハムの中村悠一氏はこのアニメが切欠でファンになりましたねぇ。


> 映画に期待はしますが、熱を入れるほどではないのでDVD待ちかな。
>
>
> レビューはあまり書かないという話だけど、「ハヤテのごとく!」の2期はどうなさるんですか?

基本的に見ませんよ。
もうラブコメ大嫌いな自分とは決定的に相容れない作風なんだと確信しましたから。
サンデーでも読み飛ばしてますし。

でもサキさんメインの話だったらやります。

ヘーローさんコメントありがとうございます。

> リボンズ・キャノン・・・先週カッコ悪いなんていってゴメンナサイ。
> かっけーーーーーじゃんッ!
> まさか背中がガンダムだったとは!いや、あれが正面?どっちでもいいかw
> ツインドライヴシステムはOOだけのものじゃないってセリフも悪くなかった。

今週はリボーンズキャノンに救われましたわ。
よもや口がZであんなスマートな体つきになるとは。


> で、
> エクシアR2(?)vsオリジナル太陽炉搭載型Oガンダム。
> ブシドーよりよっぽど武士っぽい戦闘でしたよ(ぇ
>
> 最終話は本筋の話よりバトルだけが見所でした(個人的に)
>
> コーラとマネキン結婚オメデトー(投げやり、やっぱり生きてやがったw)

あれでマリナの語りさえなければ……
思えばBパート丸々後日談にせず、戦闘で埋めたのは正解だったと思う。
うん、やっぱり生きていたねという感想しか出てこないよ……


> 今にして考えればOOは最後には無難なアニメに落ち着きましたね。皆を納得させるには無難(王道)みたいなのが一番なんですね。まー死ぬべき人達は皆亡くなったしCB陣営は超兵組を残してみな戦闘続行みたいなので修羅の道を選んだということで我慢しておきましょうか。はぁ・・・もの足りない。

そうですねぇ。思えば本作には、波乱の展開「だけ」を期待していたのかも……
到底満足できないが、終わったものは仕方ない。


> 映画・・・対話編、期待してもいいのかな?
> イノベイターvsインベーダーw
> ガンダムvsエイリアンw(・・・スパロボの存在はこの際無視という方向で)
> 銀河を翔るアマテラス(スサノオの後継機w)

その路線を期待するなら、私としては「トップをねらえ!」か
「天元突破グレンラガン」をお勧めするが……
アマテラスと聞くと、まずガオガイガーの戦艦を思い出しました。


> でもOOって商業的に失敗したんじゃあ?(制作費は銀魂の2倍のクセして)
> 大丈夫なんだろうか。不安になってきた・・・。

その手の話はさっぱりわかりません。
ん~スサノオとリボーンズキャノンを買って少しは貢献しようかなw

なんというか・・・

>ああ、ファーストシーズンは良かったなぁ
自分も同意見です。1stシーズンの緊張感は何処にいったのか、同じ監督・脚本
とは思えません。思えばリジェネがティエリアに対話云々言い出した頃から嫌な予感
がしていました。結局これについては劇場版をお楽しみと言ったところでしょうか。

木星のアレが宇宙怪獣なのか宇宙人なのか先史文明の人類なのか、いずれにせ
よそんなのは00とは別のガンダム(アニメ)でやればいいのに・・・どこで劇場版の話が
決まったかは知りませんが、50話のTVシリーズである以上、その中で一定の完結
はみせるのがマナーだと思います。

まあそれはそれとして、毎回放送後お邪魔していました。本当に1年間お疲れ様で
した。

藍三郎さん半年間お疲れ様でしたー
>まぁ、どいつもこいつもまるで死ぬ気がしない。
ですよねえ
一応ティエリアは死んだけど死んでないようなもんだし

>どいつもこいつも画一的な良い子ちゃんになり、
どんどんつまらない人間になっていきました。
まぁ一期のときがみんな不完全な状態で、いろいろあってそうなったんでしょうね
ある意味いい子ちゃんになって当然
だからこそ悪役の活躍には期待してたんだけどなぁ
まぁいい子ちゃんになっちゃった悪役がいなかっただけマシかなぁ
やられ方にはいいたいこととかあるけど

>序盤と中盤は結構楽しんでいたのですよね
自分もですねー
まぁ終盤もガガ特攻とかネタ的な要素は欠かさなかったのでよしかなあ
戦闘の作画は毎回クオリティが高かったし

まぁ主要キャラが死ななかったのは劇場版で殺すためかも知れないし
そのときにファンとしての熱が復活してたら劇場版で見届けます
さて・・・アルケーとスサノオとレグナントとリボーンズガンダム買うか…
あれ?敵陣営ばっかり?

woodさんコメントありがとうございます。

> 自分も同意見です。1stシーズンの緊張感は何処にいったのか、同じ監督・脚本
> とは思えません。思えばリジェネがティエリアに対話云々言い出した頃から嫌な予感
> がしていました。結局これについては劇場版をお楽しみと言ったところでしょうか。

ファーストは上り坂、セカンドは下り坂って印象ですねぇ。
対話についても、出た時から回収はされないって
予想もありましたし、事実その通りになりましたね。


> 木星のアレが宇宙怪獣なのか宇宙人なのか先史文明の人類なのか、いずれにせ
> よそんなのは00とは別のガンダム(アニメ)でやればいいのに・・・どこで劇場版の話が
> 決まったかは知りませんが、50話のTVシリーズである以上、その中で一定の完結
> はみせるのがマナーだと思います。

本当いつの間に決まったんでしょうか……
まさか最初から不完全燃焼で終わらせる気だったのかな……
というか劇場版やってもまだ終わらない予感が……w


> まあそれはそれとして、毎回放送後お邪魔していました。本当に1年間お疲れ様で
> した。

ありがとうございます~
何だかんだで終盤を除けば毎回書いてて愉しかったです。
まぁ愉しくない部分は基本削ぎ落としているからですけどねw

ブッティさんコメントありがとうございます。

> 藍三郎さん半年間お疲れ様でしたー

ありがとうございます~


> ですよねえ
> 一応ティエリアは死んだけど死んでないようなもんだし

あれは正直死亡した内には入らないと思いますねぇ……


> まぁ一期のときがみんな不完全な状態で、いろいろあってそうなったんでしょうね
> ある意味いい子ちゃんになって当然
> だからこそ悪役の活躍には期待してたんだけどなぁ
> まぁいい子ちゃんになっちゃった悪役がいなかっただけマシかなぁ
> やられ方にはいいたいこととかあるけど

それだけは最低限守られた感じですねぇ……
サーシェスなんかは何かあっさりしすぎでした。


> 自分もですねー
> まぁ終盤もガガ特攻とかネタ的な要素は欠かさなかったのでよしかなあ
> 戦闘の作画は毎回クオリティが高かったし

そう、ギミックと戦闘シーンは評価できるのですよ。
それだけに腰砕けなシナリオは何とかならないものかと……


> まぁ主要キャラが死ななかったのは劇場版で殺すためかも知れないし
> そのときにファンとしての熱が復活してたら劇場版で見届けます
> さて・・・アルケーとスサノオとレグナントとリボーンズガンダム買うか…
> あれ?敵陣営ばっかり?

本当イデオンみたいな劇場版になったら見る気が沸くかも知れません。
というか多分9割がたあらすじはネットで知ることになりそうです。

これも書き忘れていたが、敵陣営のMSはファーストと比べてキワモノも多くなり良かったですw

1期の感想見ました。

2期ファイナルと1期ファイナルを見比べると、テンションの落差がすっごいですね。
1期のは純粋に楽しんでおられたんだなと言うのを感じました。
まぁ確かに1期のほうが面白いのは確かだったんですが。
「半年後」への伏線の張り方とかうまかったんだけど・・・。

なんか、すっきりしない映画への伏線なんだよなぁ今回のは。
ラッセの死亡フラグは来年とか・・・忘れてるよ絶対w

kai-ryuさんコメントありがとうございます。

> 2期ファイナルと1期ファイナルを見比べると、テンションの落差がすっごいですね。
> 1期のは純粋に楽しんでおられたんだなと言うのを感じました。
> まぁ確かに1期のほうが面白いのは確かだったんですが。
> 「半年後」への伏線の張り方とかうまかったんだけど・・・。

当時はグラハムさんは素顔だったしね。
後ソレスタルビーイングがピンチになった方が面白いの法則は鉄板。
だけど2期はそのピンチがピンチと認識できなくなったのでつまらなくなったのですね。


> なんか、すっきりしない映画への伏線なんだよなぁ今回のは。
> ラッセの死亡フラグは来年とか・・・忘れてるよ絶対w

え、ラッセはGN粒子パワーで完治したんじゃないですかw
今の00ならそれぐらいは平気でやりそうです。

>ここからは自分が本当に面白いと思えるものだけを選択していくことにするかねぇ。

ここまで感想読んだけど、人が死ぬところがとにかく見たかったのね。
それならたしかに00は(富野ガンダムに比べたら)ダメダメだったね。

Re: タイトルなし

> ここまで感想読んだけど、人が死ぬところがとにかく見たかったのね。
> それならたしかに00は(富野ガンダムに比べたら)ダメダメだったね。

というか私が日曜5時のアニメに求めていたものは
何よりも刺激的でセンセーショナルな展開だったのですよ。
だからこそリアルタイムで見る意味もでてくるというか。
そんな日5アニメにとって緊張感の欠如はもう致命的なんですよ。

<はっきり言うとストレス発散の一環です
ブログなんて自分が思ったことを書く場ですから何いってもかまわないと思いますよ


<後半で多用された銃声引き。これが緊張感をなくした最大の元凶でしょう

マリナ達が保安局に襲撃された時のやつが一番初めの銃声引きでしたけど、そもそもここらへんからヌルい展開が始まったんでしたね、逆に一期ではミハエルがいきなり銃殺された瞬間からがシリアスな展開でした、その後普通にヨハンも殺されましたし、この時からグラハム、セルゲイ、ソーマあたりのメインの敵キャラも命の保障はないなと思いましたよ(コーラサワーに関してはこれっぽっちも心配してませんでしたがwww)、そのうえ次の話で初代ロックオンが死んでからはソレビのクルーはもちろんのこと、マイスターだって生存するとは限らなくなったんですし、やっぱり誰が死ぬかわからないハラハラ感に勝るものはないんですね


<彼以上の噛ませ犬であるアラスカのジョシュア

ダメ人間の代表として名前があがるとは、ジョシュア出世したねwww


<個性が無いキャラに用はありません。ゴミクズ以下の価値もありません

そうそう、だから藍三郎も無理して普通の感想なんて書く必要はないんですよ、そうなったらこのブログの価値が(以下省略


<メインとなる敵は、イノベイターなるただ単に美形を量産しただけの
まるでつまらないキャラクターばかりでした

他のブログ見回ってみたんですけど、ここと違ってヌルい展開を良しとしてるところでも前期からの敵キャラの冷遇とイノベイターの魅力のなさを批判するところが結構ありましたね
「グラハム、アリー、コーラサワーの出番を減らしてまで出す価値はない」だの「リヴァイヴ、デヴァイン、ヒリング、ブリングの顔と名前が一致する視聴者が何割いるだろうか」だの(自分も10話でのリヴァイヴのセリフ「ブリングに出撃命令が」を聞いたときに「へぇティエリアの銃を打ち落としたあの女が出てくるのか」って思ってました)


<ソレスタルビーイングの適当さも大概だけど、彼らの吐く台詞はそれ以上に薄っぺらいので

そうですねぇ
リジェネ   なんのためにいるのかわからないティエリアのパチもん、(復活したと思ったら最終回では出番なしだったし)
ヒリング  どこにでもいるちょっと戦いが好きなやつ
ブリング  無口(マジこれだけ)
リヴァイヴ ・・・・・・・・・・・・・人種差別主義者?(セカンドシーズン見直したのにどういうキャラなのか説明できん)
デヴァイン ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ツ、ツンデレ?(マジでこれしか思い浮かばんかった)
まぁでも最終回も見ればわかるとおり毎回なかなかのやられっぷりを見せてくれたのでかませ犬としては一流かな(コーラサワーとは別の意味で)、でもメインの敵キャラにするほどじゃないですよね


一番目?
そんなもんクラウスの存在に決まってんだろ
こいつの存在そのものが罪だよ

ヌル展開とキャラの劣化を抑えての一位だから何がくるかと思えばソレかいっwww
ていうか「こいつさえ死んでいれば上記の弱点なんか全部スルーしてやっても良かったんだ」ってどんだけ嫌いなんですかwww
その憎しみはとてもクラウスがマリナとシーリンの百合をぶち壊したことだけが原因とは思えないんですが、具体的にどういうところが嫌いなんですか?
爪の先から頭のてっぺんまで嫌いとかいう答えはなしで


<後はクソガキども、滅茶苦茶ウザかったです。
私は子供が大嫌いなんですよ

そんな時は消音することをオススメしますよ、まあリアルタイムで見てるみたいですから無理か


<セカンドシーズンのアザディスタン陣営には
何一つ褒める箇所がありません

ここ削れば尺の問題も少しは解決できたんじゃないかと何度おもったことか


<見るべき箇所はセルゲイとネーナの死……ぐらいでしょうか

死んだ当初は「MSでの活躍が全然ないなんてあんまりだ」なんて思ってましたけど、いまになってみると結構優遇されてたんですよね(ていうかアリーの最後みたらどの敵キャラもそうみえる)私のテンションがmaxになったドライの登場シーンも全く必要のないシーンでしたし


<彼ら敵キャラが好きだったこの私が、
そんなセカンドシーズンを心から楽しめるわけが無かったのです

前にも書きましたがセカンド<<<<ファーストの一番の理由です


<終盤があまりに酷い出来だったので、徹底的にこき下ろしたい心情なのですが
序盤と中盤は結構楽しんでいたのですよね

ですねぇ、今はファーストシーズンと序盤、中盤見直しながら楽しんでますよ


<グラハム・エーカーについて。
彼についてもセカンドシーズンの扱いは不満の残るものでした

「興が乗らん」だの「艦隊戦に興味はない」だの「あんな戦いに加わる価値はない」(19話の時、なんていってたか忘れた)だの言ってみずから出番を放棄してましたからねぇ、おまけに最後はあのザマで・・・・・・


<さて……このガンダム00を見て一番良かったと思う点は、
やっぱり更新のネタが出来たことでしょうか。

こんなに毎週コメントしたのはこのブログが初めてでしたねぇ、そもそも見始めた理由は敵キャラ好き、シリアスな展開を求めるというこのブログのスタイルが気に入ったのとネタ感想(刹那の地味ネタやグッドマンのデブネタ)が面白かったことでした(それだけに終盤になって藍三郎さんがやる気なくして(気持ちはわかりますよ)ネタ感想がなくなったのは残念でしたね、最近の遊戯王見てないからネタわかんねぇし><)


<ハヤテのごとく2期
まあ深夜放送になって藍三郎さんの大好きなパロディと大嫌いなラブコメ要素が両方ともパワーアップするみたいなこと書いてありましたからパロディ回だけ見るような感じでいいんじゃないですかまた声優ネタのパロディやってくれねぇかなぁ
実を言うと一期は毎週かかさず見てたんですけど2期は見るかどうか迷ってるんですよね、何が原因かってハガレンもそうですけど絵の劣化がヒドイ


<さようなら、ガンダム00……
ほとんどのキャラが自分好みなキャラデザ、スローネ、アルケー、レグナント、マスラオ、そしてリボーンズキャノンを初めとするメカデザのカッコよさ、熱い戦闘シーン、豪華な声優陣、終盤を除くどとうの展開、プラスの要素の方がずっと多いアニメでしたよ



藍三郎さん一期を含めて1年間更新お疲れ様でした、一期のときのネタ感想は本当に大好きです、これでこのブログに載ってるアニメで見てるのなくなっちゃったんで、特撮やジャンプにコメントしていこうと思ってます、自分の見ているアニメで一期00みたいなネタ感想をやってくれるのを期待してます

H2Oさんコメントありがとうございます。


> ブログなんて自分が思ったことを書く場ですから何いってもかまわないと思いますよ

うん、このスタンスは開設当初から全く変わってないのだが改めて言ってみました。


> マリナ達が保安局に襲撃された時のやつが一番初めの銃声引きでしたけど、そもそもここらへんからヌルい展開が始まったんでしたね、逆に一期ではミハエルがいきなり銃殺された瞬間からがシリアスな展開でした、その後普通にヨハンも殺されましたし、この時からグラハム、セルゲイ、ソーマあたりのメインの敵キャラも命の保障はないなと思いましたよ(コーラサワーに関してはこれっぽっちも心配してませんでしたがwww)、そのうえ次の話で初代ロックオンが死んでからはソレビのクルーはもちろんのこと、マイスターだって生存するとは限らなくなったんですし、やっぱり誰が死ぬかわからないハラハラ感に勝るものはないんですね

リアルタイム視聴だとこういうスリルが一番大事ですからねぇ。
やっぱオペレーター二人が死んだのがかなりびっくりしたな~
もはや主役級の戦艦に乗っていても油断できないんだということが分かった。
まぁその時はコーラサワーの撃墜の方が衝撃的でしたが。


> ダメ人間の代表として名前があがるとは、ジョシュア出世したねwww

もうコーラサワーは駄目人間でも不幸キャラでもないですからね。


> そうそう、だから藍三郎も無理して普通の感想なんて書く必要はないんですよ、そうなったらこのブログの価値が(以下省略

うん、ソウルイーター級でない限り、作画とかは申し訳程度に触れるぐらいだからね。
というか……「普通の感想」しか出てこないということは、
その作品を大して面白いとは思っていないということなんですよねぇ。
これはかなり明確な指標だと思う。


> 他のブログ見回ってみたんですけど、ここと違ってヌルい展開を良しとしてるところでも前期からの敵キャラの冷遇とイノベイターの魅力のなさを批判するところが結構ありましたね
> 「グラハム、アリー、コーラサワーの出番を減らしてまで出す価値はない」だの「リヴァイヴ、デヴァイン、ヒリング、ブリングの顔と名前が一致する視聴者が何割いるだろうか」だの(自分も10話でのリヴァイヴのセリフ「ブリングに出撃命令が」を聞いたときに「へぇティエリアの銃を打ち落としたあの女が出てくるのか」って思ってました)

本当何割いるんでしょうね~
つかギアスといい4クール作品の2期は下手に新キャラ増やして失敗するケースが増えているような……


> そうですねぇ
> リジェネ   なんのためにいるのかわからないティエリアのパチもん、(復活したと思ったら最終回では出番なしだったし)
> ヒリング  どこにでもいるちょっと戦いが好きなやつ
> ブリング  無口(マジこれだけ)
> リヴァイヴ ・・・・・・・・・・・・・人種差別主義者?(セカンドシーズン見直したのにどういうキャラなのか説明できん)
> デヴァイン ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ツ、ツンデレ?(マジでこれしか思い浮かばんかった)
> まぁでも最終回も見ればわかるとおり毎回なかなかのやられっぷりを見せてくれたのでかませ犬としては一流かな(コーラサワーとは別の意味で)、でもメインの敵キャラにするほどじゃないですよね

もはや噛ませ犬というかただの攻撃目標でしたね。
リヴァイヴとヒリングは結局ほとんど大差なかったと思います。



> ヌル展開とキャラの劣化を抑えての一位だから何がくるかと思えばソレかいっwww
> ていうか「こいつさえ死んでいれば上記の弱点なんか全部スルーしてやっても良かったんだ」ってどんだけ嫌いなんですかwww
> その憎しみはとてもクラウスがマリナとシーリンの百合をぶち壊したことだけが原因とは思えないんですが、具体的にどういうところが嫌いなんですか?
> 爪の先から頭のてっぺんまで嫌いとかいう答えはなしで

>クラウスがマリナとシーリンの百合をぶち壊したことだけ

本当にそれだけですが。
この手のキャラはあらゆる意味で存在価値を認めないからね。
つまらないってのはただのゼロだけど
嫌いなのはもはやマイナスだから。


> ここ削れば尺の問題も少しは解決できたんじゃないかと何度おもったことか

そうですね~
王宮で大人しくテレビ見ていればよかったのにね。


> 死んだ当初は「MSでの活躍が全然ないなんてあんまりだ」なんて思ってましたけど、いまになってみると結構優遇されてたんですよね(ていうかアリーの最後みたらどの敵キャラもそうみえる)私のテンションがmaxになったドライの登場シーンも全く必要のないシーンでしたし

アリーの死に方は本当ショボかったですねぇ。


> 「興が乗らん」だの「艦隊戦に興味はない」だの「あんな戦いに加わる価値はない」(19話の時、なんていってたか忘れた)だの言ってみずから出番を放棄してましたからねぇ、おまけに最後はあのザマで・・・・・・

あの妙なやる気の無さは思いっきり
話の都合丸出しであまりネタっぽくなかった。


> こんなに毎週コメントしたのはこのブログが初めてでしたねぇ、そもそも見始めた理由は敵キャラ好き、シリアスな展開を求めるというこのブログのスタイルが気に入ったのとネタ感想(刹那の地味ネタやグッドマンのデブネタ)が面白かったことでした(それだけに終盤になって藍三郎さんがやる気なくして(気持ちはわかりますよ)ネタ感想がなくなったのは残念でしたね、最近の遊戯王見てないからネタわかんねぇし><)

毎週どうもありがとうございます~
00におけるネタ感想の要は刹那のボケとスメラギの酒乱なので
彼らがまともになった以上もう書くことも無くなっちゃったのですよ。


> まあ深夜放送になって藍三郎さんの大好きなパロディと大嫌いなラブコメ要素が両方ともパワーアップするみたいなこと書いてありましたからパロディ回だけ見るような感じでいいんじゃないですかまた声優ネタのパロディやってくれねぇかなぁ
> 実を言うと一期は毎週かかさず見てたんですけど2期は見るかどうか迷ってるんですよね、何が原因かってハガレンもそうですけど絵の劣化がヒドイ

私は執事バトルでの遊戯王パロディが切欠でしたねぇ。
今回もそんな感じで巡回したブログで
面白そうなネタがあった場合のみ見るって形になりそうかな。


> ほとんどのキャラが自分好みなキャラデザ、スローネ、アルケー、レグナント、マスラオ、そしてリボーンズキャノンを初めとするメカデザのカッコよさ、熱い戦闘シーン、豪華な声優陣、終盤を除くどとうの展開、プラスの要素の方がずっと多いアニメでしたよ

そうですね~終盤を除けば素晴らしいアニメだったと言えるでしょうな。
何だかんだで毎週楽しみではあったし。


> 藍三郎さん一期を含めて1年間更新お疲れ様でした、一期のときのネタ感想は本当に大好きです、これでこのブログに載ってるアニメで見てるのなくなっちゃったんで、特撮やジャンプにコメントしていこうと思ってます、自分の見ているアニメで一期00みたいなネタ感想をやってくれるのを期待してます

新アニメで確定なのは蒼天航路、戦国BASARA、けいおん!ぐらい。
ジャンプももうすぐネウロ終わるから一気に書くこと無くなるなぁ……
ちなみに今一番面白いのは日曜特撮です。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://greensnake.blog70.fc2.com/tb.php/717-5f6dd1de