FC2ブログ

黒執事 第24話「その執事、滔滔」

セバスチャン4

あくまで執事ですから


最終3話はまとめて見たのよね。
シエルの両親を殺した黒幕がヴィクトリア女王だったり、
実はアッシュとアンジェラが同一人物だったり、
ファントムハイヴ邸やロンドンが炎上したり。

アッシュとアンジェラは明らかにつるんでいるようだったんですが、
これまで一緒に映るシーンが無かったのはそういうことだったのね。

とりあえずセバスチャンが出て行った理由は
シエルを一人旅させて苦難に遭わせることで
魂を味付けするのが目的だったのかな。

セバスチャンとアッシュ/アンジェラとの最終決戦

左腕を切り飛ばされるセバスチャン


アッシュ

うん、私はこういう顔の悪役がだーい好きなんだ。
日野さんの悪役演技も実にイカれていい感じでしたよ。


アッシュ3

アッシュ4

日野さんと矢野さんのデュエット?


ウィル

ウィリアムの量産型
グレルが弾けているだけで
他の死神はみんなサラリーマンみたいな格好なのか


グレル

グレル
「ご機嫌DEATH!!」


チェーンソー復活!!


葬儀屋

死者から立ち昇る黒い煙=人の心を刈り取っていく死神の皆さん
豪快に武器を振るうグレルや葬儀屋と違って
ウィル達はちまちまと雑草を刈るように切っていきます。
やはりこっちが一般的な死神のやり方なのでしょう。

結果的にこれがアッシュを弱体化させ、
セバスチャンの有利に働くわけですが、
死神たちは全くそんな意図などなく自分達の都合でやったのが良いですね。


坊ちゃんに目を閉じているよう言った時から何か予感はしていたが……ついに来たか。

セバスチャン

セバスチャンの本来の姿

「無様で、醜悪で、えげつない……」

そこまで言うからには、きっともう人間には形容できないような姿なんでしょうね。
不定形な黒い塊であり、別次元の存在。
そもそも執事としてのセバスチャンの姿を見るに、
彼は姿を自在に変えられる……元より正体など無いのかもしれません。

ただでさえ悪魔や天使は使い古されすぎて安っぽいイメージになりがちなので、
ここで黒い羽とシルエットだけで表現したのはベストだったかと。
逆に天使そのまんまの姿であるアッシュとの格の違いを見せつけた形になってます。

ドリルで肉を削っているような音が聞こえる……


アッシュ2

アッシュ5

「汚物汚物おぶおぶぶぶぶぶぶぶ……」

肉体をズタズタにされてアッシュ/アンジェラ死亡
真の悪魔の姿になったセバスチャンの敵ではなかった。
悪魔と天使とはいえ二人の間には歴然たる実力差があったようです。

人間の絶望でパワーアップしようとしたアッシュと
最初から人間など歯牙にもかけなかったセバスチャン
実は人間に近づこうとしたのはアッシュの方だった。
より人間から遠い方が強い。超常存在はかくあらねばならない。

セバスチャンの余裕は絶対的な力の差から来るものだったのですね。
無論これだけで悪魔と天使の優劣が決まるものでもありませんが。

10を数える前にシエルはタワーブリッジから落下
これは明らかに死ぬだろ……と思ったら本当に死んだ


ソーマ

最終回ってことでソーマとアグニ、エリザベスとポーラが登場


ヴィクトリア

ヴィクトリア女王が老人の姿で生きていましたが
これは替え玉であるらしい。
この異様な手際の良さからして、不測の事態に備えて予め替え玉が用意されていたのだろうね。
女王も結局は重臣たちの道具に過ぎないと……。

歴史の流れにとって、人間の命など幾らでも代わりが効く代物でしかない。
それが女王であっても。
名前と代替品さえあれば、歴史は動く。

バルド、メイリン、フィニは生死不明
プルートゥは死亡


シエル2

セバスチャンに船で導かれ、最後の場所へ向かうシエル


セバスチャン3

左腕が無いので上手く花の指輪を嵌められないセバスチャン
最後まで完璧な執事として勤められなかったのが残念そう。
このセバスチャンの全てを越えた執事への拘りも
やはり人間には理解の及ばぬ部分なのでしょう。


シエル

セバスチャン2

これはオープニングの場所ですね。
で、契約どおりセバスチャンがシエルの魂を奪おうとしたところで、
真っ黒な背景のスタッフロールが流れてエンディング

救いの無さそうな展開だが、これは予め定められた終わり方だし、
バッドエンドとは呼びたくない。
ここまでよく描いたものだと正直感心しております。
特にこの手のアニメでは珍しい。

セバスチャンを真の悪魔にするためには、
契約が正しく遂行されるまでを描かないといけないわけだしね。
この話はセバスチャンが有言実行し、契約完了するまでの物語だったと。
私はこういう最後までキャラクターに
ブレを生じさせないストーリーは歓迎します。

全体的に見せないことを上手く活用した演出が秀逸だった気がします。

バルド達とプルートゥの戦い、セバスチャンの正体、シエルとセバスチャンの末路……
これらは全て明確に見せなかったことで良い味を生んでいたと思います。


タナカ

まぁ管理人の好きなキャラクターはグレルタナカさんだったので
話の本筋以外のところに注目していた気もします。
ウィルと葬儀屋を合わせた死神トリオは特にいいキャラだ。
まぁ『黒』執事らしい、親しみやすくも
ダークなストーリーになってたんじゃないでしょうか。

感想が飛び飛びになっているのは、
私的にはあまり良いツッコミどころが見つからず、
遊戯王やアビス、サンレッド、日曜特撮の方を優先していた為です。


セバスチャンの小野大輔氏は、
まともに声を聞いたのは本作が始めてだったりします。
鋼鉄神ジーグの剣児と同じなんだよねぇ。
あのオッ○イドリルアタック言ってた奴がねぇw


しかし改めて分かったことは
私が筋金入りの悪役好きってことだ。

セバスチャンも、また似たようなキャラであるネウロもダークヒーローとしては
かなり良いところまで行っているのだが、
やっぱりグレルとかシックスみたく純粋な敵役の方が好きなんだよねぇ。

しかしまぁ、ありがちな主人公よりは遥かにいいので、
当初のキャラクター設定を決して捻じ曲げずに最後まで進む、
どこか人間性に欠けたダークヒーローやアンチヒーローが
これからも増えていくことを期待します。


面白かったらクリックお願いします

にほんブログ村 アニメブログへ
スポンサーサイト



コメント


お休みシエル

>あくまで執事ですから

もうこの言葉を聞く事はないんだなあ…ビデオに録ってはいるけどさ

>アッシュとアンジェラは明らかにつるんでいるようだったんですが、
>これまで一緒に映るシーンが無かったのはそういうことだったのね。

言われてみれば…

>とりあえずセバスチャンが出て行った理由は
>シエルを一人旅させて苦難に遭わせることで
>魂を味付けするのが目的だったのかな。



>セバスチャンとアッシュ/アンジェラとの最終決戦
>左腕を切り飛ばされるセバスチャン

流石ラスボスだけあって一番のダメージを与えたなあ…

>うん、私はこういう顔の悪役がだーい好きなんだ。
>日野さんの悪役演技も実にイカれていい感じでしたよ。

俺的にはもう一味欲しいとこですがねえ

>ウィリアムの量産型
>グレルが弾けているだけで
>他の死神はみんなサラリーマンみたいな格好なのか

眼鏡が光った所は笑わずにはいられませんでしたねえwww

もう全ての死神の共通点って眼鏡しかないじゃんorz
葬儀屋は解らないけどイメージ画像では眼鏡かけてたし

>グレル
>「ご機嫌DEATH!!」
>チェーンソー復活!!

そりゃあご機嫌にもなるでしょうよwww

>死者から立ち昇る黒い煙=人の心を刈り取っていく死神の皆さん
>豪快に武器を振るうグレルや葬儀屋と違って
>ウィル達はちまちまと雑草を刈るように切っていきます。
>やはりこっちが一般的な死神のやり方なのでしょう。

そもそも纏めていっぺんに狩ると言う感覚が無いみたいですからね
ああいう地味なのが本流になっても仕方ないでしょう

>結果的にこれがアッシュを弱体化させ、セバスチャンの有利に働くわけですが、
>死神たちは全くそんな意図などなく自分達の都合でやったのが良いですね。

ある意味死神は仕事をこなすだけの存在
そこには善も悪もありませんからね

>坊ちゃんに目を閉じているよう言った時から何か予感はしていたが……ついに来たか。
>セバスチャンの本来の姿
>「無様で、醜悪で、えげつない……」

足がヒールに変わってる位しかわからなかったですよ

>そこまで言うからには、きっともう人間には形容できないような姿なんでしょうね。
>不定形な黒い塊であり、別次元の存在。
>そもそも執事としてのセバスチャンの姿を見るに、
>彼は姿を自在に変えられる……元より正体など無いのかもしれません。

アズーロの時はシエルは見てる筈なんですけどあの時のは違ったんですねえ…

>ただでさえ悪魔や天使は使い古されすぎて安っぽいイメージになりがちなので、
>ここで黒い羽とシルエットだけで表現したのはベストだったかと。
>逆に天使そのまんまの姿であるアッシュとの格の違いを見せつけた形になってます。

本来天使や悪魔っていうのはとても近く、ソレでいて遠い存在ですからね
ある種、人の心が生み出したものだし

>ドリルで肉を削っているような音が聞こえる……

ドリルで肉ですか
俺はミンチっぽい感じでしたけど

>「汚物汚物おぶおぶぶぶぶぶぶぶ……」

北斗の拳の断末魔で出て来そう

>肉体をズタズタにされてアッシュ/アンジェラ死亡
>真の悪魔の姿になったセバスチャンの敵ではなかった。
>悪魔と天使とはいえ二人の間には歴然たる実力差があったようです。

まあ、完全に悪魔サイドの土俵ですからね

>セバスチャンの余裕は絶対的な力の差から来るものだったのですね。
>無論これだけで悪魔と天使の優劣が決まるものでもありませんが。

真セバスを見たかったですな

>10を数える前にシエルはタワーブリッジから落下
>これは明らかに死ぬだろ……と思ったら本当に死んだ

コレで死神に魂持ってかれたりしたら爆笑モンでしたけどねwww

>最終回ってことでソーマとアグニ、エリザベスとポーラが登場

ザベスとポーラはともかくインドコンビが出てくるとは思いもよらなんだ

>ヴィクトリア女王が老人の姿で生きていましたが
>これは替え玉であるらしい。

原作組からすればこっちこそが本物なんですけどね

>この異様な手際の良さからして、
>不測の事態に備えて予め替え玉が用意されていたのだろうね。
>女王も結局は重臣たちの道具に過ぎないと……。

替え玉ならもっと若いのを持ってくればいいのに…とか思ってみたり

>歴史の流れにとって、人間の命など幾らでも代わりが効く代物でしかない。
>それが女王であっても。
>名前と代替品さえあれば、歴史は動く。

なかなか名言ですな

>バルド、メイリン、フィニは生死不明
>プルートゥは死亡

やっぱ死んだか犬っころ

>セバスチャンに船で導かれ、最後の場所へ向かうシエル

儀式上かなんかですかね???

>左腕が無いので上手く花の指輪を嵌められないセバスチャン
>最後まで完璧な執事として勤められなかったのが残念そう。
>このセバスチャンの全てを越えた執事への拘りも
>やはり人間には理解の及ばぬ部分なのでしょう。

悪魔なんだから再生しろよとか思いましたけど
その辺を聞くのは野暮なんですかねwww

>これはオープニングの場所ですね。

そう言えばそうだwww

>で、契約どおりセバスチャンがシエルの魂を奪おうとしたところで、
>真っ黒な背景のスタッフロールが流れてエンディング

中途半端なのに見事な引きですな
OOとは大違いだ

>救いの無さそうな展開だが、これは予め定められた終わり方だし、
>バッドエンドとは呼びたくない。
>ここまでよく描いたものだと正直感心しております。
>特にこの手のアニメでは珍しい。

ハッピーでは無いけれど…安らかエンドとでも言えばいいのかな???

>セバスチャンを真の悪魔にするためには、
>契約が正しく遂行されるまでを描かないといけないわけだしね。
>この話はセバスチャンが有言実行し、契約完了するまでの物語だったと。
>私はこういう最後までキャラクターにブレを生じさせないストーリーは歓迎します。

あっさりしすぎている感じがありますが
これ位でちょうどいいのかもしれません

>全体的に見せないことを上手く活用した演出が秀逸だった気がします。
>バルド達とプルートゥの戦い、セバスチャンの正体、シエルとセバスチャンの末路……
>これらは全て明確に見せなかったことで良い味を生んでいたと思います。

投げたように見せないのは御見事

>まぁ管理人の好きなキャラクターはグレルとタナカさんだったので
>話の本筋以外のところに注目していた気もします。
>ウィルと葬儀屋を合わせた死神トリオは特にいいキャラだ。

俺は葬儀屋と劉ですかねえ…後者は死んじゃったけど

>まぁ『黒』執事らしい、親しみやすくも
>ダークなストーリーになってたんじゃないでしょうか。

ダーク物はあんまり好きじゃないんですけど
珍しく最後まで見れたなあ…レアだwww

>セバスチャンの小野大輔氏は、
>まともに声を聞いたのは本作が始めてだったりします。
>鋼鉄神ジーグの剣児と同じなんだよねぇ。
>あのオッ○イドリルアタック言ってた奴がねぇw

ソレは言わないであげてwww

>しかし改めて分かったことは
>私が筋金入りの悪役好きってことだ。

それと百合好きね

>セバスチャンも、また似たようなキャラであるネウロもダークヒーローとしては
>かなり良いところまで行っているのだが、
>やっぱりグレルとかシックスみたく純粋な敵役の方が好きなんだよねぇ。

後者は純粋悪ってやつですな

>しかしまぁ、ありがちな主人公よりは遥かにいいので、
>当初のキャラクター設定を決して捻じ曲げずに最後まで進む、
>どこか人間性に欠けたダークヒーローやアンチヒーローが
>これからも増えていくことを期待します。

こういうのって波がありますからね…ここから先増えるのか減るのか

Lapis lazuliさんコメントありがとうございます。


> 言われてみれば…

てっきり上司と部下な関係だと思ってましたが
その先入観を利用された感じ。


> 俺的にはもう一味欲しいとこですがねえ

まぁねぇ。彼の存在価値は、日野さんの好感度を上げたことぐらいかなぁw


> 眼鏡が光った所は笑わずにはいられませんでしたねえwww
>
> もう全ての死神の共通点って眼鏡しかないじゃんorz
> 葬儀屋は解らないけどイメージ画像では眼鏡かけてたし

見事にシンクロしてましたね。
本当に眼鏡が共通点なのかも……


> そもそも纏めていっぺんに狩ると言う感覚が無いみたいですからね
> ああいう地味なのが本流になっても仕方ないでしょう

あくまで業務に過ぎませんからねぇ。


> 足がヒールに変わってる位しかわからなかったですよ

ヒールというか、かかとから突起物が生えているのではw


> アズーロの時はシエルは見てる筈なんですけどあの時のは違ったんですねえ…

もうあまり覚えてないがw
アズーロの時と今の姿が同じとは限らないでしょう。


> 本来天使や悪魔っていうのはとても近く、ソレでいて遠い存在ですからね
> ある種、人の心が生み出したものだし

妖怪もそうだが、人の幻想が生み出した存在だったり、
れっきとした生物だったり、作品によって解釈は色々ですね


> ドリルで肉ですか
> 俺はミンチっぽい感じでしたけど

真セバスチャンが手をドリルのようなものに
変えて肉を抉っているんだと思ってましたw


> まあ、完全に悪魔サイドの土俵ですからね

いやぁ、むしろ戦場はアッシュに有利だったんだけど
それでも自分の力だけで勝っちゃったんですよねぇ。


> 原作組からすればこっちこそが本物なんですけどね

歴史的にもね~


> 替え玉ならもっと若いのを持ってくればいいのに…とか思ってみたり

いやぁ、それだと替え玉にはならないじゃないですか。
大衆は皆おばあさんだと思っているわけですし。


> 儀式上かなんかですかね???

悪魔の世界は謎が多い……


> 悪魔なんだから再生しろよとか思いましたけど
> その辺を聞くのは野暮なんですかねwww

それやっちゃうとそれこそ執事の領域を越えてしまうので止めたんじゃないですかね。
私的な解釈では、あれは人間の姿での腕がなくなっただけで、
本体からすれば単に体積が減った程度のことじゃないかと思っていたり。


> 中途半端なのに見事な引きですな
> OOとは大違いだ

ここから先は正直見せる必要も無い部分だと思うしね。
魂を取った瞬間に、セバスチャンも執事の姿ではなくなるのでしょう。


> あっさりしすぎている感じがありますが
> これ位でちょうどいいのかもしれません

セバスチャンからすれば単に契約を履行しただけのことなので
元来あっさりとした話だったんですよ。悪魔にとっては。


> 俺は葬儀屋と劉ですかねえ…後者は死んじゃったけど

Wikiでもラウは単に成敗された、とあるだけで生死に関しては不明でした。


> ソレは言わないであげてwww

やっぱり今スパロボKやってるからw


> それと百合好きね

アニメだと優良な素材が無いんですよねぇ。
漫画だと色々と見ているんだが。


> こういうのって波がありますからね…ここから先増えるのか減るのか

後作者の技量もありますしねぇ~
ネウロ最終回が楽しみだ(えー

こんばんは、いつもTB等でお世話になっております。
「ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人」の管理人のピッコロでございます。
記事とは関係のないコメントで大変失礼いたします。


まず最初に、「今期終了アニメ評価をしてみないかい?3」の企画に参加して頂きありがとうございました。現在、当ブログでは最終集計結果の発表を行っておりますので、一度見て頂けると嬉しいです。


そして今回も、「今期終了アニメの評価をしてみないかい?4」として企画を立ち上げました。また、この企画に賛同して頂けるのであれば是非参加してくださいませ。


詳しい投票方法等については以下の記事に書いておりますのでご覧ください↓

http://blog.livedoor.jp/koubow20053/archives/51219033.html


宣伝大変失礼いたしました。今後も色々とお世話になると思いますが、どうかよろしくお願いいたします。

ピッコロさんコメントありがとうございます。

> こんばんは、いつもTB等でお世話になっております。
> 「ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人」の管理人のピッコロでございます。
> 記事とは関係のないコメントで大変失礼いたします。

こんばんは~


> まず最初に、「今期終了アニメ評価をしてみないかい?3」の企画に参加して頂きありがとうございました。現在、当ブログでは最終集計結果の発表を行っておりますので、一度見て頂けると嬉しいです。

まぁ前回は最終的に二作品しか見てないので上位の作品はさっぱりなわけですがw
後やはり1票だけのキャラが気になったりw


> そして今回も、「今期終了アニメの評価をしてみないかい?4」として企画を立ち上げました。また、この企画に賛同して頂けるのであれば是非参加してくださいませ。
>
>
> 詳しい投票方法等については以下の記事に書いておりますのでご覧ください↓
>
> http://blog.livedoor.jp/koubow20053/archives/51219033.html
>
>
> 宣伝大変失礼いたしました。今後も色々とお世話になると思いますが、どうかよろしくお願いいたします。

どうもお誘いありがとうございます。
今期も参加してみようかと思いますのでどうかよろしく。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://greensnake.blog70.fc2.com/tb.php/708-bfc0a1b1

黒執事 第二十四話 「その執事、滔滔」

第二十四話 「その執事、滔滔」

「黒執事」第24話(終)

  第二十四話:「その執事、滔滔」(終)ロンドンの建設中のタワーブリッジの上に立っているアッシュ。セバスチャンはシエルを抱き、アッシュのもとへと急いだ。タワーブリッジの上、対峙する両者。シエルの口から、アッシュを倒すようにセバスチャンに命令が下される。...

黒執事 最終話「その執事、滔滔」

黒執事の第24話を見ました。最終話 その執事、滔滔ある忌まわしき目的のために放たれたロンドンの大火は多くの犠牲者を出してもいまだ消えず、美しかった街並みは地獄のような場所と化していた。「坊ちゃん、少し揺れます」「どこへ行く?」「この英国には悪魔が作ったと...

黒執事 第24話「その執事、滔滔」

「最後まで完璧な執事で居たかったのですが…敵わぬようです」 悪魔の力を解放したセバスチャンがアッシュを倒し、シエルに死を届ける話...

黒執事最終話その執事、滔滔

「黒執事最終回その執事、滔滔なの」「最終話前の話を見てないからいきなりすぎるなの」「フヒヒヒ、サーセン」「いきなりセバスチャンと天使、アッシュがバトルしていてビックリしたけど」「…元々はアンジェラと一つだったわけ?」「どっちでもいいなの」「堕天使より性...

黒執事 第24話(最終話)「その執事、滔滔」(感想)

こちらは感想です(内容前半・後半)シエル、冒頭から船に横たえられていたのでてっきりそのままEDの様になるのかと思いきや…先ずは天使対悪魔から…セバスチャンが向かったのはアッシュが女王に作らせた橋でしたが…亡霊の様な顔が…沢山…どれだけの人柱を使ったんです...

『黒執事』#24「その執事、滔滔」(最終回)

「奴を、天使を殺せ!」 全てを語るにはまだ少しだけ早い…って、もう最終回なんですけど(涙) 最後の決戦は、禍々しいタワーブリッジ! ...

黒執事 24話「その執事、滔滔」

『ロンドンの建設中のタワーブリッジの上に立っているアッシュ。 セバスチャンはシエルを抱き、アッシュのもとへと急いだ。 タワーブリッジ...

黒執事 第二十四話 : 「その執事、滔滔」

 アッシュはやはり気持ち悪かったです。アンジェラと両方の声で語りかけるところは聞いていて怖いですね。

黒執事#24

天使と悪魔の戦いの舞台は、天使が女王陛下に作らせた聖なる橋、タワーブリッジ。 坊ちゃんは多少座り心地の悪い良席で観劇です。 「奴を、天使を殺せ」 「イエス・マイロード」 黒執事第24話 「その執事、滔滔」の感想です。 アッシュと戦いを繰り広げるセバス...

黒執事 第24話「その執事、滔滔」

「これから私が 坊ちゃんに死をお届けします 最後まで責任を持って、貴方の忠実なる執事として――」 天使と悪魔の最終決戦、そしてシエル...

黒執事 第24話(最終回)「その執事、滔滔」

最終決戦-----------!!ある意味この作品が、今期一番どんな最終回を迎えるか心配だったんですよね(^^;)最終決戦に向かうセバスチャンとシエル。女王陛下が天使に作らせていた建設途中の「聖なる橋」へ向かうのだが・・・。それは、なんと人柱でできた橋だったのだ...

【私は悪魔で執事ですから】最終話 ~その執事、滔滔~

滔滔(とうとう)の意味は「物事が一つの方向へよどみなく流れ向かうさま」だそうです。 こちらにその意味書かれています。 このアニメを...

黒執事 第24話「その執事、滔滔」

黒執事 IV 【完全生産限定版】 [DVD](2009/04/22)坂本真綾小野大輔商品詳細を見る 黒執事もついに最終回。場所は未完成のロンドン・ブリッジ。セバ...

黒執事 第24話「その執事、滔滔」

決戦の場所は、未完成のロンドン橋。 人柱でできた「聖なる橋」の上で世紀の終わりの決戦が始まる…。 アッシュの剣にセバスチャンの腕が...

黒執事 #24

いよいよアニメ・黒執事も、今回で最終回です。今回は最終回にふさわしく、悪魔で執事の黒執事・セバスチャンと、天使で執事の白執事(?)アッシュの激突となりました!建設中のタワー...

黒執事「その執事、滔滔」

アニメ黒執事。 発言者:→宵里、→春女です。 「すっ

黒執事第24話「その執事、滔滔」(最終回)

どっちが天使で悪魔なんだか(;^_^A 前半戦はセバスチャンとアッシュ(アンジェラ)のラストバトル。 いやー、天使が悪いですねえw セバスチャンは左腕を吹っ飛ばされるし、 かなりハードな展開。 最初天使側優勢はお約束の展開でしょう。 形勢が逆転したのは ...

黒執事 第二十四話 その執事、滔滔

思い切り痛くしてくれ・・・

黒執事 第24話 「その執事、滔滔」

 決戦の地は、天使が女王に作らせた人柱で出来た橋。それが完成すれば不浄からロンドンを守る結界になるそうですが、どう考えても天使の考える事のほうが人間には理解し難いです。父なる神が本当に望んでいることなのか? 天使の勝手な思い込みなんじゃ……。    ...

黒執事 第24話『その執事、滔滔』(最終回)

私の中で賛否両論が絶賛繰り広げられたアニメ版黒執事。 原作が完結を迎えたわけでもラストに向かってる訳でもないから まぁ…妥当な終わり方だったのかもしれません。 黒執事 IV 【完全生産限定版】 [DVD]芝美奈子 枢やな 岡田麿里 アニプレックス 2009-04-22by G-Tools