FC2ブログ

スーパーロボット大戦K プレイ記3

最終話までクリア
以下ネタバレ



今回は全36話。
ただし前後編は1話でカウントされているので、実質的には46話。それでも短いか。


ガン×ソードルートの27話なんだけど、
カロッサを倒した後、残ったセン・オブ・サタデイのメリッサが
精神コマンド、闘志、鉄壁、必中を使うんですよね。

マウアーを倒されたジェリド、アギーハを倒されたシカログ、
レーベンを倒されたシュラン等これだけなら別に珍しくないけど、

このメリッサ、何と毎ターン同じ精神コマンドを使うんですよ。

カシマルのプラネッタも毎ターン必中とひらめきを使うが、
鉄壁を毎ターン使う敵なんて聞いたこと無いですよ……
仕方ないので攻撃力の高いヴァンを中心としてちまちま削り、
受けたダメージはすぐ修理するという方法で倒しました。
元々こうなっていたのか、それともバグなのか……
しかしこの時ほどヴァンとダン・オブ・サーズデイの便利さを痛感したことはない。

主人公とパートナーの機体が合体。
私はアンジェリカだったのですが、ルートや選択肢によっては違うのかな。
このギャルゲ的なイベントには正直うんざりした。

ヴェリニーのビクトーラとギルのギル・ギアを倒し、
今度は三つのルート選択
フェストゥム、ダリウス、擬態獣の三択
私はダリウス界ルートを選択。戦力も分散されるけど
ゾイドにガイキングにキングゲイナーといつも使っている面子なので問題なし。

ガイキング、ライキング、バルキングが合体して
ガイキング・ザ・グレートに。
ライキング、バルキング単体でも結構使っていたので、
後の戦いでグレートになる機会はあまり無かった。

ラスボスのプロイスト様は三つのメカに搭乗

ドボルザーク
ファイナルドボルザーク
キングダリウス


BGMは全て「ドヴォルザーク 新世界より」

ドボルザークの顔は旧ガイキングのフェイスオープン後の顔なんですよね。

ディックが死んで生存……となったけど原作でも生存したことになってるらしい。
ちなみに原作では、終盤はルル×ディックな流れだったそうな。
この手のアニメでヒロインが主人公以外とくっつくのは珍しい。もちろん私は大歓迎だ。

プロイスト様の二重人格&超絶自己中な性格はサイコーですね。
自分の暴走で父親を殺しておきながら、ダイヤ達に怨みをぶつけるし。
ガン×ソードのキャラを除けば今回一番良かったのはプロイスト様だな。

次はカギ爪の男との決戦。

原作ではミハエルに粛清されたムッターカさんが生きていました。
まぁ概ね原作通りかな。ヴァンとエルドラの合体技弾丸エルドラダン
ヴァンとレイの合体技ガン×ソード
そしてラストのヴァンの神は裁き の戦闘アニメには感動しましたね。

特に最後ヴァンがイカれた笑顔になるカットインが最高。
これが見たくてラスボスをヴァンで倒したぐらい。
しかし、神は裁きって、何が由来なんだろう……
カロッサとメリッサの合体攻撃も罪の眠りって名前だったが……

ミハエルとファサリナが仲間になるらしいが、
どうもフラグを立て損ねたらしく、原作通りの結末に。

レイは普通に仲間になりました。
せっかくなのでヴァンとツートップにしてやろうとヴォルケイン改を一気に改造。
後にアタックコンボに気力限界突破もつけてやりました。

次はガズムゼナディーエが登場
このゼナディーエ、道化師と死神を融合させたダークなデザインが実に私好みです。
棺桶や鎌を用いた戦闘アニメも秀逸。
それとガズムは憑依されていた時の方が断然良いですね~

オーバーデビルとも最後の決着をつけます。
キッズ・ムントが銀河シベリア鉄道作るぞ~とか言ってました。

お次は月で邪魔大王国との決戦
その前にイディクスのボス、ル=コボルグスタティオが登場
エンダーク、ビクトーラ、ゼナディーエを融合させたような機体ですが……
またレムレースやカオス・レムレースと同じパターンですかい。

主人公の死んだ隊長の身体を乗っ取っているんだけど、
この顔グラフィックがとてつもなくショボい。
何かのっぺりした顔で、カリスマの欠片も存在しない。

ルイーナのペルフェクティオと似たようなパターンだけど
あっちはロンゲの美形でもろラスボス!って感じだったのになぁ……

そんなラスボスでも二回行動でMAP兵器を二度撃ちされるのには結構堪えました。
この頃から、パートナーの機体がよく撃墜されるようになります。

鋼鉄神ジーグのラストバトルの舞台は月だったのか。
妃魅禍は宇宙人で、大銅鐸はラングーンという宇宙船
鋼鉄ジーグの二つの銅鐸は宇宙船の能力を取り戻すのに必要だった。

竜魔大王に組織に乗っ取られた旧作のヒミカと違って、
鋼鉄神の妃魅禍さまはスケールもでかいしカリスマもありますね。
地球どころか全宇宙まで支配すると言っています。

ボス敵は妃魅禍じゃなくて悪霊の集合体である荒之皇
何気にこの戦いが一番苦戦したかも……
特殊地形である大銅鐸の上にいるし、
MAP兵器もぶっ放してくるので結構な被害を被ってしまった。

ここで鋼鉄ジーグが磁偉倶との合体技・鋼鉄神ジーグを修得
磁偉倶がサイボーグに戻って銅鐸を投げる辺りが秀逸です。
恐らく本作で最も攻撃力の高い武器ではないでしょうか。
しかし消費ENが150とEN無改造ではまともに使えません。

そしてお次はバーチャロンマーズ。
まさかバーチャロンマーズがラスト直前に来るなんて、
予想できた方はどれだけいるのでしょうか……
私はファフナー辺りかな~と思ってました。

今作のバーチャロンはゲスト参戦に過ぎなかった第三次αと
比べて遥かにストーリーが掘り下げられていますね。

バーチャロンのラスボスはダイモンに乗っ取られた
超時空因果律制御機構タングラム

これならラスボスの前に来るのも当然の扱いかな。

鋼鉄神ジーグの凄まじさを改めて理解
熱血使って54000近いダメージを弾き出す。
剣児は必中を覚えないので、底力を発動される前に使うのがベター

ジグラット、ヤガランデ、ダイモン・アーム、ダイモン・ワームと
3万、5万の敵を何体が引き連れていましたが、結局全機撃破しました。
クリアリア・バイアステンが仲間になったが、明らかにチーフよりも強い……w
彼も最終話まで使用。

30万ぐらい稼いだけど、それより強化パーツを売ったら
90万ぐらい手に入ったので、それで主力機体の武器を改造。

みんなの心の力を一つにしてラスボスを倒すのに
ファフナーのジークフリードシステムやスターゲイザーのシステムを利用したりとか
この辺はZのラストを思わせる展開だったな~

ラスボスは、万全の態勢を整えて挑んだら思ったより楽に勝てた感じ。
それでもMAP兵器やアタックコンボで幾らかの損害を被ったがね。

グスタティオがHP15万、アルケウスがHP20万とかなり低め。
まぁグスタティオはHPが半分になったら一回全回復しますが。
ここでも鋼鉄神ジーグが大活躍。一撃でHP5万削るんだもんな~~

アルケウスのクリシュナ・アセンション
もはやラスボスが惑星を巻き込む攻撃を繰り出すのは常識みたいです。

グスタティオはハッター軍曹で、アルケウスはヴァンでとどめを刺す。
神は裁きの最後のカットインがまた見られてよかった。


早く攻略した分、ろくに攻略情報も無かったので
隠し要素はほとんど取れませんでした。

気になっていたレイは普通に生き残っていました。
鋼鉄神ジーグの鏡も死ぬらしいけど一応最後まで生存。

一方ファフナー陣営は容赦なし。原作通り次々に死んで行きます。
エンディングもファフナーだけはバッドエンドと取れる内容だったし。
ラストどうなったかは詳しく知らないのですが、
これだけ悲惨なら原作ファンも満足……かな?

ガン×ソードのファンとしては、原作の良さを再認識させて頂きました。

ウェンディとカギ爪の邂逅とか、
原作の名場面が端折られているのはまぁ仕方が無い。他の作品も同じことだしね。
まぁ、カギ爪の狂気の描写が不十分だった気もするが……

それよりも気になるのは、復讐一筋に生きるヴァンを
協調性が求められるスパロボでどう動かすか、だったんですよねぇ。

蓋を開けてみれば、別の地球で戦うのもカギ爪がいる元の世界に戻る為だし、
カギ爪が情報を掴めばすぐにすっ飛んでいくし……
うん、いい感じで自己中心的じゃないですか。

で、問題はカギ爪を倒した後のこと。
これで復讐以外の生き方を~~とか言い出したら
最悪だな、とかなり心配だったんですが……

カギ爪を倒した後に残っているのは邪魔大王国、ダイモン、イディクスと
地球や人類そのものを標的としている敵だけなんですよね。

ラスボスと戦う理由も、

仇を討ったので、もう戦う理由はないし、義理も無いけど、
地球壊されたら住む場所無くなって困るからこいつ斃すよ


といったただ一人自己中を貫くもの。
いやぁ、スパロボスタッフもガン×ソードを、
ヴァンというキャラをよく理解していたんだなぁと感心しましたよ。

ヴァンといいプロイストといい、私はとにかく自己中なキャラが好きなんだな。

ヴァンやレイ、カギ爪の男にはアニメ作品だと
ルルーシュ並みの思い入れがありますからね。

あの作品は、主人公は変わらなくていい、
むしろ変わらない方が面白い作品を作れると教えてくれましたから。


ゲーム面について

パートナーバトルシステム

小隊システムの簡易版みたいなものですが最大の利点は、

誰と誰を組ませても移動力は変わらず、飛行能力にも影響は出ない。

今までは空を飛ぶ小隊は全部飛行ユニットにしなければならず、
編成に頭を悩ませましたが今回はそんな悩みはしなくて済みます。
地形や移動力を考慮せずにコンビを組めるのは大きな利点かと。
小隊システム最大のネックが解決された気がします。

移動力と地形適応は、常に先頭に立つユニットを基準とする。
これは相当に便利で、鋼鉄ジーグとビッグシューターの場合、
最初はジーグをビッグシューターに変えて一気に長距離を移動するという手が使えます。


アタックコンボ

終盤の敵コンビはほぼ全て援護防御を使うので、
コンビを纏めて攻撃するコンボは多いに重宝する技能なのですが、
これを使うにはコンビを組まず単独で動かねばならないデメリットがあるのですね。
私はキングゲイナー、ダン・オブ・サーズデイ、
ヴォルケイン改、デスティニーガンダム辺りは常にピンで運用していました。
ゴーダンナーと主人公機は合体して一つになるのでコンボが使えるという点で便利。
特にダン・オブ・サーズデイの太刀コンボは
圧倒的な破壊力を誇り、プレイしていて大変爽快でした。


精神コマンド

熱血が消費45になったのが地味に効いている。
ほとんどのユニットが必中+熱血+不屈/ひらめきを一度使ったらSPがほぼ尽きる。
だから、ボス敵に攻撃できるのは一機につき一回が基本となっている。
ゆえに何度も攻撃させたいキャラには
SPアップや集中力のスキルパーツを備えることが必須。
私はダイヤとヴァンにつぎ込みましたね。
それに見合う活躍をしてくれたのは言うまでも無く。

ちなみに、ガイキングをディックのキルジャガーと組ませ、
先頭をディックにして直感+熱血デスファイヤーで
ダイヤのSPを節約する……という手も使っていた。

SPがシビアになった分、二人乗りの主人公機やゴーダンナーは非常に便利。
ダンガイオーは四人乗りのわりにはロール以外に
必中と熱血を覚えないのでボス戦では思ったより活躍できない。

ファフナー系は総士の精神コマンドも使え、必中とひらめきを代わりに使わせられる。
まぁ総士は終盤貴重な「補給」を覚えるので、彼もケチらないといけないわけですが。

射程についても結構調整された感がある。
射程4以上で移動後攻撃可能な武器はほぼ無くなり、
最強武器もほとんどが射程1となった。
ゆえにボス戦では誰が四方を囲むかという熾烈な椅子取りゲームが……(ぉ
その分、ヴォルケイン改やマークジーベンなど、
最強武器が長距離射程のユニットは楽に攻撃できた印象がある。


最終的な撃墜数は以下の通り

ヴァン 243
ツワブキ・ダイヤ 151
ミスト・レックス 145
猿渡ゴオ 119
レイ・ラングレン 118
磁偉倶 104


全編通してとにかくヴァンが大活躍。
アタックコンボLV2で太刀を使えば、四桁の敵四体を一撃で倒せます。
特に終盤の援護防御を使うパートナーを組んだ
ザコを倒すのにどれだけ重宝したことか……!
一撃で四体の敵が同時に爆発するのは実に爽快でしたねぇ。
もう、スパロボKのゲーム面での魅力は
このヴァンの『太刀』にあると言っても過言ではありませんね。
永遠に鉄壁を使い続けるメリッサ戦など本当に色々な局面でお世話になりました。

ライバルのレイも強化してやりましたよ。
終盤はヴァンと共に切り込み隊長に……と思ったが
双方移動力が低いので中々思うようにならずw

磁偉倶と鋼鉄ジーグのマッハドリルはHPの高い敵を削るのに多いに役立ちましたねぇ。
装弾数6発、Bセーブをつければ弾数9となり使い放題です。
ビッグシューターとのコンビが前提なので、
ビッグシューターが先に落とされると結構な戦力ダウンになります。

ファフナーはマークザインよりマークジーベンの方がずっと使える……
飛行できるのもあるけど、ドラゴントゥースが長距離武器なので
総攻撃に加われるのが大きい。


毎回気になる決着を付ける順番ですが、

地球連合・ザフト→シベリア鉄道→ディガルド武国→
フェストゥム/ダリウス軍/擬態獣→
カギ爪の男→邪魔大王国→ダイモン→イディクス

こんな感じ。
Zでもザブングルは原作終了後だったし、これから先も
かつて出たことのある作品ほど短縮されそうですね。
まぁそれが正しいと思っていますがw


オリジナル敵の機体とパイロットは以下の通り

エンダーク/イスペイル
ビクトーラ/ヴェリニー
ゼナディーエ/ガズム
グスタティオ/ル=コボル
アルケウス/ル=コボル


今作のオリジナルはそれほど濃いキャラも
ぶっ飛んだ展開も無くどこか地味だったかな……

ラスボスも何か無個性で、妃魅禍、プロイスト、
ダイモン、カギ爪の男に比べるとカリスマ性において遥かに劣る。

でもイスペイル様は何故様づけしたくなる不思議。
あの性格は科学者ベースだからなのね。

本作の真の主人公はカガリ
裏の主人公はサコン先生だよな。

カガリはやたらと場を仕切ることが多く、
サコン先生はありとあらゆる局面でその知能を生かして打開策を編み出してくれます。
GN粒子に匹敵する万能ぶりです。

サコン先生はスパロボKのデウス・エクス・マキナ。
今作最大の功労者であることは間違いない。

鋼鉄神ジーグの美和さんと司馬遷次郎爺さんのパワフルさには圧倒されます。
エルドラの爺さん達もだが、こういうパーティーが若者だらけの中での
老人は格別の存在感とカリスマを放つものですな。

最終話の編成は……

ダン・オブ・サーズデイ
ヴォルケイン改
キングゲイナー
デスティニーガンダム
テムジンtype a8
エルドラソウル/グフイグナイテッド(イザーク)
レヴリアス/セルケリウス
ガイキング/キルジャガー
テムジン747J/セリウスⅡ
アファームド・ザ・ハッター/マークドライ
ゴーダンナー/ゴーオクサー
レインボージャークウインド/ランスタッグブレイク
バルキング/ストライクノワール
ムラサメライガー/スペリオルスティンガー
バイオヴォルケーノ/クラブバンカー
マークジーベン/スターゲイザー
鋼鉄ジーグ/ビッグシューター(新)
磁偉倶/ビッグシューター(旧)
ダンガイオー/ビルドエンジェル
ライキング/マジンガーZ(さやか)
マークザイン/ドムトルーパー


今回は全体的に低レベルで終わった気がする。
終盤入っても大体40~45程度だったし、
ほとんどのキャラが精神コマンドを最後まで覚えなかった。

今作最大の不満点がキングゲイナー、ガン×ソード、
ゾイドジェネシス、ゴーダンナーと
新規参戦を含む多くが宇宙適性Bなこと!!

はっきり言って適性Bじゃ使い物になりません。
しかも一番肝心な終盤戦が宇宙メイン……
せっかく大勢の新ユニットが入っても、いつも通りMS頼みでは興醒めですね。
今作ほどスラスターモジュールが欲しいと思ったシリーズは無い。


好きな戦闘アニメベスト3

1位 ダン・オブ・サーズデイ(ヴァン)/神は裁き

最終話の攻撃を完全に再現!

2位 ゼナディーエ(ガズム)/ミッドナイト・コフィン

棺桶に相手を閉じ込め、自らも鎌を持って追撃する。実に私好み。

3位 ダリア・オブ・ウェンズデイ(ファサリナ)/三節棍

脅威のカットイン三枚

4位 エルドラソウル(ネロ)/ダンガンボンバディーロ
5位 鋼鉄ジーグ(剣児)/鋼鉄神ジーグ



やはりスパロボは面白い。連続して出ただけに
準備期間は長くなりそうですが、新作を楽しみにしています。
2周目は……序盤がずっと共通ルートなので正直つらい。
分岐前は全部セーブデータ取ってあるので、分岐ルートをやって終わりにするかな。


面白かったらクリックお願いします

にほんブログ村 ゲームブログへ
スポンサーサイト



コメント


こんにちは。最近はPSPのスパロボAやってるkai-ryuです。ダイモス無双やってます。

>鉄壁を毎ターン使う敵
・・・エグくないですか、それ。僕なら絶対投げてるなぁ・・・。
鉄壁ってたまにルール変わるんですよね・・・「1ターンの間装甲2倍」か「1ターンの間被ダメージ4分の1」とか。今回はどんななんですか?

>宇宙適性B
その感覚分かりますね・・・アルファ外伝でHiニューのフィンファンネルが地上Bだったことを思い出します。
弱かったこと弱かったこと・・・。

今回は参戦作品が「若手」ばっかですね。ほとんど見ない顔ぶれ・・・。
僕が分かるのはSEEDとダンガイオーかな。
ゲッターやマジンガーも最近のスパロボでは新訳からの参戦だし。

ファフナーとかSEEDとか、キャラ作画の平井さんが儲かりそうだw

ダブルオーの参戦はファンの望むところだろうし、そうなると声優がらみでアムロもろともUCガンダムも復活しそう。
「小さい」機体はギアスでダンバインの代替が効くし。
据え置き機でダンクーガだしてほしいなぁ・・・。
PS3への転換期ではあるし、次回作はXBOXとPS3かな。

これからはどう変わっていくのか楽しみですね。

kai-ryuさんコメントありがとうございます。

> ・・・エグくないですか、それ。僕なら絶対投げてるなぁ・・・。
> 鉄壁ってたまにルール変わるんですよね・・・「1ターンの間装甲2倍」か「1ターンの間被ダメージ4分の1」とか。今回はどんななんですか?

今回はダメージは4分の1ですね~
さすがにバグかな、と思ったけど仕方ないので粘り強く攻めたら倒せました。


> その感覚分かりますね・・・アルファ外伝でHiニューのフィンファンネルが地上Bだったことを思い出します。
> 弱かったこと弱かったこと・・・。

私は第二次αでキュベレイMkⅡが空中適性Bだと気づかず、
ずっと弱くて苦労した記憶がありますw


> 今回は参戦作品が「若手」ばっかですね。ほとんど見ない顔ぶれ・・・。
> 僕が分かるのはSEEDとダンガイオーかな。
> ゲッターやマジンガーも最近のスパロボでは新訳からの参戦だし。

私は作品がわからなくてもいいんですよ。
むしろ新しい作品を知ることが最大の収穫だから。


> ファフナーとかSEEDとか、キャラ作画の平井さんが儲かりそうだw

スウェン達と道生、カノンが一緒に出てきた時は同じ種のキャラかと思ったw

ちなみにゴーダンナーとガン×ソードのキャラ作画は
ギアスやガオガイガーの木村貴宏氏なのでこちらも二作品やってますね。


> ダブルオーの参戦はファンの望むところだろうし、そうなると声優がらみでアムロもろともUCガンダムも復活しそう。
> 「小さい」機体はギアスでダンバインの代替が効くし。
> 据え置き機でダンクーガだしてほしいなぁ・・・。
> PS3への転換期ではあるし、次回作はXBOXとPS3かな。
>
> これからはどう変わっていくのか楽しみですね。

小さい機体は今なら鋼鉄ジーグ、キングゲイナー、フルメタル・パニック!、テッカマンブレードなどがいますね。
私は何であろうと常に新規参戦を出し続けてくれれば問題ありませんねぇ。
PS2とDS以外は正直勘弁……
スパロボのためだけに新ハードを買うのはさすがにキツイw

魂を使えば9万8千ダメージ

 魂を使えばジーグの合体攻撃"鋼鉄神ジーグ"でル=コボルに98000ダメージを与える事ができました。いやもうなんか…ラスボスなのにル=コボルが可哀想に見えましたよ…これで脱力で限界まで気力を落とした状態で魂×合体攻撃"鋼鉄神ジーグ"を使ったら6ケタ台ダメージにいくんですかね?それとも99999ダメージ以上は与えられないのかな?4周目で実証してみる予定です。
あと、スパロボKの真の主人公はカガリは納得です…アニメやスパロボZのハブ扱いが嘘のように活躍しまくりでしたね。サコン先生もヴァンの脅しwにあったり丸焼き料理を食べさせられたりしましたがスパロボKでは最大の功労者ですね…ほんと裏の主人公でした。そして私的にスパロボKの真のヒロインはガイキングのルルですね。ガイキングルートもそうですか。艦長を引き継いだルルには戦闘面でもだいぶお世話になりました

翔兄さんコメントありがとうございます。

>  魂を使えばジーグの合体攻撃"鋼鉄神ジーグ"でル=コボルに98000ダメージを与える事ができました。いやもうなんか…ラスボスなのにル=コボルが可哀想に見えましたよ…これで脱力で限界まで気力を落とした状態で魂×合体攻撃"鋼鉄神ジーグ"を使ったら6ケタ台ダメージにいくんですかね?それとも99999ダメージ以上は与えられないのかな?4周目で実証してみる予定です。

まじすか……あ~でもそれぐらいは行きそうですねぇ……
というか剣児魂覚えるんですね。
もう極限ダメージに挑んでくださいと言わんばかりの設定ですな……


> あと、スパロボKの真の主人公はカガリは納得です…アニメやスパロボZのハブ扱いが嘘のように活躍しまくりでしたね。サコン先生もヴァンの脅しwにあったり丸焼き料理を食べさせられたりしましたがスパロボKでは最大の功労者ですね…ほんと裏の主人公でした。そして私的にスパロボKの真のヒロインはガイキングのルルですね。ガイキングルートもそうですか。艦長を引き継いだルルには戦闘面でもだいぶお世話になりました

カガリ、何かすっかりみんなのリーダー格な扱いでしたね。
サコン先生はホント万能キャラですよ。
そういや脅す時もヴァンはサコン先生じゃなくてジョシュアを殴っていたなw

大空魔竜は今回かなり使えるユニットでしたねぇ……
弾切れになるぐらいドラゴンカッター使ってた。
終盤だと単独扱いが幸いしてコンボ使えますし。
ルルは最終的に主人公とくっつかないのがいいと思いますw

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://greensnake.blog70.fc2.com/tb.php/705-5cc234be