FC2ブログ

テイルズ オブ ジ アビス 第23話「悲しき決別」

ラルゴ

この時点で完全武装ですか

武器の形状も変わっています。


交渉は決裂
ラルゴが忠誠を捧げる相手はヴァン一人


ナタリア

ナタリアの父はバダックという名の傭兵
バダックは今新生ローレライ教団に
現在は黒獅子ラルゴと名乗っている


アニス

ナタリア2

ローレライの宝珠でプラネットストームを止められる
ラジエイトゲートでセブンスフォニムを込める
同時にアブソーブゲートにも手を打たなければならない
二手に分かれてラジエイトゲートとアブソーブゲートへ


ナタリア3

ティア

ティアとナタリア、同じ肉親を敵に回したもの同士の会話

兄の計画を知った時は、まるで物語のようだった、意味がわからなかった。
大体そんなものなのでしょうね。親しいゆえに現実感が沸かない。


ルーク、ガイ、ナタリアはラジエイトゲート
ジェイド、ティア、アニスはアブソーブゲート


モース

アブソーブゲートには、モースとイオンのレプリカが


ヴァン

ヴァン登場

ようやく形を保てるようになった


ヴァン2

あの後ヴァンはプラネットストームに呑み込まれ、
体を構成するフォニムは乖離していった
しかしユリアの譜歌を口にしたことで、
ユリアの契約と見なされローレライが反応した。
ローレライは分解したヴァンとシンクの体を再生した。

これがヴァンとシンク復活の真相か
ゲームで説明されたかどうか、もはや覚えてはいないが。


ヴァン3

ヴァンはまだ完全な状態ではないらしい。


ナタリア4

ラルゴ4


ラルゴ2

若ラルゴ、もといバダック

護衛の仕事を終えて家に帰ると、シルビアも赤ん坊もいない
妻は生まれたばかりの赤ん坊を奪われ、錯乱して自害した


ヴァン4

ラルゴ3

シルビアの死も星の記憶であるスコアで定められていた。
だから星の記憶を消すヴァンに賛同した。
スコアを禁じようとも、星の記憶通りの未来に進んでいく。
それでこそ自由な未来を生み出せる。


アニス2

アニス3

ジェイドのタービュランスに続いて、
アニスの秘奥義、十六夜天舞

二周目以降限定なので管理人はまだ見たこと無いです。


モース2

グランドクロス

体のでかいモースには打ってつけの譜術だな


モース3

モース死亡

最後までスコアに執着していた
最も彼が本当に執着してたのはスコアによって正しい未来が導かれるという自分の希望だろうが。

そういやモースはティアの元上司だったか。すっかり忘れていたね。


アニス4

フローリアン

イオンのレプリカを保護。命名はまた後ほど。


ラルゴ5

ラルゴ
「我々は、この世界は生まれ変わるべきだと考えた!
お前達はもう一度やり直すべきだと考えた!
結果は同じでも、違うのだ!!」



ガイの裂破旋風刃で火だるまに
むしろ炎属性はラルゴの秘奥義なんだけどw


ナタリア5

最後は、背中からオーラを纏った矢を射られて死亡
あっさり決着ついたな
これみよがしにナタリアに背中向けてたからわざと矢を受けたようにも見えるぜ

ゲームでもナタリア使って倒したけどね、もう何百回矢を撃ち込んだことか(ぉ
トドメにはアストラル・レイン使って欲しかったな
ラルゴも秘奥義紅蓮旋衝嵐使わなかったし


ラルゴ6

ラルゴ
「いい腕だ……
いいか坊主、敵に情けをかけるな。
生半可な想いでは、あいつは倒せぬぞ」



ラルゴ7

ラルゴ
「シルビアに似てきたな。さらばだ、メリル」


黒獅子ラルゴ死亡

六神将、残り三人


ナタリア6

ゲームじゃラルゴの次にギガントモースだったけど、
それじゃあ締まらないので同時進行にしてラルゴの方を後回しにしたのかな。

全体的にさくさくと片付けた印象
ナタリアVSラルゴはもっと派手派手にしても良かったと思うが。

最後まで自分の信念に殉じた男、ラルゴ
我が子への未練が全く無かったかというとそうでもないような……
あえてあやふやなままにして終わらせたようにも思える。
人間は死ぬ時まで迷い続ける生き物だしね。


面白かったらクリックお願いします

にほんブログ村 アニメブログへ
スポンサーサイト



コメント


いよいよ大詰め

>この時点で完全武装ですか
>武器の形状も変わっています。

デザインは完全武装の方が好みですな

>交渉は決裂
>ラルゴが忠誠を捧げる相手はヴァン一人

なんか武人って感じで良いですな

>ナタリアの父はバダックという名の傭兵
>バダックは今新生ローレライ教団に
>現在は黒獅子ラルゴと名乗っている

あんまり関係ないけれども
バーダックとか言うのがドラゴンボールでいませんでしたっけ??
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ホントに関係ないなwww

>ローレライの宝珠でプラネットストームを止められる
>ラジエイトゲートでセブンスフォニムを込める
>同時にアブソーブゲートにも手を打たなければならない
>二手に分かれてラジエイトゲートとアブソーブゲートへ

分断作戦なんてやったっけか?
かなりやってる筈なのに結構忘れてるなあ…思い出すためにまたやろうとは思わんけどもw

>ティアとナタリア、同じ肉親を敵に回したもの同士の会話

言われてみればそうだw

>兄の計画を知った時は、まるで物語のようだった、意味がわからなかった。
>大体そんなものなのでしょうね。親しいゆえに現実感が沸かない。

そりゃあ何言ってんのよってなりますわなあ

>アブソーブゲートには、モースとイオンのレプリカが

そう言えばいましたねえ


>あの後ヴァンはプラネットストームに呑み込まれ、
>体を構成するフォニムは乖離していった
>しかしユリアの譜歌を口にしたことで、ユリアの契約と見なされローレライが反応した。
>ローレライは分解したヴァンとシンクの体を再生した。

なんか御都合主義一歩手前な話ですな

>これがヴァンとシンク復活の真相か
>ゲームで説明されたかどうか、もはや覚えてはいないが。

俺も覚えていませんwww

>ヴァンはまだ完全な状態ではないらしい。

ゲームではラストバトルの時ですらまだ不安定な所ありましたもんねえ


>若ラルゴ、もといバダック
>護衛の仕事を終えて家に帰ると、シルビアも赤ん坊もいない
>妻は生まれたばかりの赤ん坊を奪われ、錯乱して自害した

そんな事されたらおかしくなりたくもなるわなあ

>シルビアの死も星の記憶であるスコアで定められていた。
>だから星の記憶を消すヴァンに賛同した。
>スコアを禁じようとも、星の記憶通りの未来に進んでいく。
>それでこそ自由な未来を生み出せる。

絶望的な未来を変えたいと言う意味では思いっきり主人公してるんですがね
手段に問題があったため主人公にはなれませんでしたwww

>ジェイドのタービュランスに続いて、
>アニスの秘奥義、十六夜天舞

>二周目以降限定なので管理人はまだ見たこと無いです。

コレって確か殺劇舞荒拳の後に入れるやつでしたっけね
トクナガのカットインが入るあれですな

>モース死亡

>最後までスコアに執着していた
>最も彼が本当に執着してたのはスコアによって
>正しい未来が導かれるという自分の希望だろうが。

カンペに慣れるとそれ無しではなんにも出来なくなりますからね

>そういやモースはティアの元上司だったか。すっかり忘れていたね。

それどころかそれなりの地位に居ることすら忘れてました

>イオンのレプリカを保護。命名はまた後ほど。

イタリアにある最も古い喫茶店と同じ名前ですね

>ラルゴ
>「我々は、この世界は生まれ変わるべきだと考えた!
>お前達はもう一度やり直すべきだと考えた!結果は同じでも、違うのだ!!」

正しく友達になれたかもしれない敵ですな

>最後は、背中からオーラを纏った矢を射られて死亡
>あっさり決着ついたな
>これみよがしにナタリアに背中向けてたからわざと矢を受けたようにも見えるぜ

そんな事言われたらそういう風に見えちゃうじゃないですかwww

>ゲームでもナタリア使って倒したけどね、もう何百回矢を撃ち込んだことか(ぉ
>トドメにはアストラル・レイン使って欲しかったな
>ラルゴも秘奥義紅蓮旋衝嵐使わなかったし

あのアクション好きだったんですけどねえ

>ラルゴ
>「いい腕だ……いいか坊主、敵に情けをかけるな。
>生半可な想いでは、あいつは倒せぬぞ」

死ぬ間際にアドバイスって………・……カッコいいじゃないのさ

>ラルゴ
>「シルビアに似てきたな。さらばだ、メリル」

そう言えばそんな名前でしたな

>黒獅子ラルゴ死亡

正しく漢の最期って感じでしたなあ

>六神将、残り三人

二人じゃないの?って思ってましたがアッシュが入ってるのね

>ゲームじゃラルゴの次にギガントモースだったけど、
>それじゃあ締まらないので同時進行にしてラルゴの方を後回しにしたのかな。

まあ、ギガントモースはとっとと消しても問題なかったですしね

>全体的にさくさくと片付けた印象
>ナタリアVSラルゴはもっと派手派手にしても良かったと思うが。

弓であんまり派手にっていうのも難しかもしれません
撃つしか出来ないでしょうし

>最後まで自分の信念に殉じた男、ラルゴ
>我が子への未練が全く無かったかというとそうでもないような……

そりゃあ我が子と暮らす位の夢は持ってたんじゃなかろうかと

>あえてあやふやなままにして終わらせたようにも思える。
>人間は死ぬ時まで迷い続ける生き物だしね。

名言ですな

Lapis lazuliさんコメントありがとうございます。


> なんか武人って感じで良いですな

忠誠や忠義ってのは普遍の価値観であるよね。


> あんまり関係ないけれども
> バーダックとか言うのがドラゴンボールでいませんでしたっけ??
> ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ホントに関係ないなwww

いますよ。孫悟空ことカカロットの父親でしょう。
バーダックってのは確かごぼうって意味だったはず。


> 分断作戦なんてやったっけか?
> かなりやってる筈なのに結構忘れてるなあ…思い出すためにまたやろうとは思わんけどもw

ゲームじゃ順番に攻略していったような気がする。


> なんか御都合主義一歩手前な話ですな

ま、あのまま自力で這い上がったよりはマシかとw


> 絶望的な未来を変えたいと言う意味では思いっきり主人公してるんですがね
> 手段に問題があったため主人公にはなれませんでしたwww

敵方にもしっかりした信念があるのが今作のいいところですね。


> コレって確か殺劇舞荒拳の後に入れるやつでしたっけね
> トクナガのカットインが入るあれですな

まぁ攻略本でしか見たことないですがw


> カンペに慣れるとそれ無しではなんにも出来なくなりますからね

しかしそれがこの世界の住人にとってはごく当たり前だったわけで……


> そんな事言われたらそういう風に見えちゃうじゃないですかwww

これだから三対一のバトルは難しい。
どうしても不要な味方キャラが出てくる。


> 死ぬ間際にアドバイスって………・……カッコいいじゃないのさ

何気にヴァンの株も上げてますねw


> 二人じゃないの?って思ってましたがアッシュが入ってるのね

一応物語からの退場によってカウントしているから。


> 弓であんまり派手にっていうのも難しかもしれません
> 撃つしか出来ないでしょうし

まぁ例を述べると、一撃死のラルゴの斧を
神速のフリーランで避けまくりながら矢を連射。
それを全て叩き落とすラルゴ。
最後はアストラルレインと紅蓮旋衝嵐で決着……とまぁこんな感じ。
ルークとガイは、雑魚敵の相手とか(ぉ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://greensnake.blog70.fc2.com/tb.php/665-223f4bc1

「テイルズオブジアビス」第23話

 #23「悲しき決別」プラネットストームの防御壁で無敵のエルドラントにモースが興した新生ローレライ教団。その使者としてキムラスカ王国へ最後通告に現れるラルゴ。ルーク達は、ラルゴと関わるナタリアの重大な秘密を知ることになる・・・。己の信念に従うのみ!新生...

テイルズ オブ ジ アビス#23「悲しき決別」感想

エルドラントを攻略するにはプラネットストームの流れを止めなければ!新生ローレライ教団の使者としてやってきたのはラルゴ!「悲しき決別」あらすじは公式からです。プラネットストームの防御壁で無敵のエルドラントにモースが興した新生ローレライ教団。その使者として...

テイルズオブジアビス 第23話「悲しき決別」

新生ローレライ教団の使者として、キムラスカに返答を求めに訪れたラルゴ。インゴベルト陛下の答えは勿論NO。ただし、領土と民が侵されるのなら報復するとの事。ラルゴとインゴベルト陛下の掛け合いがなんかよかった。流石親父組☆後、互いにナタリアの父という事もあって...

アニメ「テイルズ オブ ジ アビス」第23話の感想

アニメ「テイルズ オブ ジ アビス」第23話の感想です。 避けられぬ父と娘の戦い! by0時 ※原作プレイしてる為、若干ネタバレを含みま...

テイルズ オブ ジ アビス 第23話「悲しき決別」

譲れない信念。

アニメ「テイルズ オブ ジ アビス」 第23話 悲しき決別

テイルズオブジアビス 3 (3) (電撃コミックス)(2007/08/27)玲衣バンダイナムコゲームス商品詳細を見る ……無理するな。 「テイルズ オブ ジ アビス...

テイルズ オブ ジ アビス 第23話『悲しき決別』

テイルズシリーズは一度も手を出してないのですが、 敵陣営を魅力的に描き出せるってスゴイな~と思いますね。 それがシリーズ全体のことなのか、アビスに限ったことかは分かりませんけど。 そんな訳でラルゴー(泣)!となったテイルズ オブ ジ アビス 第23話。 テイル

テイルズ オブ ジ アビス 第23話 『悲しき決別』 感想

テイルズ オブ ジ アビス 第23話 『悲しき決別』より感想です。 ナタリアの悲しい戦いの結末・・・。

テイルズ オブ ジ アビス 第23話 「悲しき決別」

悲しき対決、親と子の戦い…。 って言うとルークとアナキン(ダースベイダー)を連想してしまいます(^^; それは別の作品だし(笑) 対...

テイルズオブジアビス 第23話「悲しき決別」 感想。

ぬあー、いちいち心に響くなぁ

【Tales of the abyss】第23話 ~悲しき決別~

「シルビアに似てきたな」 「さらばだメリル」 「おとうさま」 どの段階でバダックはメリルと認識していたのだろうか?若い頃のラルゴ(バ...

テイルズ オブ ジ アビス第23話 「悲しき決別」

アニメテイルズ オブ ジ アビス ゲーム未プレイ 発言者:→宵里、→春女です。

テイルズ オブ ジ アビス 第23話

第23話はナタリアが自分の父親のことを知るお話でした。 知ってすぐに決着と別れの時がやってくるというのは辛いものがあると思います。 その決着をつけたのが娘である自分の手、ナタリアは強いですね・・・。 新生ローレライ教団からの使者は誰かと思ったら、やっ...