FC2ブログ

Fate/Grand Order 地獄界曼荼羅 平安京

300石(110連)でリンボ引けました。
その間に引いた星4鯖は既に持っている剣ディルのみと中々のドブでした。

スキルで最大NP80%チャージできるので四騎のみの周回では便利。

難易度が高すぎる自覚があったのか今回から三日令呪に相当するアイテム霊脈石が登場。
お陰でストレスなく、コンティニューで三日待つこともなく早めにクリアできましたね。

十二単の紫式部と清少納言をワイド画面で何度も見られたのが良かったです。
式部はもう持っているが清少納言も引きたくなってきた。
バベッジ平安京参戦記念で強化入ったけどそれよりNPチャージが欲しかったわ。

渡辺綱、防バフがえげつなさすぎて弓のバスターでもダメージ0、
宝具でしかダメージ与えられない。ここで最初に霊脈石使ったっけ。

前半は天覧武者とキャスターの聖杯戦争が描かれますが
後半から蘆屋道満率いる八将神が主な敵となり、
民衆(たみ)を守ろうとする検非違使や源氏武者の皆さんがバンバン殺されます。

黄幡神・蘆屋道満
歳殺神・俵藤太
豹尾神・鈴鹿御前
歳刑神・平景清
歳破神・大土蜘蛛・玖賀耳之御笠
太歳神・伊吹童子
大将軍・イツパパロトル
太陰神・チェルノボーグ


宝具の詠唱の溜めを狙って倒す粋も雅も解さない平安武者w
戦闘面は宝具を使った後しかまともにダメージを与えられないというそれはちょっと違うのではという仕様だった。

俵藤太、開始前はツイッターで強すぎるから出てこないとか言われていたが普通に出てきたな。
まぁ、fateでは米を無限に生み出せるドリフターズの黒王みたいな宝具がヤバいのだが。
鈴鹿御前、宝具は「斬奸発破天鬼雨」になってる。
アーケードの方では黒ギャルサンタが実装されて本家の方はリンボかよとか言われていたな。

アヴェンジャー平景清、敵アヴェンジャー戦はムーンキャンサーのアタッカーを揃えるのが大変。
以前はサポート欄に自然にBBが出回っていたのにエクストラクラスの増大でほぼ見かけなくなった。
現時点ではまだ実装されてないが、星5実装は時間の問題でしょう。
衣装も豪華だし、牛若丸はまだ星5がいないし。

伊吹童子、2ブレイクまでに残っていた無敵の数に応じてHPが上がる。
HP140万までになったけどこっちの宝具威力も上がっていたので
そのまま霊脈石一個でクリアできました。
草薙の太刀は意外とダメージ低いのでアーチャーならそのまま受けて生存できるケースもある。

ラスボスの羅刹王・髑髏烏帽子蘆屋道満、
熊野のマスタースキルが強いこともあって割と楽に勝てたような気がする。

蘆屋道満は平安京クリア後に霊基再臨クエストをクリアすると
これがやたら難しく、取り巻きを倒さないと防バフが切れない仕様で
ここで三日令呪切らされたよ……

坂田金時が役どころも性格も主人公らしい快男児で、
戦う理由が分からないところから始まり
最後は力なき民を守るために戦うところまで行きつく彼の成長物語も描かれてました。
なお、遠目だとDIOに見える。
ほぼ毎回サポートとして登場するが、礼装で初期NP50%、
動物会話で即宝具が撃てるなどバーサーカーゆえに相手も選ばない歴代最優のサポートだった
スポンサーサイト



コメント


お久しぶりです

いやぁリンボのクライマックスには笑ったというか
真顔になったというか毒気を抜かれたというか
ビーストになれない理由がカルデアのせいでも晴明のせいでもなく
リンボ自身にあったのはもうある種の感極まるものがありました。

下総で散々他人の宿業を操ってきたものが
自分自身の宿業が両断する価値すら無かったというオチ
武蔵ちゃんがいなくても納得のストーリーの出来でこの上なくスカッとしました。

他にもサーヴァントで戦闘能力得てる紫式部と清少納言のコンビがストーリーでは直接戦えないというのは今までの話と差別化出来てて大変気に入った点です。

金時はDIO派とシーザー派に分かれてましたね意見が。
綱戦が自分も霊脈石を切り伊吹童子は
オリオン・アルテミス夫妻とかで何とかしました
途中何戦かは忘れましたが卑弥呼とアルトリアキャスターの
粛清防御増やす宝具チェインで乗り切った記憶も

とりあえずはこの辺りで今年もそろそろ終わりですね。
良いお年を

追伸 Twitterの方では麒麟の感想を結構楽しみに拝見しています

Re: お久しぶりです

お久しぶりです。
ブログの方はほぼ止まっていたのにコメントくださりどうもありがとうございます。


> いやぁリンボのクライマックスには笑ったというか
> 真顔になったというか毒気を抜かれたというか
> ビーストになれない理由がカルデアのせいでも晴明のせいでもなく
> リンボ自身にあったのはもうある種の感極まるものがありました。
>
> 下総で散々他人の宿業を操ってきたものが
> 自分自身の宿業が両断する価値すら無かったというオチ
> 武蔵ちゃんがいなくても納得のストーリーの出来でこの上なくスカッとしました。

人類悪になるのは人類への愛がないとダメってやつだったか
第2部はたとえ勝っても異聞帯を犠牲にするのが前提の戦いばかりなので
心置きなく倒せる巨悪というのは間をつなぐのにちょうどよかったです。


> 他にもサーヴァントで戦闘能力得てる紫式部と清少納言のコンビがストーリーでは直接戦えないというのは今までの話と差別化出来てて大変気に入った点です。

生身の人間なので術は使えても戦闘はできないというバランスでしたな。


> 金時はDIO派とシーザー派に分かれてましたね意見が。
> 綱戦が自分も霊脈石を切り伊吹童子は
> オリオン・アルテミス夫妻とかで何とかしました
> 途中何戦かは忘れましたが卑弥呼とアルトリアキャスターの
> 粛清防御増やす宝具チェインで乗り切った記憶も

金に緑が入っているから真っ先にDIOを思い浮かべましたね。
伊吹童子、HP7桁の絶望半端ないがごり押しすれば何とかなる。


> とりあえずはこの辺りで今年もそろそろ終わりですね。
> 良いお年を


> 追伸 Twitterの方では麒麟の感想を結構楽しみに拝見しています

麒麟がくる!おもしろいですよね!
Twitterの感想が面白くて直後に見るためにリアルタイムで視聴していましたが
実際大変面白く、すっかり今年のトップコンテンツの一角になりましたね。
斬新な解釈を加えた戦国武将たち、
役者の演技とそれを引き立てるストーリーと演出が素晴らしく
また多くの創作ではあまり顧みられない、
「室町幕府の側から見た織田信長の覇道」というのが新鮮で、
毎回新しい発見を得られてます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://greensnake.blog70.fc2.com/tb.php/5228-1f644279