FC2ブログ

勇者警察ジェイデッカー

バンダイチャンネルで全話見ました。
感動した……

ジェイデッカーの魅力はロボット刑事一人一人にキャラが立っていることで、
エピソードも各メンバーを順番に主役に据えた戦隊ヒーローっぽいものになっている。

初期メンバーのマクレーン、ダンプソン、パワージョーがそれぞれキャラ立っているし、
始めてビルドタイガーに合体しようとして失敗し、そのまま次の回に続く完全に度肝を抜かれた。
その後彼らなりのやり方で合体可能になる流れも良い。
シャドウ丸なんか初登場回で共に訓練してきた同型機のカゲロウと望まぬ戦いを強いられますからね。

ジェイデッカー、殉職したデッカードが4話ぐらいかけて復活する話感動したんだが、その直後に合体したら超AIが消滅する!なんて予告が出てあまりにも友永勇太小学4年生のメンタルを痛めつけ過ぎだと思った。
終盤は首を絞められて殺されかけたり、二度も自宅を敵に襲撃されたり、かなりハードな目に遭っている。

「なぜ、お腹に虎の顔が!?」
「カッコいいからだ!!」

冴島十三警視総監が濃いキャラで友永勇太小学4年生をブレイブポリスに命じたり、
なんとなくで友永勇太小学4年生に女装させて女子校に潜入させたりする。
副総監もかなりいいキャラしていて、序盤こそ何かと嫌味言っていたけど
それ以降は割と落ち着き、総監とコミカルなやり取りをしたり
狙撃部隊を編成して友永勇太の危機を救ったりする。
創作で狙撃部隊が役に立ったのとても珍しい気がする……

勇太とダンプソンがロボット格闘試合に潜入する話がかなりのカオスで、
裸の男たちがずらりと拘束されているシーンがインパクトあった。

最終話で印象に残ったのが敵ロボのチーフテンで、終盤ブラックチーフテンとなって量産化されるんだけど
こいつ(ら)量産化された後の方がキャラが立っているという珍しいケースで
チンピラ集団風に相手をはやし立てたり、
「パリは燃えているか!」とか襲撃する国にちなんだ台詞を言ったり、
改心した後の死に際に「お前をボスと呼びたかった」とか長々と感動的な台詞が用意されていたり、
最終話ではちょっと渋い役回りを見せたりする。

レジーナが開発に携わったロンドンのブレイブポリス、
敵に操られ、公開中継で同士討ちさせられて死ぬという悲惨な末路だった。
ブラックチーフテンたちにはやし立てられてるのが更に邪悪。

ラスト2話前、フォルツォイク親子のハーメルンシステムに操られないために
デッカード以外のブレイブポリスを機能停止させるシーンがあって、
ここだけは大昔に見たのを覚えていた。
これまで結びつきの強かった人間たちとお別れを言うのが感動できる。
専属ヒロインがいるマクレーン、ダンプソン、
子供たちと仲の良いパワージョーはともかく
それ以外のメンバーはそこまで交流のないメンバーが当てられていた。

ラスト1話前は勇太とジェイデッカーだけという絶望的な状況から
一気に逆転から決着まで持っていく展開が熱い。
デッカードの超AIが更に進化して、精神生命体にまで昇華するが、
人類も同じプロセスで進化したことが明かされる。

そして最終話。人類を精神浄化しようとするハイジャス人と話し合ってお引き取り願いw
精神浄化を受けた別の星を救うためにデッカードが一人向かうことになり勇太とお別れ、
そして生きていたフォルツォイク親子に勇太が撃たれるところまで、
終始どんでん返しの連打で圧倒されました。
タイトルの「さよならボス」をデッカードとノイバーの二人が言うのが面白い、

ロボットは破壊するけどあくまで逮捕が目的であり、
必殺技バンクもほとんど使われないのが特徴。
バトルよりドラマに重点を置いている印象があった。


面白かったらクリックお願いします

にほんブログ村 アニメブログへ
スポンサーサイト



コメント


ジェイデッカーは、私も去年程にようやく全話視聴できました。
感想は、同じく感動すると同時に、これが20年以上前の作品で、尚且つ子供向けのロボットアニメ…正直、内容は最早子供向けを越えていて、驚愕の一言です。
特に超AIを軸にした物語は、見ていて引き込まれました。
脚本の質の高さは、最早オーパーツと言っていいかもしれません(笑)
マイトガインと同じく、BD-BOXが出たら欲しい位の作品です。
特に印象に残っているエピソードは…ダンプソンとドリルボーイが殉職(?)しかけた、ブレイブポリスの健康診断でのドタバタコメディですw
後、バルタン星人とメトロン星人が合体したような宇宙人が宇宙艦隊で攻めてくるエピソードがありましたが…星間戦争に割り込める、日本警察の権限が凄いの一言です(笑)

●副総監もかなりいいキャラ>
確かにイヤミは仰る方ですが、勇太を警察官にする事に対して、現実的な視点からツッコミを入れてくれる、貴重な方でした。
尚且つ、総監ともキチンと信頼関係が築かれている点も良かったです。

●フォルツォイク親子>
勇太たちが相対する最大最後の最強の犯罪者であり、ぽっと出と言うわけでもなく、フォルツォイクという存在自体は、『フォルツォイクロン』という単語として、劇中で何度も出ておりさり気無く伏線が貼られていましたね。
しでかした事は、かなりやばくデカいのですが…これまでの境遇を考えると、あの退場の仕方の方が無難ですかね。

●人類を精神浄化しようとするハイジャス人>
ウルトラシリーズから見たら、これは立派に『侵略』ですよね…。
ウルトラシリーズにおける宇宙警備隊に相当する組織なのでしょうけれども、自分たちの一方的な価値基準で惑星全体の価値を図り、一方的に処置を施す…特に制裁もなく退場し、ある意味でフォルツォイク親子よりも質が悪い『宇宙の犯罪者』という印象を受けました。

●ロボットは破壊するけどあくまで逮捕>
超AI搭載型ロボの超AIも破壊せずに、超AIを処罰できる法が出来るまで保管するスタンスを取っていましたしね。
後、犯罪者に対する人権を描いているエピソードもあり、唸らされました。

Re: タイトルなし

> ジェイデッカーは、私も去年程にようやく全話視聴できました。
> 感想は、同じく感動すると同時に、これが20年以上前の作品で、尚且つ子供向けのロボットアニメ…正直、内容は最早子供向けを越えていて、驚愕の一言です。
> 特に超AIを軸にした物語は、見ていて引き込まれました。
> 脚本の質の高さは、最早オーパーツと言っていいかもしれません(笑)
> マイトガインと同じく、BD-BOXが出たら欲しい位の作品です。

やっぱり私の知る人に感想聴いてみても評価高いですね。
ブレイブポリス一人一人に人間でないゆえの悩みを用意して
じっくり掘り下げていくのすげえと思いながら毎回見ていました。


> 特に印象に残っているエピソードは…ダンプソンとドリルボーイが殉職(?)しかけた、ブレイブポリスの健康診断でのドタバタコメディですw

あの小さいボディに移される奴ですね。


> 後、バルタン星人とメトロン星人が合体したような宇宙人が宇宙艦隊で攻めてくるエピソードがありましたが…星間戦争に割り込める、日本警察の権限が凄いの一言です(笑)

勇者シリーズではこれまでもこれからも宇宙人がわんさこ攻めてきますが
ジェイデッカーではこれまで地球の犯罪者ばかりを
相手にしてきたので割と唐突感がありましたw
この話自体最終話のための伏線だったのだけれども。

頭が丸くて嘴もあるのでガッツ星人がモチーフではなかろうか。


> ●副総監もかなりいいキャラ>
> 確かにイヤミは仰る方ですが、勇太を警察官にする事に対して、現実的な視点からツッコミを入れてくれる、貴重な方でした。
> 尚且つ、総監ともキチンと信頼関係が築かれている点も良かったです。

序盤は怪事件のせいで総監とコミカルなやり取りをすることもありましたね。


> ●フォルツォイク親子>
> 勇太たちが相対する最大最後の最強の犯罪者であり、ぽっと出と言うわけでもなく、フォルツォイクという存在自体は、『フォルツォイクロン』という単語として、劇中で何度も出ておりさり気無く伏線が貼られていましたね。
> しでかした事は、かなりやばくデカいのですが…これまでの境遇を考えると、あの退場の仕方の方が無難ですかね。

ビデオ屋で見たパッケージで異様に美形だったのは覚えていたw
やりたい放題やって世界に天文学的被害をもたらしておいて
大好きな母さん/息子といつまでも一緒とかやり切った感がすごい。


> ●人類を精神浄化しようとするハイジャス人>
> ウルトラシリーズから見たら、これは立派に『侵略』ですよね…。
> ウルトラシリーズにおける宇宙警備隊に相当する組織なのでしょうけれども、自分たちの一方的な価値基準で惑星全体の価値を図り、一方的に処置を施す…特に制裁もなく退場し、ある意味でフォルツォイク親子よりも質が悪い『宇宙の犯罪者』という印象を受けました。

100%善意でやっているので、
現地住民の友永勇太がはっきりイヤだと言ったら
帰ってくれるのキャラが一貫していた感もある。
でもまたよその星で同じことするんだろうなと思うとモヤモヤが残りますね。

尺の都合もあったのだろうけど・・・
あったら宇宙全体の秩序を保つためとか言って更にゴネていたかもしれない。


> ●ロボットは破壊するけどあくまで逮捕>
> 超AI搭載型ロボの超AIも破壊せずに、超AIを処罰できる法が出来るまで保管するスタンスを取っていましたしね。
> 後、犯罪者に対する人権を描いているエピソードもあり、唸らされました。

無人ロボットは派手に破壊するためのちょうどいいサンドバックになりがちなのに
その辺作りが丁寧だなと思いました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://greensnake.blog70.fc2.com/tb.php/5188-775122c1