FC2ブログ

X-MEN ダーク・フェニックス

以下ネタバレ

ちょっと前にフューチャー&パストとアポカリプス見ました。
歴史改変してキャストが一新した新シリーズの最終章に当たるらしいです。
ほとんどが前作からの続投ということもあり、吹き替えは全員声優で安心です。

ジーンが宇宙で発生したフレアを吸収したことで暴走、
物理精神両面における最強のミュータントとなる。
その原因がチャールズの判断でギリギリまで宇宙船で粘ったことだったり、
またチャールズによって幼少期の記憶を操作されていて、
それが暴走を悪化させる原因になったり、
本作はチャールズがかつての過ちを悔やむ話にもなっている。

ずっと謎の女表記だった新キャラは、当初一般市民だったが
擬態のできる異星人、ヴークと入れ替わられる。
X-MEN、マグニートー一派、人間の軍隊、ジーンと異星人の
五つの勢力が入り乱れる戦いが勃発する。

暴走したジーンの手にかかりミスティーク死亡。
ミュータントたちの先輩ポジションという、
いかにも死にそうだったけど生き延びたキャラが
やっぱり死んでしまった虚しさがあるな……

最後の最後でもブチ切れたマグニートーがチャールズの説得に応じないの様式美がある。

テレポート能力者が殺意を持って能力を使うの熱いな!!
肉体の一部だけをテレポート、壁の中にテレポート、超高高度にテレポートと
テレポートには必殺の戦法がいくつもあるが
今回は爆走する列車の正面にテレポートして
即座に離脱する列車戦ならではの殺し方だった。
マグニートーが最後尾の車両が敵だけになった時点で
車両ごと即座に圧壊させるのもいい。
ジーンは復活後に味方だけをバリアで守って
列車全体をねじ切る大技を披露し、異星人相手に無双する。
ジーンから宇宙のパワーを奪おうとしたヴークだが、
案の定容量オーバーで消滅。ジーンは宇宙へと飛んでいった。

ラストは引退したプロフェッサーXとマグニートーがカフェで会話するシーン。
前作アポカリプスでは「離れていても俺たちは友達だ」だったのが
「今度は俺がお前の居場所を作る番だ」とエリックが更にチャールズとの距離を詰めるシーンになっている。
最後空の上に小さくフェニックスが飛ぶシーンを映して、スタッフロール後の映像話で終わった。


面白かったらクリックお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト



コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://greensnake.blog70.fc2.com/tb.php/5181-d2b78b5c