FC2ブログ

嘘喰い


週刊ヤングジャンプ連載。
知力と暴力が入り混じったギャンブル漫画だが
とにかくわかりにくい。
初期と比べると画力は格段に向上したが
比例して読みにくさもパワーアップした感がある。
バトルシップ編が決着も意外性があって好きですね。
例えギャンブルで勝っても暴力でうやむやにされては意味がないという
観点から、知力だけでなく暴力が重視される。
強大な暴力を持つ個性豊かな立会人たちも魅力で
三鷹花さんは漫画界のかっこいい婆さんベストテンには入りそう。
現零號の切間達器、切間の血族らしいという謎の人物として登場したが、
意図的に若く描かれていたこともあり、
実は創一の親父だったというのは意外だった


スポンサーサイト



コメント


途中で飽きて連載追うのやめてたんですけど
ラスト近くのエアポーカーとハンカチ落としは面白くて毎週楽しみにしてました。

続き描けそうな感じで完結したのがちょっと残念でした

Re: タイトルなし

> 途中で飽きて連載追うのやめてたんですけど
> ラスト近くのエアポーカーとハンカチ落としは面白くて毎週楽しみにしてました。

ハンカチ落としは最後のトリックに驚かされましたね。
卍の勝負の取り決めをした時点で伏線は張ってあったけど
どう生かすのかは読めませんでした。


> 続き描けそうな感じで完結したのがちょっと残念でした

単行本でも恐らく特に加筆はなく「続きがありそうな感じ」で終わって一切説明はないですね。
いかにも「やるはずだった設定や展開を吐き出して終わる打ち切りマンガっぽい」けど
物語の核である貘と創一の因縁に決着はついているし、
アイデアルの背後にいる存在という伏線を回収して終わらせたかったのかなーと。
それにしてもマルコや立会人と超人が多い中、
主人公の貘さんが虚弱なのも伏線だったとは恐れ入りました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://greensnake.blog70.fc2.com/tb.php/5113-b67ef28f