FC2ブログ

SSSS.GRIDMAN 第12話「覚醒」

最終回。

裕太がグリッドマンとしての記憶を取り戻したことで
エージェント全員が出動し、特撮版のグリッドマンとなる。
何かアニメ版ニンジャスレイヤー最終回と同じ演出だな……

怪獣化したアカネとの戦闘は早々に終わり、
巨大化したアレクシス・ケリヴがラスボスとなる。

無限の命を持つアレクシス・ケリヴはグリッドマンを圧倒するが、
グリッドマンはフィクサービームで
アカネの心と世界を修復することで戦いは終わる。

六花「あたしはアカネと一緒にいたい。
どうかこの願いがずっと叶いませんように」


ラストはアカネと六花のゆりめいたシーンで終わる。
アカネの罪悪感をイメージさせるシーンで
踏み潰されたホットドッグが映って笑っちゃった。
バルタン星人をレギュラン星人と間違えた
チャラ男四人は別に死んでもよかった。
街だけだった世界は地球全土に広がって、住民たちもそのままで続いていく。

実写映像で、新条アカネらしき人物が起きたところで終わる。
タイトルの覚醒はこのことでもあるのかな。
結局あの六花とアカネのエンディング映像はなんだったのか、
アカネは何故世界を創ったのかは明かされないまま終わった。
んーもう考察あってもあんまり興味ないですね。

アカネがあっさり改心したので興味が失せてしまったな。
迫力あるアクションシーンと
顔のいい女二人の百合を見る番組ってことでいいのでは。
アカネの部屋の怪獣人形など
ウルトラマンのネタをふんだんに使えるのも魅力だったな。
特撮版を知っていればなるほどと思えるシーンが多くあったようだが、
見たことないので何とも言えないな。
バンダイチャンネルだと見放題じゃないんだよなぁ。

スパクロでアカネ怪獣実装まだですか?


面白かったらクリックお願いします

にほんブログ村 アニメブログへ
スポンサーサイト



コメント


今回のアニメ自体が、実は新作のプロローグだったと言うオチ。前作と違い舞台を電脳世界つまりコンピューターワールドにしグリッドマンと言う名前の宇宙人にアカネは救われ現実世界で、今度はその知識を生かし新しい仲間と新しいグリッドマンと、現実世界にいるもう一人のグリッドマンと共に戦う。新作アニメができればの話だが、ではまた来年。

Re: タイトルなし

> 今回のアニメ自体が、実は新作のプロローグだったと言うオチ。前作と違い舞台を電脳世界つまりコンピューターワールドにしグリッドマンと言う名前の宇宙人にアカネは救われ現実世界で、今度はその知識を生かし新しい仲間と新しいグリッドマンと、現実世界にいるもう一人のグリッドマンと共に戦う。新作アニメができればの話だが、ではまた来年。

描かれてない以上はそういう解釈もありかもね。
毎度コメントどうもありがとうございます、良いお年を~

3話で飽きて、一旦切って残りは後から一気見しましたが、
まあつまんねー話でしたね。
アクションも特撮をアニメでやるとあんなにショボいんだなと。
1話がワクワクしただけにガッカリの作品だった。

気の毒だがはっきり言う、ようつべで公開されたミュージックビデオで全てアカネの夢オチだった事が完璧に判明。監督曰くただの夢だから意味すら無いとの事。つまり全部忘れろと言う訳。

Re: タイトルなし

> 気の毒だがはっきり言う、ようつべで公開されたミュージックビデオで全てアカネの夢オチだった事が完璧に判明。監督曰くただの夢だから意味すら無いとの事。つまり全部忘れろと言う訳。

言われずともだんだん忘れかけてはいるが・・・w

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://greensnake.blog70.fc2.com/tb.php/5090-767822b6