FC2ブログ

キングレオの冒険/円居挽

以下ネタバレ

<あらすじ>
京都を舞台にスター探偵が駆ける!
京都の街で相次いで起きた殺人事件。
なぜかすべて、シャーロック・ホームズ譚を模していた。
解決に乗り出したのは、日本探偵公社の
若きスター・天親獅子丸と、助手の大河。
大河は獅子丸をモデルにした『キングレオ』シリーズの
スクリプトライターでもあった。
無関係に思われた事件を追っていくと、
謎の天才犯罪者の存在が浮かびあがってくる。
エスカレートする犯人の挑発。
獅子丸はついに、師である
老獪な名探偵と対決することに!



主人公で探偵役の天親獅子丸は美形で頭脳明晰、
七帝バリツの達人で大抵の相手は生身で制圧してしまう。

バリツが空手や柔道のように競技として
一般に広まっているの本作らしい世界観だ。

カバー絵の寄り添っている二人といい、
作中でも獅子丸と大河の絆を示唆する描写が多くあって、
この辺配慮が行き届いているなーと思いました。
ワトソンには嫁がいるけど大河の方は徹底して女の存在を排除しているし、
女にそっちの趣味だと勘違いされるシーンもあった。
作中世界だと絶対獅大の同人誌出まくってるだろう・・・

シャーロックノートで出てきた日本探偵公社の十格官(デカロゴス)
第一席 龍樹桜花
第二席 河原町義出臣
第三席 天親獅子丸
早くもトップ3が明かされたので4位以下はもう出ないのかなー。

シャーロックノートとは同一世界観だろうけど
ルヴォワールシリーズとは論語の設定が違うのでパラレルワールドなのかな?
ルヴォワールも読んだのだいぶ昔なのであまり覚えてないのだが…

最終話は論語の体の赤い痕を完全にあっちの意味に解釈していて、
見事作者のミスリードに引っかかりましたね。これは健全な男子なら必ず引っかかるでしょう。


面白かったらクリックお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://greensnake.blog70.fc2.com/tb.php/5047-26fffc0a

FC2Ad