FC2ブログ

グランブルーファンタジー 蒼空の向こう側

マナリア魔法学院シリーズ第二弾。

マナリアの生徒がヤンキー化してしまった。

最初情報を見た時は神撃のバハムートで恒例と化した
レルダ逢魔学園絡みの輸入イベントかと思いました。

エーチャン

ハンナ4

解読困難な言語を使うヤンキーや
彼らと対話するためにヤンキー語をマスターしたハンナ生徒会長が登場します。
出発(でっぱつ)ですわぁっ!


蓋を開けてみると新キャラのツバサや
グラブル産の炎獄先生エルモートとパーシヴァルが活躍する
オリジナルのシナリオになっていた。
ハンナ生徒会長のガチャ化はまだ先送りか。

ツバサ

!?

週刊少年マガジンだ!!
昔のマガジンの漫画にはこのマークが頻繁に出ていました。
一つの漫画ならその作者の作風で済むけど、
何故か複数の漫画に渡ってこういう演出が出ていて、一つのネタになっていました。
編集の方針だったのだろうけど本当謎な演出だった・・・
単語を“”でくくったり週刊少年マガジン不良漫画へのリスペクトがあふれたイベントでした。


エルモート

そういうネタ要素はあれども話の後半から一気にシリアスに。
相変わらずこの世界は胸糞悪い人間が多い・・・
ショウの罠で退学になりかけたツバサを庇うエルモート先生がかっこいい。


ショウ

ボスのショウは声が谷山紀章さんでやっぱこういう演技が一番好きですね。
性根も悪党なら直良しですがw
ショウ戦で新規BGMが使われていた。
ディエスイレぽくてかっこよかったがこれってショウ戦専用なのかな?
その後も使われたらショウのBGMとして定着しそう。

アンやグレア達にも少しだが出番があり、さすが予算があるゲームは違うなとw

パーシヴァルは本編ではあまり出番がなく、
報酬スキンのヤンキースタイルはルリアの妄想という扱いでした。

ビィ君と実はいい奴らだったツバサ達との交流が良かった。
スフラマール先生の生徒になったことはあったが、
こうやってビィ君だけで友達を作るの何か新鮮でした。


面白かったらクリックお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト



コメント


講師として招かれたエルモートは生徒達の尻拭いをさせられて大変そうでしたけど、教師には不向きだと否定しつつも楽しんでそうなところが良かったです

ショウ戦のBGMが新規だったのはすっかり忘れてましたw
また聴く機会があったら意識して覚えておこうと思います

ビィの行動は主人公に連なるものが多いですから、自身の意志で何かを為したのは珍しいように感じますね

Re: タイトルなし

> 講師として招かれたエルモートは生徒達の尻拭いをさせられて大変そうでしたけど、教師には不向きだと否定しつつも楽しんでそうなところが良かったです

エルモート絶対教師に向いているよ。ルシウス先生と違って魔法も使えるんだし!


> ショウ戦のBGMが新規だったのはすっかり忘れてましたw
> また聴く機会があったら意識して覚えておこうと思います

また使われることがあってもショウのBGMとして定着するのだろうな・・・


> ビィの行動は主人公に連なるものが多いですから、自身の意志で何かを為したのは珍しいように感じますね

そういうところが新鮮でしたねー。
不良漫画の王道?を守りつつ予想外の展開が詰まったイベントでした。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://greensnake.blog70.fc2.com/tb.php/5037-05101493