FC2ブログ

銀魂2 掟は破るためにこそある

実写劇場版第2弾。

以下ネタバレ

真選組動乱編と将軍接待編×2の三本立て。
膨大な話数から選んだエピソードだけあって
今回もシナリオがいい出来でした。

将軍様ゲームでブリーフ一丁になったり
それすらも取られて股間をモザイクで隠されたりする将軍様や
髷を切られ、髪を引っ張られてすごい顔になり、
とどめに犬の糞を乗っけられる将軍様の辺りは
客席からも爆笑が起こっていました。

銀時、新八、桂が女装するけど
皆さん普通に顔が良すぎるのでまるで二次元の人物のようだった。
実写でもカツラップやっていたw
もはや神楽がゲロを吐いても特に何も思わなくなっているw

原作では妖刀の呪いでオタクになっていた土方だが
本作では体に埋め込まれたチップのせいで変貌している。
パンフレットによると前作にも妖刀が出たので
被るのを避けるため設定を変えたらしい。

ヘタレオタクになった土方を矯正するために
源外がVRを使った治療を施すのですが
それが完全にエヴァンゲリオンのパロディで笑うw
トッシーをエヴァンゲリオンに乗せ、
神楽がゲンドウ、銀時がミサト、源外がアスカ、新八がレイに扮している。
安っぽいつくりのエヴァ初号機と使徒サキエルも登場している。
つい最近シンカリオンでエヴァパロディがあったのを思うとさらに笑えました。

そして一番ヤバそうなのがネコバスならぬアライグマバスw
オタクが孫悟空や剣心のコスプレをしていたりと
ジャンプというパロディの宝庫を後ろ盾に
持ちながらあえて他社のネタを使っていくスタイル!

終盤の展開にはオリジナル要素が加わり、
伊東が近藤暗殺に動いている間に
万斉は江戸で将軍の暗殺を狙う。
幕府の忍者たちと万斉がバトルするオリジナル戦闘も追加され、
ワイヤーを用いたアクションがかっこよかった。
見えないワイヤーを演出として使うことは多くとも
見えるワイヤーで魅せる演出は珍しい。

今回も衣装やセットの凝りようが素晴らしい。
銀時と万斉がバトルする天人の施設は原作にないものでよかった。
前作ではサブキャラ止まりだった真選組を今回はメインに据えて
俳優の演技をがっつり堪能できるようになっている。
近藤さん前作だと蜜を全身に塗りたくったり
空中戦艦から海に落ちたりしていたのと
同一人物とは思えないアツさ。
土方はトッシーもよくはまっていたというか
このためのキャスティングだったのでは思うほどw
沖田は反乱した真選組を切り捨てた後で
血をペロンと舐めるところが良かった。
実写だとバズーカの音とか爆発が迫力ありますね。


面白かったらクリックお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト



コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://greensnake.blog70.fc2.com/tb.php/5030-9510dc51