FC2ブログ

バイオーグ・トリニティ

最近完結しました。

漫画:大暮維人、原作:舞城王太郎のタッグの
SFバトル漫画であり恋愛漫画。

人類にバイオ・バグという穴が開き、
穴から吸い込んだものと融合できる病が蔓延している世界の物語。

主な敵となるバイオーグとは
人間が人間を吸い込むことで
一つの穴が塞がり二つの穴が増え、
理論上無限に穴を増やすことができる存在。
このようにバイオ・バグにまつわる設定を膨らませていき、
やがて世界の成り立ちや秘密につながっていく。

作画が大暮さんなのでとにかく絵がうまい。
キャラは美男美女揃いで、
物体と融合したバイオーグのデザインが実にスタイリッシュ。
キャラはマルボロさんと浦野委員長が好きだった。
おねえのラスボスってのも珍しい。
マルボロさん細谷佳正の声がすごく合いそう。
サラリーマン+日本刀の組み合わせは至高。

「世界は密室でできている」とか
舞城王太郎の小説タイトルが出るあたり
実際読んでいれば反応できたのだろうな。

終盤は世界の秘密や物語全体の謎を解き明かしつつ
ハンターと21星との全面戦争が描かれる派手な展開で
藤井が先手を打って敵に仕掛ける冒頭と
穂坂VSリゲルがアツかった。

面白かったらクリックお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト



コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://greensnake.blog70.fc2.com/tb.php/4962-bd3d96c9