FC2ブログ

宇宙戦隊キュウレンジャー

最初から9人編成、最終的に十二人に増えるという
毎週出るレギュラー戦隊の数では最大の戦隊でした(と思う)。

数が多いですが分散してミッションに当たったり、
母艦にある程度人数を残しておく必要があったり、
上手い具合に人数を調整する状況が作られていた。

数が多いから一人当たりの主役回は少ないけど
それぞれ因縁の相手がいて、その辺を掘り下げる濃い内容の話だった。
バランスとナーガの話よかった。

宇宙全体を舞台にしつつも
早々に序盤で地球に行っちゃったけど
結構別の惑星を舞台にした話も多かった。

ドン・アルマゲの憑依体だったクエルボさん、
自分が宇宙に名を残すためにツルギを庇ったとか
名誉欲とコンプレックスをこじらせた
私好みの「善から悪に堕ちたけど単純な洗脳ではなく
元々どこか歪んでいてそれ故に裏切った」という
良いキャラだったのに結構退場するのは早かったな。

スコルピオ兄さんもドン・アルマゲを倒して
自分が宇宙の支配者になる野望を持っているとか
好みの設定だったが存外あっさり退場したな。


面白かったらクリックお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

コメント


ジャークマターが蓋を開けてみればクエルボの誇大妄想を叶える下準備をするためだけの組織に過ぎなかったというどうしようもない代物でしたね。それは構成員が微妙な面子になる。実際強者感出ていたのイカーゲンさんだけだった気がします。
クエルボはあくまでツルギさんビジョンだったから良い人に見えていただけで実際は相当拗らせていた方だったわけですが、ツルギさんが不老不死で他人を理解しづらいのを差し引いても毛利さんの描く男の友情って拗れた方が多い気がするのは何故でしょう。

Re: タイトルなし

> ジャークマターが蓋を開けてみればクエルボの誇大妄想を叶える下準備をするためだけの組織に過ぎなかったというどうしようもない代物でしたね。それは構成員が微妙な面子になる。実際強者感出ていたのイカーゲンさんだけだった気がします。
> クエルボはあくまでツルギさんビジョンだったから良い人に見えていただけで実際は相当拗らせていた方だったわけですが、ツルギさんが不老不死で他人を理解しづらいのを差し引いても毛利さんの描く男の友情って拗れた方が多い気がするのは何故でしょう。

イカーゲン、双子座キュータマを連続使用して
分身を増やしまくる裏技で倒したのはよかったですw

後付けっぽくても(後付けではないのだろうけど)
こういう歪んだ信念で動くキャラは大好物ですw

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://greensnake.blog70.fc2.com/tb.php/4943-96251129

FC2Ad