HiGH & LOW THE MOVIE

漫画版は読んだことがある。
ドラマの方はシーズン1がレンタルビデオ屋になく、
準新作100円キャンペーンやっていたので映画の方を先に見た。

<あらすじ>
かつて、ムゲンという伝説のチームがこの一帯を支配していた。その圧倒的な勢力により、かえってその一帯は統率がとれていた。
ある事件をきっかけに突如ムゲンは解散し、雨宮兄弟も姿を消した。そして、その地区に5つの組織が頭角を現した。各チームの頭文字をとってSWORD地区と呼ばれ、そこにいるギャングたちはこう呼ばれている-G-SWORD。山王街二代目喧嘩屋「山王連合会」 誘惑の白き悪魔「WHITE RASCALS」 漆黒の凶悪高校「鬼邪高」 無慈悲なる街の亡霊「RUDE BOYS」 復讐の壊し屋一家「達磨一家」 この5つのチームによるプライドをかけた闘いがはじまろうとしている。

オリジナルの不良漫画の実写版みたいな話で
敵側のMIGHTY WARRIORSに
ネームドの幹部クラスがいるところとか漫画っぽい。
ヤクザのスカウトを受けるために留年が当たり前の鬼邪高校とか
不良漫画でもなかなか見ないトンデモ設定だ。

ドラマ版を見ていない人の配慮か
冒頭で立木文彦さんの声で世界観設定が語られるけど
そこも見どころも一つですね。

公権力が介入できないように警察はヤクザとずぶずぶの関係w
九十九に突っかかって返り討ちに合うヤクザに仮面ライダーレーザーがいた。
後ギャレンもいたな。

SWORD地区の五勢力が集結して敵に立ち向かう展開が熱い。
不良を満載したダンプカーとか
日向紀久がボンネットの上に寝転がってるとかキャッチーなシーンが多い。
SWORD連合軍100人とマイティ・ダウト連合軍500人が激突するのは圧巻。

ラストバトルは琥珀をコブラ、ヤマト、九十九が拳で説得するというもの。
三人がかりでも琥珀となんとか互角ぐらいだったので
され竜で例えるとコブラとヤマトが十三階梯で琥珀が踏破者級か。


面白かったらクリックお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://greensnake.blog70.fc2.com/tb.php/4887-56a44920

FC2Ad