探偵が早すぎる 上・下/井上真偽

ご主人様×メイド百合。

以下ネタバレ

<あらすじ>
父の死により莫大な遺産を相続した女子高生の一華。その遺産を狙い、一族は彼女を事故に見せかけ殺害しようと試みる。一華が唯一信頼する使用人の橋田は、命を救うためにある人物を雇った。
それは事件が起こる前にトリックを看破、犯人(未遂)を特定してしまう究極の探偵! 完全犯罪かと思われた計画はなぜ露見した!?
史上最速で事件を解決、探偵が「人を殺させない」ミステリ誕生!

事件が起こる前に犯人を特定するといえば、
JDCシリーズに登場するリバース推理のレムリア・サリバンを思い出す。
まぁレムリア・サリバンは実際に推理するシーンはなかったけど・・・

一華を狙う親族たちは個性派揃いだけども
話はきれいに完結しているので続きはないのかな。

終盤は矢継ぎ早に襲い掛かる犯人たちのトリックを
ちぎっては投げちぎっては投げとばかりに発生前に阻止していく。

上巻のラストで探偵の正体が新キャラということが明かされ、
探偵=橋田だったらよかったのになぁとちょっと残念だったのだが、
下巻では橋田は千曲川を越える先代の探偵である明かされるラストは
予想はしていたが好みの結末でよかった。
しかしメソポタミア文明から続く探偵の系譜とかJDCシリーズっぽかったな。

百合的には一華がメイドのキャラが好きというのがよかったですw


面白かったらクリックお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://greensnake.blog70.fc2.com/tb.php/4873-1aa83a09

FC2Ad