道-MEN 北海道を喰いに来た乙女

ベン・トーのアサウラ氏&柴乃櫂人氏の新作。

以下ネタバレ

<あらすじ>
20××年、北海道は独立国家となり日本との断交政策を実施。
そんなある時、日本の工作員と思しき少女・早乙女めろんが捕縛される。
北海道特殊機密部隊『道MEN』が対応に当たることになったのだが、彼女は自分の目的は破壊工作でも情報操作でもなく、ただ北の美食を堪能するために来たのだと言い張るのだった。
道MENを率いる斉藤幸之助はなし崩し的に彼女の喰い倒れの旅をエスコートすることになるのだが、その最中、道内に潜伏していた千葉県の工作員から謎の襲撃を受ける。
そして無数の思惑が絡み合い、最強と謳われる群馬県の工作員までもが活動を開始する…。
北海道メシ喰いまくりながらのアクション超大作、堂々始動! !

全体的な文章を始め、ベン・トーと似ている部分が多く
ベン・トーが好きならすんなり楽しめるかと。
今年入ってもっとも笑える小説だったw
ちなみに今回ホモは(まだ?)ありませんw

・実在する料理や店舗、その他の固有名詞がバンバン出る。
・料理を食べる描写が美味しそう。
・小学生にエロいことを言わせる。
・主人公の名前が「サイトウ」。

びっくりドンキーの宣伝小説だったw
北海道には気軽に行けなくとも
びっくりドンキーなら割とハードル低いのでは。

道-MENはX-MENのパロディらしく、
その事は本編の最初の方で触れられている。
メインキャラはミュータントのような特殊能力が使えるわけだが、
そちらはあまりトンデモな印象はなく、その理由は
敵になる工作員たちが使う謎のご当地装備ですね。
千葉県の工作員のピーナッツバターを使った火焔瓶に笑い、
群馬県の工作員のコンニャク・アーマーが最高だったw
本作ではトミオカ製糸場の地下に秘密工場があり、
ナノワイヤーのような生糸を開発しているらしい。

ヒロインのめろんは大食いキャラなのだが、
一話完結のグルメ漫画と違って本作は時間が限られている中
様々なグルメを紹介しないといけないので
大食いであることは作劇上必須の設定なんだな、と。


面白かったらクリックお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://greensnake.blog70.fc2.com/tb.php/4848-3caeb2d7

FC2Ad