文豪ストレイドッグス2期

最初の4話に小説の黒の時代編が入ったけど
それでも問題なくギルド編は全て収まりました。

黒の時代編は織田作が真犯人という
落ちじゃないかと思ったが最後まで主人公だったな。
何か初めて森さんの怖いところが見られた気がする。

太宰&中也の元祖「双黒」VSラヴクラフト先生戦が熱かったな。
異能ではないので異能無効化が通じず、
圧倒的な人外の力(触手)で押し切るのは
実にラヴクラフト先生らしい強さでした。
それにしても男性ばかりが触手の被害に遭うアニメだったw

版権の問題なのか海外文豪は苗字がイニシャルになっていたが、
ポオとラヴクラフトはそのまま。
フィッツジェラルドの異能「華麗なるフィッツジェラルド」も
そのままだし基準が良く分からないな。
フルネーム表記がいけないのだろうか。

太宰が鏡花と通信で話をするところで、
死んだ織田作のことを回想するのはよいアニメオリジナル要素だった。


面白かったらクリックお願いします

にほんブログ村 アニメブログへ
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://greensnake.blog70.fc2.com/tb.php/4770-ba95bba5

FC2Ad