侍霊演武:将星乱

原作は中国の漫画で、三国志の英雄が現代によみがえり、
現代人の主君とともに戦う。

主人公の周瑜が女性だったり、
主君から霊力を供給してもらう設定など
明らかにFateの影響を受けたことが良く分かるw

とはいえ独自の設定も多く、
モチーフは三国志なのでネタが豊富で、
白眉の元になった馬良などこれまでの三国志ベースの作品では
いなかった武将も何人か登場する。
献帝が敵の大ボスというのも新しい。

他の武将とは格が違う九人の武将の存在など、
今後の展開に期待できる設定は多い。
ただ一人判明している九人の一人は関羽。
後に力を失って子供の姿になってしまうものの、
何故か子供になっても髭は生えている。
髭が無くなったり、女体化したり関羽にもいろいろいるけど
髭の生えた子供というのは初じゃなかろうかw

水島大宙、新垣樽助、浪川大輔などFate出演声優が多く、
終盤で登場した馬良の声は杉山紀彰さんでしたw
普通に面白いし、日本じゃあ原作を読むこともできないので二期やってくれねぇかな。
三国最強最悪コンビである董卓と呂布がどんな化け物として出て来るのか楽しみですねw


スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://greensnake.blog70.fc2.com/tb.php/4766-26faa6db

FC2Ad