魔法少女育成計画 第12話「File Not Found」

インターネットで最も見たくないフレーズだ。

ファヴの口から今回のデスゲームの真相が明かされた。
理由が「退屈な試験はつまらなかったから」というのがひどい。

今回も原作ではあっさり目に終わったが
アニメでは尺をたっぷり使ってリップルとスイムスイムの戦いが描かれた。

「私は悪くない!全部あのガラン・モッサに
脅されてやったことなんです!」


やはり命乞いするクズは容赦なくぶっ殺すに限るぜ!!
魔法の国の日用品なら、
同じ魔法の国の武器で破壊することができる!
戦いには役に立たないと思われていたスノーホワイトの魔法は
実は戦闘において恐ろしく効果的な魔法だった。
何せ「敵がやられたら困ること」=「致命的な弱点」を自ら教えてくれるのだから。

もう後悔しないために、「戦う魔法少女」となることを選んだスノーホワイト。
だがこれは彼女たちを待ち受ける
過酷な戦いのほんの序章に過ぎなかったのだ・・・
リップルと特訓している辺りはウェブ中編のスノーホワイト育成計画から。

エンドカードはマルイノ先生だった。
片目が無事だった頃のリップルとスノーホワイト。

無印だけは前から読んでいたけどアニメが切っ掛けで
続きも読み出し、刊行中のシリーズは全部読むほど嵌まりました。
今年はこれを読めたのが最大の収穫でしたわ。


面白かったらクリックお願いします

にほんブログ村 アニメブログへ
スポンサーサイト

コメント


「退屈な試験はつまらなかったから」>
ゲキレンジャーのロンと良い勝負ですね(^^;
本当に、キュぅべぇの方が、どれだけマシかよく解ります。
実際にファヴと対面したら、全面戦争に突入するんじゃないですかね。
ファヴは、キュぅべぇにとっての貴重なエネルギー源を、娯楽感覚で乱獲しているに等しいですし。

Re: タイトルなし

> 「退屈な試験はつまらなかったから」>
> ゲキレンジャーのロンと良い勝負ですね(^^;
> 本当に、キュぅべぇの方が、どれだけマシかよく解ります。
> 実際にファヴと対面したら、全面戦争に突入するんじゃないですかね。
> ファヴは、キュぅべぇにとっての貴重なエネルギー源を、娯楽感覚で乱獲しているに等しいですし。

まぁ代わりは幾らでもいるから「貴重」ではないだろうけどw
現にマミさんを始め殉職者については特に対策していないようだし。

企画

毎度お世話になってます、「おちゃつのちょっとマイルドなページ」のおちゃつです。
遅くなりましたが今回も年末年始の企画を始めましたので、お忙しいとは思いますがもしよろしかったら参加お願いいたします!
コピペ文章にてすみません。

Re: 企画

> 毎度お世話になってます、「おちゃつのちょっとマイルドなページ」のおちゃつです。
> 遅くなりましたが今回も年末年始の企画を始めましたので、お忙しいとは思いますがもしよろしかったら参加お願いいたします!
> コピペ文章にてすみません。

こんばんは。お誘いどうもありがとうございます。
少し時間かかりそうですけど今年も参加させていただきますね。

お久しぶりandアケオメです

美少女達がkoroし合う内容は常にマドマギの二番煎じ扱いされるものですが、二日で一気に見終わるくらい夢中になれたので、最早王道の一つになってきたように思います

公式HP見たときは「1クールで16人とか覚えられか」と思ったものですが、みんなキャラが立ってましたね
変身前の年齢制限をなくしたおかげで選択肢が増えたことが要因だと思います人妻、ニート、大学生、ホームレス、幼女、プリキュアになれる年齢がほとんどいないw

驚いたのは10巻以上原作が出ていると聞いたので3~4巻は消費してるかなぁと思ったら1巻ですよw、六花の勇者のアニメは間延びした感が否めませんでしたが、逆にこれはむしろカットが多いなと感じたので、どんだけ中身濃いんだよって話ですよw

バトルに関して面白いところはある程度強者は存在しているのに、アイテムや油断、作戦によって簡単に退場してしまうところなんですよね、不意打ちはまだしも変身前や合体前を狙うのはお子様アニメだとタブーですよw
タマとスノーホワイトみたいに実際はとんでもなく恐ろしい能力なのに役立たずに見せるのもうまいと思いました

質問なのですが、、今回のルールのほとんどはファヴとクラムベリーの嘘だったことがわかりましたが、そうなるとコインの枚数不足で退場したことになっているネムリンとルーラの本当の退場理由はなんだったんですかね?

最後に魔法の国の上層部は監督不行き届きで全員辞任しろ

Re: タイトルなし

> お久しぶりandアケオメです

あけましておめでとうございます。
お久しぶりです。また来てくださって嬉しいですw


> 美少女達がkoroし合う内容は常にマドマギの二番煎じ扱いされるものですが、二日で一気に見終わるくらい夢中になれたので、最早王道の一つになってきたように思います

小説の発表時期はまどマギよりは後だけどほぼ同時期なので影響を受けて、というわけではないだろうがな。

にしても二日ですかw
まぁダンロンが好きなら楽しめる内容でしょうよw


> 公式HP見たときは「1クールで16人とか覚えられか」と思ったものですが、みんなキャラが立ってましたね
> 変身前の年齢制限をなくしたおかげで選択肢が増えたことが要因だと思います人妻、ニート、大学生、ホームレス、幼女、プリキュアになれる年齢がほとんどいないw

そういやゆりさんでもまだ高校生だったね・・・


> 驚いたのは10巻以上原作が出ていると聞いたので3~4巻は消費してるかなぁと思ったら1巻ですよw、六花の勇者のアニメは間延びした感が否めませんでしたが、逆にこれはむしろカットが多いなと感じたので、どんだけ中身濃いんだよって話ですよw

カットされたところといえばシスターナナの最後ですね。
原作だとウィンタープリズンへの想いとか何故自害するのか地の文で長々と語るのですが、
まぁ地の文で喋るところはアニメ向きじゃないですからねw

それ以外だとねむりんを初めとして
短編やオリジナルシーンを入れて内容増やしていますね。
原作は驚くほどスピーディーですよ。


> バトルに関して面白いところはある程度強者は存在しているのに、アイテムや油断、作戦によって簡単に退場してしまうところなんですよね、不意打ちはまだしも変身前や合体前を狙うのはお子様アニメだとタブーですよw
> タマとスノーホワイトみたいに実際はとんでもなく恐ろしい能力なのに役立たずに見せるのもうまいと思いました

「困った人の心の声が聞こえるよ」など、あらかじめ魔法の簡単な説明をしておいて、
「この魔法にこんな使い道が!」「戦いには使えないようでいて実は恐ろしく実戦的」
なことが分かって驚かさせるのも本作の魅力ですね。


> 質問なのですが、、今回のルールのほとんどはファヴとクラムベリーの嘘だったことがわかりましたが、そうなるとコインの枚数不足で退場したことになっているネムリンとルーラの本当の退場理由はなんだったんですかね?

アニメであったかどうか覚えていないが
ファヴ「本来は魔法少女が暴走した時のための機能を使ってルールに反した魔法少女の命を」
という台詞があるのでその機能を使って息の根を止めていた。
ただし別の短編で「マスター権限で受験生の生殺与奪を握る」とあるので
クラムベリーの操作が必要で、ファヴ単独ではこの機能を使えないと思われる。
だから最終局面でスノーホワイトたちに抵抗できなかったわけだね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://greensnake.blog70.fc2.com/tb.php/4759-95e6e656

魔法少女育成計画「#12 File not found」

魔法少女育成計画「#12 File not found」に関するアニログです。

FC2Ad