魔法少女育成計画 第11話「サーバーメンテナンス中」

かつて魔法少女試験で出現した
暴走した悪魔、アニメで初めてビジュアル化されました。

クラムベリーの目的は最初に本人が言った通り、
「強敵と戦うこと」。
この世界の魔法少女は、容赦なく人体を破壊し、
簡単に生命を奪える魔法を使えるくせに基本的に「敵」がいない。
魔法少女の活動は地味な人助けで、悪魔や魔女のような敵はおらず、
ある意味魔法少女の世界観としては平和な部類に入る。
その暴力的な性能に比してあまりに平穏な環境に
満足できなかったクラムベリーは、
強敵を求めて殺しあいの試験を開催した。

全ての黒幕だったクラムベリーだが、
スイムスイムの正体が小学生だったことに一瞬動揺し、
たまに僅かな傷をつけられた直後、魔法で穴を空けられ死亡!

ほんの僅かでも傷をつければ、その傷を穴に広げることができる。
かすり傷でも負わせれば即相手を殺せるという
凶悪かつ実戦的な魔法だった。

マニュアル本を用意してくださるルーラ様!
漢字が読めないなら教えてあげるルーラ様!


リーダーとしては理想的だったけど
あのスイムスイムの行動まで読めというのは無理があった・・・

スノーホワイトの魔法でクラムベリーの心を読んで真相を解明した後、
ルーラ様がクラムベリーに命令してファヴに魔法少女達を
解放させれば全員助かったかもしれない。
まぁルーラ様の肉壁になった他の魔法少女が何人か死にそうだし、
まほいくに基本IFは無いので詮なきことではある。

原作だとこの後すぐに最後の戦いに入るんだけど、
だいぶ尺が余ったのでアニメオリジナルの
リップルとトップスピードの回想が差し挟まれた。
このゆったりした尺の使い方、アニメ版のバジリスクを思い出すな。

そしてリップルのまるで魔法少女のようなw変身シーンも・・・
カラミティ・メアリさんでもやって欲しかったw(ネタ的な意味で)


面白かったらクリックお願いします

にほんブログ村 アニメブログへ
スポンサーサイト

コメント


魔法もらった時の説明が小説みたいに基本「~できるよ」だから自分が手に入れた力の危険性が理解しづらいのでしょうかね魔法少女達。モロに戦闘用だと分かりやすい魔法もあれば少し応用すれば凶悪という魔法もあるのはスタンド使いと一緒かな。
億康みたいに「削り取る」というどう考えても傷付けるだけの能力を頑張って誰かを守るという方向にもっていく者もいるわけで。この世界の魔法少女達にはそういう心構えが何よりも必要だったのかもしれない。まあそれをさせないのがファブ達であり、これはそういうお話なのかもしれませんが。

Re: タイトルなし

> 魔法もらった時の説明が小説みたいに基本「~できるよ」だから自分が手に入れた力の危険性が理解しづらいのでしょうかね魔法少女達。モロに戦闘用だと分かりやすい魔法もあれば少し応用すれば凶悪という魔法もあるのはスタンド使いと一緒かな。

使っている内に魔法が進化することもあるらしい。


> 億康みたいに「削り取る」というどう考えても傷付けるだけの能力を頑張って誰かを守るという方向にもっていく者もいるわけで。この世界の魔法少女達にはそういう心構えが何よりも必要だったのかもしれない。まあそれをさせないのがファブ達であり、これはそういうお話なのかもしれませんが。

デスゲームに巻き込まれたら誰がおかしくなってもおかしくないわけで・・・
実際デスゲームが始まる前は双子天使もマジカロイドもそんな悪いヤツじゃなかった。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://greensnake.blog70.fc2.com/tb.php/4754-168e9788

魔法少女育成計画「#11 サーバーメンテナンス中です」

魔法少女育成計画「#11 サーバーメンテナンス中です」に関するアニログです。

FC2Ad