ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第37話「クレイジー・D(ダイヤモンド)は砕けない その1」

ジョジョの各部のサブタイトルは後につけられたものだが
「ダイヤモンドは砕けない」はこの話のタイトルから付けられた。

早人は猫草の空気弾で吉良の殺害を狙うが、
空気弾は懐に入れた腕時計によって防がれてしまう!


吉良「『バイツァ・ダスト』は無敵だッ!
そしてこの吉良吉影に運命は味方してくれているッ!」




仗助「てめー今確かに!
「吉良吉影」っつったよなあぁ~!!」




吉良吉影、まさかの自爆!
早人は仗助の家に電話をかけ、
「前の時間」では寝坊した仗助を早く来させることに成功した!
調子に乗って名前を喋るのはあまりにもウカツだったが、
それを幸運に昇華できたのは早人が一つの策で満足せず、
できることを全てやったからこそ。
仗助の寝坊した発言をちゃんと覚えていたとか何なのこの小学生・・・

原作でもこのシーンは興奮したなぁ。
直接吉良が名前を喋らなくても川尻浩作のことはマークしていたわけだし、
とりあえず気絶させて露伴の下に連れて行こうという風になったかもしれない。

クレイジー・ダイヤモンドに攻撃された吉良は、
自分を守るためやむなくバイツァ・ダストを解除する。
露伴は爆死することなく、運命は変えられた。

仗助「てめーが重ちーを殺したから追ってんだろうがこのボケッ!」

吉良を追跡し始めてから重ちーの名前は出なくなったが、
仗助たちの動機の根本にあるのは重ちーの敵討ちなんだなと分かる台詞。

キラークイーンも近距離パワー型スタンドだが、
色々と能力を盛っているせいか、単純な殴り合いでは
クレイジー・ダイヤモンドが上回る!

空気が火を噴き、億泰の脇腹が吹っ飛んだ!
いつの間にか猫草を腹に収めていたキラークイーンは、
猫草の発射した空気弾を爆弾に変える!
バイツァ・ダストが破られた吉良のまさかの切り札は
猫草とのコンビネーションだった!
だから猫草がピンク色になっていたのか。

吉良「命を運んでくると書いて『運命』!フフフ、よくぞ言ったものだ!」

露伴や承太郎は何故あんな近くで戦闘していて聴こえないんだ?w

爆破が吉良に及ぶ範囲なら爆発させないとか言っているけど、
あの距離なら爆破しても吉良は安全だったと思うw

億泰はいつの間にか爆弾に変えられていた!
思わずニヤリと笑っちゃう吉良はやっぱりウカツだw
吉良は仗助を煽って億泰に触らせようとするが・・・

早人「ぼくが触ればいいんだッ!」

クレイジー・Dの連打パンチで爆発四散する早人を高速で治す!
まさか爆発した人体を即座に治せるとは思わなかったが、
それ以上に早人のぶっ飛んだ根性がヤバすぎるw

爆弾で無くなった億泰は既に治ったはずだが、
体から白い蒸気が・・・

吉良「「ジョー・モンタナ」の投げるタッチダウンパスのように」

ジョー・モンタナが誰かわからなくても、
それぐらいタイミングがドンピシャってことだろうというのは伝わる例え。

早人「億泰さんは既に死んでいるんだぁ!!」

吉良「気に入らん・・・あの「治す能力」さえなければ私の爆弾は無敵だ
わたしの心の平和にとって最も恐れるべきは承太郎では無い。
あいつだったのだ!東方仗助」


ここに来てラスボスが主人公を意識するシーン。
実際、爆破した相手も即座に治せるわ、
シアーハートアタックも元に戻せるわ、
すこぶる相性が悪い相手なんですね。
むしろ仗助が相手じゃなかったら猫草の空気弾と
シアーハートアタックとのコンボで大抵のスタンド使いは倒してしまえそう。


面白かったらクリックお願いします

にほんブログ村 アニメブログへ
スポンサーサイト

コメント


スピードワゴンの後継者

アイズオブヘブンでスピードワゴンやシュトロハイムと共演していたら凄いことになりそうな小学生です(既に凄い)。

近距離パワー型の中でもトップクラスのスタープラチナやクレイジー・ダイヤモンドでは相手が悪いというのもあるでしょうが、シアーハートアタックもバイツァ・ダストも吉良とは無関係のところで邪魔者に消えてほしいという心理がありありと反映されているような能力で改めてキラークイーンが本来は戦闘用のスタンドじゃないことがよく分かる。
ただジョウスケ達に一刀両断された吉良の逃げてない発言ですがまるっきり強がりではないかも。実際吉良が覚悟を決めて顔がわれてないことを利用した暗殺を決行していたらヤバかった。不意打ちで即死させる爆弾化能力を使っていたら・・・まあ重ちーの時のように相手が一般人でも極力争いを避ける吉良には無理なのでしょうが。

Re: スピードワゴンの後継者

> アイズオブヘブンでスピードワゴンやシュトロハイムと共演していたら凄いことになりそうな小学生です(既に凄い)。

アイズオブヘブンはPS4も手に入れたことだしやってもいいかも・・・

次にゲームが出たら第4部キャラもアニメ準拠になるのかな。


> 近距離パワー型の中でもトップクラスのスタープラチナやクレイジー・ダイヤモンドでは相手が悪いというのもあるでしょうが、シアーハートアタックもバイツァ・ダストも吉良とは無関係のところで邪魔者に消えてほしいという心理がありありと反映されているような能力で改めてキラークイーンが本来は戦闘用のスタンドじゃないことがよく分かる。
> ただジョウスケ達に一刀両断された吉良の逃げてない発言ですがまるっきり強がりではないかも。実際吉良が覚悟を決めて顔がわれてないことを利用した暗殺を決行していたらヤバかった。不意打ちで即死させる爆弾化能力を使っていたら・・・まあ重ちーの時のように相手が一般人でも極力争いを避ける吉良には無理なのでしょうが。

これほど暗殺に便利な能力もそうないですからね。
いくら警戒しても色んな場所に爆弾仕掛けられると
いつかは触ってしまうだろうし・・・


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://greensnake.blog70.fc2.com/tb.php/4753-9fd00eb0

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない「37 クレイジー・D(ダイヤモンド)は砕けない その1」

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない「37 クレイジー・D(ダイヤモンド)は砕けない その1」に関するアニログです。

FC2Ad