魔法少女育成計画QUEENS

楽しみにしていた新刊です!
私はアニメ始まってから嵌まったクチですが、
ACESから一年以上ぶりの新作長編だとか。

以下ネタバレ

ACESの後編のような内容だが、刊行時期に間が空いているし、
戦いの舞台もがらりと変わるのでタイトルも変えたのだろうか。

帯のTVアニメ版の笑顔のスノーホワイトと
最初のカラーページの無表情のスノーさんのギャップがすごいw

イラストが新しく用意された魔法少女は
表紙にもなったプク・プックとオスク派の魔法少女レーテ。
プク・プックはSDイラストがかなりかわいい。
魔法の表記はどうなるのかと思っていたが
「誰とでも仲良くなれるよ」
こんな解説の魔法がとてつもなく恐ろしいのがまほいく。

今回からマナが登場して、過去の長編の主要人物が
全て登場したことになるのかな。

アーマー・アーリィの仲間である
ブレイド・ブレンダ、キャノン・キャサリンなど
名前だけなら結構な数の魔法少女が登場している。
三賢人の最後の一人、カスパ派の現身ラツムカナホノメノカミも登場。

16人の魔法少女や52人のシャッフリンなど
多数の魔法少女達の戦いを描いてきた本作だが
今回はその中でも最大規模で、
古代の装置がある遺跡でオスク派とプク派が総力戦を繰り広げる。

主人公スノーホワイトは、序盤でプク・プックの魔法にかかり、
魅了されてしまう。
戦術的な思考に欠けているプク・プック陣営のブレインとなり、
効果的な作戦で魔法少女たちに大損害を与えていく。

これまで伏せられていた「魔法の国」の現状が序盤でついに明かされる。
魔法の国は魔力の枯渇により本来の形を維持できず、
国を分断し、多数の異世界に接続して魔力を得る形で何とか存続してきた。
プク・プックの目的は魔法の装置を起動させ、
その中に世界中全ての魔法少女を入れ、
ドロドロに溶かして魔法の力を絞りだし、魔法の国を復活させること。
やっぱり本シリーズの例に漏れずクソ外道でしたプク・プック。

後方支援に回ったグラシアーネが
早速殺されるという展開は実にまほいくらしいですね。

かつて魔王パムと引き分けたレーテでさえも
わりと短いページでプク・プックに敗北してしまう。

デリュージの氷が敵の魔法で溶けて発生した霧に、
プフレの車椅子の照明で巨大な影を発生させ、
ダークキューティーがそれを操る。即席チームの魔法コンボが熱いです。

スノーホワイトVSプリンセス・デリュージという
新旧主人公対決めいた対決。
スノーさん、まだ消火器を魔法の袋に入れて武器として持っていたのか・・・

ブルーベル・キャンディ、正体は三代目のラピス・ラズリーヌだった。
初代かと思ったけど田中先生の魔法少女姿は先送りか。
キャンディで精神操作をしているにしても、
キャンディを食べさせるプロセスを挟むなら実戦的じゃあないと思っていたら
実際は「相手の記憶をキャンディにして抜き取る」能力で、
実質相手に魔法を発動するだけで行動不能にしてしまえる上に、
二代目ラズリーヌと同じく三代目も圧倒的な身体能力を持つ強い魔法少女だった。

プレミアム幸子の契約書に名前を書いた者は
短時間で自身の幸運を使い切った後、最大の不幸が訪れる。
だが、自身の死より不幸なことがあれば、
必ずしも本人が死ぬわけではないッ!


うおおおおおおおおお!?
遠藤先生天才かぁーっ!?


まさか「プレミアム幸子の契約書」と
「他者を魅了するプク・プックの魔法」のコンボで
プク・プックに引導を渡すとは!
幸子が死んだ後も契約書は残っていて、状況は悪化した・・・
と思わせておいてこの結末とは・・・
クライマックスのこのシーンはひたすら驚嘆していました。
小説を読んでいるのはこういう驚きを味わうためなのよね。

しかし代償無しでは勝てないのがまほいくで、
プクを助けようとしたシャドウゲールを止めようとしたプフレは
シャドウゲールにハサミで刺されて死んでしまう。
これもシャドウゲールに降りかかる「自分が死ぬより恐ろしい不幸」であり、
シャドウゲールがどれだけプフレを想っていたのかが証明されたとすれば、
これ以上劇的で美しい幕切れも無い。

リップルとか、今巻のデリュージとか、
死にかけることはあっても基本前シリーズの
生き残りは死ななかったまほいくで、
ついに過去の生存者の犠牲者が出てしまった。
いやこれまで死ななかったのはたまたまで
いつそうなってもおかしくないとは思っていたが・・・

ついでにw
ファルもピティ・フレデリカによって宇宙に放逐されてしまった。
これはやばい。ファルがいたからこそ防げていた、
スノーホワイトの縁者を人質に取る作戦が実行可能になってしまった・・・
吉岡=フレデリカってことは
ラツムはプキンの剣で操られているのかな。
あの全身を拘束された姿もラツムの趣味ではなくガチで拘束されていたってことなのかw

まさかシャドウゲールとアーマー・アーリィが
再び一緒にゲームで遊ぶシーンが来るとは思いませんでした。
ダークキューティーもスノーホワイトと戦わないまま何気に生き残った。
天然で面白いキャラだと思っていたけどまさか生き残るとはw
ファルに代わりうるるがスノーホワイトの相棒的なポジションに収まるようだ。

プフレの遺産を全て受け継いだデリュージ。
タイトルのQUEENとなるのは「プリンセス」デリュージというオチだった。

最後のページの、眼帯取って髪を少し垂らしたプフレがかなりかわいい。
ドラマCDでシャドウゲールがプフレを
思いっ切り罵ったりしていたシーンも今となっては切なく聞こえる。

プク・プック
スノーホワイト
うるる
プフレ
マナ
ダークキューティー
グラシアーネ
プリンセス・デリュージ
ブルーベル・キャンディ
アーマー・アーリィ
CQ天使ハムエル
シャッフリンⅡ
シャドウゲール
レーテ



面白かったらクリックお願いします

にほんブログ村 アニメブログへ
スポンサーサイト

コメント


もう魔法の国は滅んだらいいんじゃないかな

魔法少女の試験の本来の形が死人が出ない穏便なものであったり、元来の魔法の国は平和だったのかもしれないけれどもう災厄をあちこちにバラまく源にしかなっていないんじゃないかな。まあにわかの感想ですが。
灼眼のシャナを読んだ時ももう救世滅んだら丸く治まるんじゃないかとみもふたもないこと思っていました。

すいません、字間違えました。紅世だった・・・。

Re: もう魔法の国は滅んだらいいんじゃないかな

> 魔法少女の試験の本来の形が死人が出ない穏便なものであったり、元来の魔法の国は平和だったのかもしれないけれどもう災厄をあちこちにバラまく源にしかなっていないんじゃないかな。まあにわかの感想ですが。
> 灼眼のシャナを読んだ時ももう救世滅んだら丸く治まるんじゃないかとみもふたもないこと思っていました。

まぁそれは「丸く治まる」とは程遠い解決法ではあるなw
同じ地球の同じ国の小さなコミュニティでさえ諍いは中々解決しないのだから
世界の間のもめごととなるとそりゃ長く続くでしょうよ

いよいよ事態は最悪の方向へ向かいつつあります。フレデリカもラピス・ラズリーヌも独自に魔法少女大軍団を率いて、次回は魔法少女大戦争となるでしょう。スノーホワイトは、彼女たちの野望を止めることができるのか?そして、フレデリカ、その悪魔の正体は?僕が思うに醜悪な宇宙生物だと思います。(実際本編にそれをにおわせる描写がある。)魔法の正体は彼女達(彼ら?)がもたらしたテクノロジーかも知れません。果たして、本当にプク・ブックは死んだのでしょうか。こちらもフレデリカと違う星からやって来た宇宙生物でビジュアル的にもかなり醜悪でしょう。
 ひょっとしたら三賢人やフレデリカは全て別々の星からやってきた宇宙生物でお互いに長い時間をかけて地球争奪戦を繰り広げているのかも知れません。魔法少女や魔法使いは彼等の生物兵器にしか過ぎないのかも。

Re: タイトルなし

> いよいよ事態は最悪の方向へ向かいつつあります。フレデリカもラピス・ラズリーヌも独自に魔法少女大軍団を率いて、次回は魔法少女大戦争となるでしょう。スノーホワイトは、彼女たちの野望を止めることができるのか?そして、フレデリカ、その悪魔の正体は?僕が思うに醜悪な宇宙生物だと思います。(実際本編にそれをにおわせる描写がある。)魔法の正体は彼女達(彼ら?)がもたらしたテクノロジーかも知れません。果たして、本当にプク・ブックは死んだのでしょうか。こちらもフレデリカと違う星からやって来た宇宙生物でビジュアル的にもかなり醜悪でしょう。
>  ひょっとしたら三賢人やフレデリカは全て別々の星からやってきた宇宙生物でお互いに長い時間をかけて地球争奪戦を繰り広げているのかも知れません。魔法少女や魔法使いは彼等の生物兵器にしか過ぎないのかも。

それだとまどマギと被るよw
次回どうなるかは全然予測できないわけですが、割と事態は収束しつつあるので
逆に騒乱を引き起こす新しいイベントが放り込まれるのかも。

魔法少女大戦争

魔法少女同士の戦闘はエスカレートの一途を辿っているようです。もうほとんど和解には結びつかず、どちらかが滅ぶまで戦い続けるハルマゲドンとなるでしょう。フレデリカ軍団は刑務所の外道魔法少女達を総動員。さらにスノーホワイト姫河小雪の友人達や家族も何らかの方法で魔法少女化し、スノーホワイト討伐用の刺客として送り込んだり、対するラズリーヌ軍団は老若男女動植物見境無しに人造魔法少女化して対抗すると思われます。そして、スノーホワイトは両軍を敵に回して戦うことでしょう。植物ベースの魔法少女と言うのも見てみたい気もしますし、宇宙人ベースの魔法少女も期待出来ます。仮にフレデリカやプクの正体が醜悪宇宙生物だったとして、スノーホワイトと触手プレイをするところも出てくるかも知れません。

Re: 魔法少女大戦争

> 魔法少女同士の戦闘はエスカレートの一途を辿っているようです。もうほとんど和解には結びつかず、どちらかが滅ぶまで戦い続けるハルマゲドンとなるでしょう。フレデリカ軍団は刑務所の外道魔法少女達を総動員。さらにスノーホワイト姫河小雪の友人達や家族も何らかの方法で魔法少女化し、スノーホワイト討伐用の刺客として送り込んだり、対するラズリーヌ軍団は老若男女動植物見境無しに人造魔法少女化して対抗すると思われます。そして、スノーホワイトは両軍を敵に回して戦うことでしょう。植物ベースの魔法少女と言うのも見てみたい気もしますし、宇宙人ベースの魔法少女も期待出来ます。仮にフレデリカやプクの正体が醜悪宇宙生物だったとして、スノーホワイトと触手プレイをするところも出てくるかも知れません。

そこまでスケールが大きくなったら冥界から魔法少女たちが蘇生してもおかしくないな。

植物の魔法少女・・・なんかジョジョの猫草を思い出す。最終的に魔梨華のところに落ち着きそう。

以前、僕はピティ・フレデリカの正体は醜悪な宇宙生物かも知れない。と、書きましたが、おそらく龍型の宇宙怪獣ではないでしょうか。魔法アイテムである水晶玉は、龍が持っている玉だろうと思います。秀麗な顔は実はマスクであり、その中には般若面のように醜悪な素顔が隠されているように思えます。正体を明かしたとき、喋り方もドスの効いたヤクザ口調に変わるかもしれない。スノーホワイトは、俺の嫁ぇぇぇーと、叫ぶかも知れません。こうなると、スノーホワイトは、躊躇なくフレデリカを殺せるでしょう。そして、次回スノーホワイトは、怒りのあまり「幼〇戦記」のター〇ャ・デグレチャフ状態になって、大部隊を率いて「外道共は殲滅だぁぁぁ。魔法の国に地獄を作れぇぇぇー」と、フレデリカ軍団やラピス・ラズリーヌ軍団に立ち向かうことも予想できます。ところで、フレデリカがアニメに出てきたら、声は遠藤綾さんか、斉藤千和さん、出来れば林原めぐみさんに演じて欲しいです。

あ、誤解の無いように言っておきますが、フレデリカが、「スノーホワイトは、俺の嫁ぇぇ」と、叫ぶと言う意味ですからね!

Re: タイトルなし

> 以前、僕はピティ・フレデリカの正体は醜悪な宇宙生物かも知れない。と、書きましたが、おそらく龍型の宇宙怪獣ではないでしょうか。魔法アイテムである水晶玉は、龍が持っている玉だろうと思います。秀麗な顔は実はマスクであり、その中には般若面のように醜悪な素顔が隠されているように思えます。正体を明かしたとき、喋り方もドスの効いたヤクザ口調に変わるかもしれない。スノーホワイトは、俺の嫁ぇぇぇーと、叫ぶかも知れません。こうなると、スノーホワイトは、躊躇なくフレデリカを殺せるでしょう。そして、次回スノーホワイトは、怒りのあまり「幼〇戦記」のター〇ャ・デグレチャフ状態になって、大部隊を率いて「外道共は殲滅だぁぁぁ。魔法の国に地獄を作れぇぇぇー」と、フレデリカ軍団やラピス・ラズリーヌ軍団に立ち向かうことも予想できます。ところで、フレデリカがアニメに出てきたら、声は遠藤綾さんか、斉藤千和さん、出来れば林原めぐみさんに演じて欲しいです。

私的には大原さやかさんなイメージだったなぁ。
テイルズに出てくる大原さんのキャラと似ているからだけどw

僕は、最近の声優事情には詳しくないので、言及は避けますが、クランベリーの声優が緒方恵美さんだったから、フレデリカの声優は林原めぐみさんがベストじゃないか、と思ったのです。僕はエヴァファンでもあります。初代ラピス・ラズリーヌの声優は小山茉美さんにやって欲しいです。そうなると、先輩魔法少女が、後輩達に試練を与えているような印象になるのではないでしょうか?!
ところで、しつこいようですが、フレデリカや三賢人の正体が醜悪宇宙生物だとしたら、初代ラピス・ラズリーヌもその可能性がある訳で、その真の姿は宝石モチーフであることから、ゴツゴツした岩石状のモンスターではないでしょうか?

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://greensnake.blog70.fc2.com/tb.php/4752-4533557e

FC2Ad