ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第36話「アナザーワン バイツァ・ダスト その2」

吉良の進化したスタンド、バイツァ・ダストは
自分の正体を探ろうとした者を爆殺し、時間を巻き戻す。

オープニングにバイツァ・ダストの
「時間が巻き戻る」アレンジを加えられている。
まず曲の最後まで飛んでから、最初に向かって巻き戻って行く。
第3部での「時を止める」演出と同じ奴ですね。

早人が露伴に会わなくても、
因果を無視して露伴は爆死してしまう!
一度起こった運命は変わらない!
ここでバイツァ・ダストを解除すれば露伴の死は確定するが、
吉良はさらなる邪魔者の排除を狙う。

吉良が去った後で、早人は康一、承太郎、仗助、億泰と遭遇する。
追い詰められた早人は自殺しようとするが・・・
小学生なのに覚悟決め過ぎだろう。
早人のカッターはバイツァ・ダストが止め、
それを見た仗助たちは四人とも爆殺されてしまう!
承太郎だけは質問するだけでまずいことに気づきかけていたのに・・・
そして時は再び巻き戻る・・・

この状況を打開する方法は、露伴爆破前に
吉良を殺すか、バイツァ・ダストを解除させることのみ。

早人「神様、どうかこの僕に人殺しをさせてください」

早人は吉良を殺すために猫草を用意する。
色はピンク色になっていた。

吉良は早人に帽子を被せに至近距離まで近づいて来る。
露伴の爆死と同じくその運命は変わらないので、早人には勝算があった。

早人の泣き顔を見て油断した吉良は
のこのこ近づいて空気弾の直撃を喰らうが、
胸ポケットに仕舞った腕時計で難を逃れる。

ここで切るのか・・・


面白かったらクリックお願いします

にほんブログ村 アニメブログへ
スポンサーサイト

コメント


早人さん覚悟決めすぎ問題

承太郎の時もそうだけれどあまりに覚悟完了の顔していたから吉良に怪しまれるという。
吉良の圧迫解説でも心をへし折られずに漆黒の意志に目覚める早人さんマジパない。
「ブッコロスと思ったなら既に行動は完了している」までの高みに達しているんじゃないでしょうか。小学生に殺人させるなんてという考えもあるかもしれませんがきれい事じゃどうにもならない段階まできているのでこれは仕方ない。

追伸:今度魔法少女が主人公のゲームが出るそうですが即行で悲劇の想像してしまうのは何故だろう。なんだか最近魔法少女=血なまぐさいの公式が主流になってきている気がします。

Re: 早人さん覚悟決めすぎ問題

> 承太郎の時もそうだけれどあまりに覚悟完了の顔していたから吉良に怪しまれるという。
> 吉良の圧迫解説でも心をへし折られずに漆黒の意志に目覚める早人さんマジパない。
> 「ブッコロスと思ったなら既に行動は完了している」までの高みに達しているんじゃないでしょうか。小学生に殺人させるなんてという考えもあるかもしれませんがきれい事じゃどうにもならない段階まできているのでこれは仕方ない。

まぁ結局油断して帽子を被せに行っちゃうわけだが・・・w
どうあろうと結果は変わらないという本人の解説通りではあるが。


> 追伸:今度魔法少女が主人公のゲームが出るそうですが即行で悲劇の想像してしまうのは何故だろう。なんだか最近魔法少女=血なまぐさいの公式が主流になってきている気がします。

それは言えてるw
ファンシーなイメージとのギャップを狙っているのだろうけど
ネタが飽和している感はあるね。
まぁ内容が面白ければそれでいいのですが。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://greensnake.blog70.fc2.com/tb.php/4747-13f44fbf

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない「36 アナザーワン バイツァ・ダスト その2」

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない「36 アナザーワン バイツァ・ダスト その2」に関するアニログです。

FC2Ad