ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第35話「アナザーワン バイツァ・ダスト」

露伴たちは川尻早人が盗撮している相手が
父親の川尻浩作であることまでたどり着いた。
康一がそれを仗助に伝えるシーンがオリジナルで追加。

早人に脅された吉良は早人を殺してしまう。
こいつにこらえ性が無いことは散々描写されていたからな・・・w

吉良は既に写真のおやじとコンタクトを取っていた。
吉廣は街を出ることを提案するが、吉良は断固拒否する。
矢がひとりでに吉良に刺さる!!

そして7月16日の朝を迎える・・・
何故か生きている早人。
オリジナルで吉廣とのやり取りが追加されている。

吉良吉影は第三の能力を身に着けた。
髪型は黒一色から白髪に黒が混じったオールバックに。

原作では成長と同時に髪型が変わっていたが、
アニメでは髪を櫛でといたら現在の髪形になっていた。
康一くんみたいに成長と共に髪型が変わったのかと思ったら
自分で髪型を変えていたのか!
まぁ、櫛で梳いただけで髪が白髪になるという奇妙な現象ですがw

早人と会った露伴は早速早人を本に変えて読む。
早人のページには、何故かここから先を
読んではいけないという【警告】が。
何故か早人のページにはこれから起こる
未来の出来事が記述されていた。
そしてついに露伴は吉良吉影=川尻浩作である記述を目にする。

岸辺ロハンも殺された→
成長したキラに殺された


キラークイーン第三の爆弾!
バイツァ・ダスト!!


岸辺露伴、爆死!!

早人は確かに一度吉良に殺されていた。
しかし、その後絶望した吉良が発現させた
新しい能力を早人に使うことで、時間を一時間ほど巻き戻し、
早人が死んだ事実は無かったことになった。
実はここの「何故早人が生きていたのか」についての
説明は原作にはなかった。

早人に仕掛けられたキラークイーン・バイツァ・ダスト
吉良の正体を探ろうとした者を爆破し、時間を巻き戻す。
早人が喋らなくても、聞かれただけでも、
露伴のように本にして読まれても作動する。

早人が生きているってことは時間を戻したってことなんだけど、
相手を爆破しなくても時間を巻き戻せるのだろうか。
この辺は原作の頃からちょっぴり引っかかった部分ではある。


面白かったらクリックお願いします

にほんブログ村 アニメブログへ
スポンサーサイト

コメント


露伴先生はいきなりヘブンズ・ドアーを使うとろくな目にあわないと学ぶべき

しかしそれが露伴先生。

成長し、この世の時間を爆破して巻き戻すというこの世を支配したかのような能力を手に入れて調子に乗りまくっている吉良。
でも嫌なことは無かったことにしたい。自分で戦うことすらしない。ループ時の苦しみも幼い子供に押し付けると考えてみたら吉良のろくでもなさがこれでもかと反映している能力なんですよね(でもその気持ちは分かるw)。
一方吉良の何気ない言葉から他のスタンド使いの存在を察する早人さん。この知能の高さ、あの母親から生まれたとは思えない。吉良の実子と言われた方がまだ説得力あります。

Re: 露伴先生はいきなりヘブンズ・ドアーを使うとろくな目にあわないと学ぶべき

> しかしそれが露伴先生。

相手に何かさせる前に本にして敵対行動を取れなくするのは
間違いなく最善手なのに、そのチェックを潜り抜ける敵とばかり遭遇してますよねw

>
> 成長し、この世の時間を爆破して巻き戻すというこの世を支配したかのような能力を手に入れて調子に乗りまくっている吉良。
> でも嫌なことは無かったことにしたい。自分で戦うことすらしない。ループ時の苦しみも幼い子供に押し付けると考えてみたら吉良のろくでもなさがこれでもかと反映している能力なんですよね(でもその気持ちは分かるw)。
> 一方吉良の何気ない言葉から他のスタンド使いの存在を察する早人さん。この知能の高さ、あの母親から生まれたとは思えない。吉良の実子と言われた方がまだ説得力あります。

しどいw
それにしてもたまたま選んだ潜伏先の子供がこんなスーパー小学生で
最善手を選んだつもりで追いつめられる辺り、
彼も露伴先生と同じぐらい不運なのかもしれない。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://greensnake.blog70.fc2.com/tb.php/4741-0fbcc217

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない「35 アナザーワン バイツァ・ダスト その1」

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない「35 アナザーワン バイツァ・ダスト その1」に関するアニログです。

FC2Ad