魔法少女育成計画restart

育成計画シリーズは全部話が繋がっているので
過去のシリーズを含めてネタバレあり。

<あらすじ>
「魔法の国」から力を与えられ、日々人助けに勤しむ魔法少女たち。そんな彼女たちに、見知らぬ差出人から「魔法少女育成計画」という名前のゲームへの招待状が届く。先に進むたびに大きな自己犠牲を要求する、理不尽なゲームに囚われた16人の魔法少女は、自分が生き残るために策を巡らせ始める……。

後編は冒頭のイラストで誰が死んでいるのか分かるので、
前編を全て読むまでは後編は決して開いてはならない。

前作でほとんどの魔法少女が死亡したので、
新たに16人の魔法少女が登場し、閉ざされたゲーム空間で殺しあいが始まる。
面白すぎて前後編一気に読み終えてしまった。

ペチカの「美味しい料理を作れるよ」という魔法は戦闘で使えないようだが、
美味しい料理で魔法少女たちを餌付けして仲間にするという使い道があった。
5分間あれば魔法少女でも料理してみせる!

ラピス・ラズリーヌは
青い衣装にボブカット、「~っす」口調とかなりかわいい。
第2作以降のキャラの中ではトップクラスの人気で、
何度か短編の主役になっている。
ディティック・ベルと探偵魔法少女コンビやって欲しかった・・・

チェルナー・マウス、
単純に巨大化するのがトップクラスに強いというのが
リアリティ重視の能力バトルらしいよね。
巨大化するとリーチが伸びるので鈍重さは殆どカバーできてしまう。

「どんな攻撃も無効化する魔法のスーツ」を纏うジェノサイ子を
「視界に入る者なら剣で斬れる」アカネに早々に斬られてしまうのは
実に本作らしい能力バトルっぽいシーンでしたね。
死んだはずのジェノサイ子が何故か生きていて、
キャラ一覧に死体を操作する魔法はないし、
ずっと困惑していたが、犯人は「人形を操る」魔法をリオネッタだったとは・・・
「人形を操る」の「人形」の範囲に「死体」も入っているのは予想できなんだわ。
過去死体操作能力者は山ほどいたけど、
人形操作の延長で死体を操るってのは新しい。

反復行動でグレートドラゴンを倒しまくって資金無限増殖。
やっぱゲームが現実化した世界での話では
こういう裏技使うのが一番盛り上がる。


面白かったらクリックお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://greensnake.blog70.fc2.com/tb.php/4730-4d694239

FC2Ad