Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀 第七話「魔脊山」

蔑天骸参戦!
流星歩で舟に乗り移って来た。

天骸「今しばらくその道化ぶりを堪能させてもらうとしよう」

帰る。

もう帰るのかよw
雑魚兵も流星歩使えるのか。

山の手前で野宿して朝を待って魔脊山に挑むことに。
ケンが丹翡に剣技のアドバイスをするシーンがあったがこれは次回の伏線なのかね。

第一の関門、亡者の谷!
刑亥の死体操作で突破できるはずだったが、亡者たちには効かなかった!
丹翡の張った結界の外側にいた不患は吹っ飛ばされ、亡者の只中に置かれることに!
古過ぎる死体を操るには彼らが死んだ年代を知る事が必要で、
それによって歌の音程を変えなければならない。

丹翡の帯を持っている狩とケン、
そして無生は座り込んでしまったので、不患は汗だくで孤軍奮闘する。

第二の関門、傀儡の谷!
最初に触った不患を狙う巨人。
巨人は動くものを狙って攻撃する。ノトーリアス・BIGと同じ仕組みか。
首筋にある制御用の札を破壊しなければならないが、
狩の腕を以てしても動き回る小さな標的を射抜くのは難しく、何度も失敗する。
結局不患が自分で駆け上がって札を破壊する。
札を撃つのには失敗したのに落下する不患の服を
射抜いて止めることには成功する狩。

不患「わざとだろ・・・お前らわざとやってるだろ!」

「楽な道中だな」「この世ならざる難関など評判倒れにもほどがある」とのたまう仲間達に
一人だけ苦労し続けた不患は「お前らとはここまでだ!」と怒り出す。


面白かったらクリックお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


不患の大事な役割:囮

あれは不患さん怒って良い(笑)。彼が心の中でこういうのはケンの役割だろ、と思っているというのは気のせいでしょうか。しかし「アイツ一人で良いんじゃないか」というのはよく聞きますがこれほど気の毒な「アイツ一人で良いんじゃないか」はめったにないと思う。

丹翡の義士発言は天骸さんならずとも笑ってしまいますよ。川岸で起きた惨劇見てなかったの丹翡ちゃん。玄鬼宗の皆さんが気の毒すぎましたが、漫画版だと「今日一番殺した奴が戦利品の刀もらえるぜヒャッハー」とデスガリアンみたいなことを日常的にやっているみたいなので似合いの末路と言えなくもない。
とりあえず船員の皆さんが生き残れて良かったです。

Re: 不患の大事な役割:囮

> あれは不患さん怒って良い(笑)。彼が心の中でこういうのはケンの役割だろ、と思っているというのは気のせいでしょうか。しかし「アイツ一人で良いんじゃないか」というのはよく聞きますがこれほど気の毒な「アイツ一人で良いんじゃないか」はめったにないと思う。

率先して一番苦しい役割を引き受けてくれているのに仲間の対応が淡白なのが割とひどい。


> 丹翡の義士発言は天骸さんならずとも笑ってしまいますよ。川岸で起きた惨劇見てなかったの丹翡ちゃん。玄鬼宗の皆さんが気の毒すぎましたが、漫画版だと「今日一番殺した奴が戦利品の刀もらえるぜヒャッハー」とデスガリアンみたいなことを日常的にやっているみたいなので似合いの末路と言えなくもない。
> とりあえず船員の皆さんが生き残れて良かったです。

蔑天骸がさっさと帰ってくれてよかったですねw

丹翡的には敵兵の死体を操るのはOKでも剣の型をアレンジするのはNGらしい。

漫画版だとモブが喋ったりするのか。細かいところも描写できるのは漫画の強みだわね。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://greensnake.blog70.fc2.com/tb.php/4670-3d950653

FC2Ad