シン・ゴジラ

トラブルで最初の10分ぐらい見過ごした・・・
以下ネタバレ

ゴッズィーラ。

日本政府がゴジラへの対応を決めるのに
いろいろ手続きを踏まないといけないのだが、
話のテンポが速いのでストーリーはサクサク進む。
難しい決断なんかもそれが難しいということは示されるけど
決断自体はすぐに済むので中だるみすることがないのは良かったです。
主人公も主人公らしく目立っていたけど
こういうのでよくある家族の描写は携帯にほんのちょっと映っただけで
いわゆるセンチメンタルなシーンは極力抑えられていたのは好印象だった。

ゴジラビーム!
ゴジラが口をぱっくり開けて放射熱線を放ち、
周囲のビルを切断するシーンは、
これまでが進路上の物体を破壊するだけだったのも相まって、
街を火の海にする圧巻の破壊描写でした。
スパロボに参戦したらどの一緒にビルも切断する演出が入りそうだ。
さらに背びれから多数のビームを発射する
マップ兵器のような攻撃法まで加わった。
しかし前総理がさっさと逃げていればヘリを撃墜されずに済んだのだろうか・・・

ゴジラが別作品のゴジラと比べてかなり凶悪化しているのに対し、
こちらは現代世界と同レベルの兵器しかなく、
もちろんモスラもメカゴジラもいないという
ちょっと設定を聞けばかなり無理ゲー状態なのですが、
そこは人類がこれまで以上に知恵を絞ってゴジラと渡り合います。
最終局面の無人列車や戦闘機は現代でできるのかな?とちょっと思いましたが。
ビルを破壊して大質量を叩き付けるのは文明レベルに関係なく有効な戦法ですよね。
一方で最終的には熱核攻撃でどうにかできると言われているあたり
現代社会の破壊力もすさまじいなと思ったり。

難しい用語を並べながらもそれらをすごい速さでまくしたてるので、
2時間経つのが早く感じましたね。
ゴジラに血液凝固剤を注入してからも何かありそうでしたよ。
最後ゴジラの尻尾から人間のようなものが生まれているのは伏線か・・・
これだけヒットしたら続編の可能性は十分あるけど
またゴジラが大暴れしたら日本かわいそうすぎるな・・・

ハリウッド版ゴジラが敵対怪獣MUTOとゴジラが対決するという
日本におけるオーソドックスなスタイルを踏襲し、
それで人気を博したのに対し、
日本版のシン・ゴジラは現代の世界と同じ世界観で、
政治・社会・軍事におけるリアリティに則った上で
人類がゴジラと戦う斬新なゴジラ像を描いてみせた。
初期ハリウッド版、いわゆるマグロを食う方のゴジラが
世界観は斬新だったけど不評だったのが、
同じく新しいゴジラ、人類対ゴジラという図式で
大成功を収めていると思うと中々面白い。
まぁシン・ゴジラの続編では敵対怪獣が出るのかもしれませんが。

追記:クレジットに「マフィア梶田」の名前があったのだが・・・
見ている間は気づかなかったな。

スポンサーサイト

コメント


お久しぶりです。
ゴジラが個人的に最高の形で復活してくれて、感動もひとしおです。
私の知人たちの評価も概ね好評です。
やっぱり、好きな人たちが、好きな物を作るとこうも違うんですね。
庵野監督を始めスタッフの皆さんには、感謝の二文字しか浮かびません。
特にゴジラの進化に関する設定は、『初代ゴジラ』における、『水棲爬虫類から陸上獣類に進化する過程の中間生物が放射能により変異した生物』というゴジラの設定を、忠実に再現していた所は、『此処までやるか…』と唸らされました。

●トラブルで最初の10分ぐらい見過ごした・・・>あらま(^^;

●日本政府がゴジラへの対応を決めるのにいろいろ手続きを踏まないといけない>
今迄のゴジラ作品は、必ず『1954年にゴジラが出現した』という土台が必ずある為、スムーズに武力行使が出来ますが、今作にゴジラが現れたのは、これが作品内世界では初ケース。
中々面白味がありましたね、『怪獣』という存在も単語も根付いてはおらず、ゴジラも終始『巨大不明生物』で通っていましたし。

●ゴジラビーム!>
別名『内閣総辞職ビーム』。
見た瞬間…Σ(@□@;)となりました。
熱線放射で此処までの絶望感を叩き付けられるのは、久しぶりです。
しかも、背びれから、果ては尻尾の先端からも放射線流を放射する様は、失礼ながら『バケモノ…』と心の中で呟いてしまったほどです。

●前総理がさっさと逃げていればヘリを撃墜されずに済んだのだろうか・・・>
その御意見は、的を射ています。
ゴジラが熱線を吐く能力を取得したのは、貫通弾の攻撃を受け、それに対抗すべく『対空戦闘能力』を得るために、急速進化した為です。
劇中でも説明がありましたが、『周囲を飛翔している物は必ず撃墜する為の攻撃手段』が、今回の熱線の役割です。
つまり、退避する際のヘリは、その対象に含まれてしまったわけで。
貫通弾攻撃開始までに退避していれば、或いは・・・。

●ビルを破壊して大質量を叩き付けるのは文明レベルに関係なく有効な戦法ですよね。>
此処は本当に燃えました。
使えるものは全部使って全力で戦う姿勢が本当に熱かったです。

●一方で最終的には熱核攻撃でどうにかできる>
心の中で『無理無理無理!』と突っ込みましたね。
ゴジラに核って…最悪な取り合わせですw

●最後ゴジラの尻尾から人間のようなものが生まれているのは伏線か・・・>
最終的には、自身を追い込んだ人類に対抗し、『人間に進化しようとした』という意見がありますね。
続編は、個人的にですがこのまま終わっていた方が良いですね。
次はまた『新しいゴジラ』が見れれば…。

●またゴジラが大暴れしたら日本かわいそうすぎるな・・・>
核弾頭のタイムリミットも生きていますしね…『前門の虎、後門の狼』とはこの事です。

では、長々と失礼いたしました。

Re: タイトルなし

> お久しぶりです。
> ゴジラが個人的に最高の形で復活してくれて、感動もひとしおです。
> 私の知人たちの評価も概ね好評です。
> やっぱり、好きな人たちが、好きな物を作るとこうも違うんですね。
> 庵野監督を始めスタッフの皆さんには、感謝の二文字しか浮かびません。
> 特にゴジラの進化に関する設定は、『初代ゴジラ』における、『水棲爬虫類から陸上獣類に進化する過程の中間生物が放射能により変異した生物』というゴジラの設定を、忠実に再現していた所は、『此処までやるか…』と唸らされました。

お久しぶりです。
ゴジラにギルギルガンみたく複数の進化形態を持たせるとか新しいと思っていたら
元々の設定に準拠したものだったのですね。


> ●トラブルで最初の10分ぐらい見過ごした・・・>あらま(^^;

地上波放送された時にでも回収したい。


> ●日本政府がゴジラへの対応を決めるのにいろいろ手続きを踏まないといけない>
> 今迄のゴジラ作品は、必ず『1954年にゴジラが出現した』という土台が必ずある為、スムーズに武力行使が出来ますが、今作にゴジラが現れたのは、これが作品内世界では初ケース。
> 中々面白味がありましたね、『怪獣』という存在も単語も根付いてはおらず、ゴジラも終始『巨大不明生物』で通っていましたし。

「怪獣」には巨大を意味する字はないし、巨大不明生物と呼ぶのが適切ですね。


> 別名『内閣総辞職ビーム』。
> 見た瞬間…Σ(@□@;)となりました。
> 熱線放射で此処までの絶望感を叩き付けられるのは、久しぶりです。
> しかも、背びれから、果ては尻尾の先端からも放射線流を放射する様は、失礼ながら『バケモノ…』と心の中で呟いてしまったほどです。

人生から総辞職させるひどい攻撃w

そういやゴジラの代名詞と呼べる攻撃でありながら未だ呼称が安定しないですね。
昔は放射火炎と言っていた気がするが、
スーパーロボット大戦XΩでは「放射熱線」となっていましたし。

> ●前総理がさっさと逃げていればヘリを撃墜されずに済んだのだろうか・・・>
> その御意見は、的を射ています。
> ゴジラが熱線を吐く能力を取得したのは、貫通弾の攻撃を受け、それに対抗すべく『対空戦闘能力』を得るために、急速進化した為です。
> 劇中でも説明がありましたが、『周囲を飛翔している物は必ず撃墜する為の攻撃手段』が、今回の熱線の役割です。
> つまり、退避する際のヘリは、その対象に含まれてしまったわけで。
> 貫通弾攻撃開始までに退避していれば、或いは・・・。

まぁこの作品全体に言えることだけど「結果を予測するのは困難」ということですね。
熱核攻撃ではなく凍結を選んだのもそれが
本当に最善だったのかわからないままのラストでしたしね。


> ●ビルを破壊して大質量を叩き付けるのは文明レベルに関係なく有効な戦法ですよね。>
> 此処は本当に燃えました。
> 使えるものは全部使って全力で戦う姿勢が本当に熱かったです。
>
> ●一方で最終的には熱核攻撃でどうにかできる>
> 心の中で『無理無理無理!』と突っ込みましたね。
> ゴジラに核って…最悪な取り合わせですw

何せゴジラには進化という反則技があるからな。
一方で現実に根差した本作の世界観なら核の熱で死ぬ気もする。


> ●最後ゴジラの尻尾から人間のようなものが生まれているのは伏線か・・・>
> 最終的には、自身を追い込んだ人類に対抗し、『人間に進化しようとした』という意見がありますね。
> 続編は、個人的にですがこのまま終わっていた方が良いですね。
> 次はまた『新しいゴジラ』が見れれば…。

まどかマギカも続編がありそうなラストで結局なかったので今回も
観た人に何かを残すための演出なのかな、とも思う。

まぁ庵野監督にはまずはシン・エヴァンゲリオンを頑張っていただかないとw


> ●またゴジラが大暴れしたら日本かわいそうすぎるな・・・>
> 核弾頭のタイムリミットも生きていますしね…『前門の虎、後門の狼』とはこの事です。
>
> では、長々と失礼いたしました。

1時間で退避するのはさすがに不可能だし
ストーリーに取り入れるのには無理があるしな・・・

マフィア梶田さんは石原さとみの秘書?みたいに、すぐ横にいて資料渡したりしてましたよ。
無人在来線爆弾とかはBGMのせいでものすごくネタみたいに思えましたけど、各駅停車させる必要ないのでやろうと思えば出来そうですよね。

Re: タイトルなし

> マフィア梶田さんは石原さとみの秘書?みたいに、すぐ横にいて資料渡したりしてましたよ。
> 無人在来線爆弾とかはBGMのせいでものすごくネタみたいに思えましたけど、各駅停車させる必要ないのでやろうと思えば出来そうですよね。

思い出せないが情報どうもです。

今の技術でも無人機の遠隔操作とかはできるのかな・・
はるかに技術が進んだはずの宇宙世紀ですら
無人機は実用化されてないのでその辺はさじ加減なのかしら。

次にあちらの世界でやるべきことはゴジラに
凝固剤を注入するロボットの開発ですかね・・w

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://greensnake.blog70.fc2.com/tb.php/4665-29f1da42

FC2Ad