Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀 第四話「迴靈笛のゆくえ」

檜山修之氏演じる狂気の剣士、殺無生登場
雪鴉に恨みを持っていて、彼を探すために
関係がありそうな人間を片っ端から斬り殺してきた。

何がいいって、この作品のキャラにしては名前を憶えやすいし
難しい漢字も使っていないことですね。


それなりの使い手だったじいさんはあっさり噛ませとして散りました。
ファイブスター物語でデコースにやられたロードスを思い出すな。

丹の兄貴とかじいさんとか安元さんとか人形一体作るのも
馬鹿にならんだろうにあっさり噛ませ犬として消費していくなぁ。

アーチャー狩雲霄との至近距離での組み打ちがすごかった。
ランサーは今回も安定の驚き役&噛ませ犬でした。


面白かったらクリックお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


とりあえず雪鴉さん恨み買いすぎ問題。一つトラブル解決するたびに禍根残しまくっているのだろうか。刑骸さんはあっさり手のひら返していたけれどテンギョウケン振り回すと山が消し飛ぶとかギャグみたいな光景になるんでしょうかね。だからとりあえず恨みを収めたのか。
その点ニンニンジャーの好天爺さんは逆らう敵対勢力根絶やしにしてきたのでしょうね。じゃないとあんな堂々と本出版したり警戒心ゼロの子孫が今日まで生きてこれた説明がつかない(旋風含む)。特にVシネマに出てきた天晴と風花の母親、アホ過ぎてギャグでも処理出来ないレベル。

Re: タイトルなし

> とりあえず雪鴉さん恨み買いすぎ問題。一つトラブル解決するたびに禍根残しまくっているのだろうか。刑骸さんはあっさり手のひら返していたけれどテンギョウケン振り回すと山が消し飛ぶとかギャグみたいな光景になるんでしょうかね。だからとりあえず恨みを収めたのか。

それだと3話で不患が言った通り天刑剣使って蔑天骸倒せば済む話だったじゃねぇかってことになってしまうw


> その点ニンニンジャーの好天爺さんは逆らう敵対勢力根絶やしにしてきたのでしょうね。じゃないとあんな堂々と本出版したり警戒心ゼロの子孫が今日まで生きてこれた説明がつかない(旋風含む)。特にVシネマに出てきた天晴と風花の母親、アホ過ぎてギャグでも処理出来ないレベル。

ニンジャ自体どの家も時代が流れるうちにマイルドになっていったのかもしれん。

>マイルドになっていたのかもしれん。
だって旋風の少年時代の回想でしっかり敵対流派の忍者始末していたからそんなに変わっていないと思ったのですが。禍根が好天の子供に行かないとは思えない。

Re: タイトルなし

> だって旋風の少年時代の回想でしっかり敵対流派の忍者始末していたからそんなに変わっていないと思ったのですが。禍根が好天の子供に行かないとは思えない。

あーそういうシーンがあったのですか。
ひとつ前の戦隊だがほとんど内容忘れてるなぁ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://greensnake.blog70.fc2.com/tb.php/4656-0b348700

FC2Ad