ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第15話「漫画家のうちへ遊びに行こう その2」

漫画家岸辺露伴驚異のテクニック。

一晩で19ページを描き、20分で2ページ仕上げる。

康一「下書きしないのォーッ!?」

ベタは塗るのではなく飛ばすもの。
インクを手裏剣のように飛ばして正確にはみ出さずに命中させる。
確かに凄まじい技術が、デジタルなら塗りつぶしにして
クリックするだけで同じことが出来たりするんだよなぁ。

オープニング変更。
1クールごとに変わるのか。意外に間田の出番が多い。
ぼかした映像が多かったので
たぶん話が進めば映像が大きく変わると思われる。
最後に出てくるシルエットの男の目の表現がいいですね。
ネタバレ防止という意味でもw

この頃の露伴はページを破いて相手に危害を加えていたのだが、
記憶するかメモを取っておけばいいのであって
別にページを所有する必要はないのでは・・・?
どちらも露伴なら容易いだろう。

仗助と億泰が露伴の家を訪ねてくるが
露伴に操作された康一は自らの危機を伝えることができない。
仗助と億泰は漫画に詳しくなかった。

しかし康一の手の傷を見た二人は屋敷に忍び込んでいた。

露伴はマンガを一ページ見せただけで億泰を本に変えてしまう。
仗助はドア陰に潜んで難を逃れるが、
露伴は彼が一人で逃げて助けを求めるつもりだと読む。

億泰「由花子が康一の事を知ったらあの女怒りまくるぜぇーッ!」

人体の一部である髪の毛にヘブンズ・ドアーが効くかどうかが分かれ目だなぁ。
原稿が見えないなら効かないはずだが、後期の露伴は
発動条件がどうなったのかよくわからない。
もし髪の毛に効かないなら見えない位置から
遠距離攻撃されると露伴は成す術がない。
時を止められる承太郎も同様。
どんな強力なスタンドも相性次第だという一例。

露伴は仗助を逃がさないために億泰に
自分を困らせたら焼身自殺するよう命令を書き込む。
仗助は目を瞑ったまま露伴に突っ込む!

露伴「君のそのヘアスタイル、笑っちまうぞ仗助!」

ブチ切れた仗助は眼を開いてしまう!

露伴「小汚い野鳥になら住処として気に入ってもらえるかもなぁ?」

怒りのドララララッシュ!
それより早く露伴は仗助の前に原稿をかざすが、
クレイジー・ダイヤモンドの拳は露伴の顔面にめり込んだ!
ジョジョの伝統、ラッシュでタコ殴りの餌食になる露伴。
仗助は怒りのあまり何も目に入らなくなっていた。

承太郎たちがエジプトに行った時、ホリイと同じく
幼い仗助も原因不明の高熱を発していた。
その日は大雪で雪にタイヤを取られていたが、
そこにリーゼントの少年が現れ、雪の下に自分の学ランを敷いて仗助を助けた。
リーゼントの少年は台詞がテロップで表示されるだけで声は無し。

ピンクダークの少年は一ヶ月ほど休載した。

エンディングは変更なし。
更にキャラが増えるごとに映像を追加していくのだろう。

次回は狩りに行こう!


面白かったらクリックお願いします

にほんブログ村 アニメブログへ
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://greensnake.blog70.fc2.com/tb.php/4633-ffc3c38c

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない「15 漫画家のうちへ遊びに行こう その2」

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない「15 漫画家のうちへ遊びに行こう その2」に関するアニログです。

FC2Ad