Fate/stay night Garden of Avalon

Fateの円卓時代のドラマCD買った。
もうじき実装されるらしいFGOのキャメロット編の予習も兼ねて。
櫻井孝宏さんと小野大輔さんがとてもよかったです。

以下ネタバレ



花の魔術師、もとい非人間マーリン
人間と夢魔の混血児で、女性にだらしないという事で
ダ八戒と同じ属性を感じる。
種族的な意味で「非人間」と
人倫から外れていると言う意味の「非人間」のダブルミーニングなのね。

「人類のハッピーエンドを望んでいるが、一個人への愛情は無い」
「幸福な繁栄の名の下に多くの人命を虫のように消費してきた」
いいよ~~こういうキャラ。
Fate界のメルクリウス(Dies irae)やヨーカーン(され竜)的なポジションか。

オープニングに始まり殆どの地の文を櫻井孝宏さんが担当している。
「最上級の繊維で編まれたローブ」「虹色のローブ」
単に地の文なのだけれど自画自賛しているみたいでおもろい。

「~~ですとも」口調のリリィ時代だった頃のアルトリア。

小野大輔ボイスのケイ兄さんがかっこよすぎるんですが・・・
キャメロット編でのビジュアル公開が楽しみ。
ケイ兄さんは一目でアルトリアが女だと見抜いていた。

聖剣を引き抜こうとして失敗する騎士が
いかにもこの状況のためだけにいるモブって感じだ。
こういうモブ、NARUTOやグラブルに出てきそう。

誰も聖剣を抜けないので騎士たちはリーグで王を決める予定だったらしい。

ヴォーティガーンやべえ。
巨大な魔竜で正体はブリテン島そのものとは。
アルトリアとガウェインのW聖剣コンビと渡り合い、
さらにロンゴミニアドまで使ってようやく勝てる相手とか。
慢心王は自分の美学で中々全力出さないけど
アルトリアも色んな状況や制約のせいで
全力出せないサーヴァントよね。

アグラヴェインよさげなキャラだな。
アルトリアの本性を知りながら、全体の勝利のために利用していたとか、
銀河英雄伝説のオーベルシュタインみたいで好きな方のキャラだ。
可能性が薄いがキャメロット編に出ないかなぁ。

Zeroの聖杯問答で「アルトリアが理想的な王であることの何がいけないのか」が
イスカンダルの意見も漠然としていたせいかいまいちよく分からなかったが、
「平和をもたらすために理想的かつ合理的な道を進んでいたが、
その過程で生まれる犠牲に臣下や民は耐えることができず反乱に繋がった。
即ちアルトリアの欠点とは自分以外の人間の弱さを推し量ることができなかったこと」と分かりやすく説明されていた。
・・・まぁ、これおよそあらゆる為政者に当てはまりそうだけど。

ランスロットやモードレッドの心境を理解しろとか
普通の人間でもまず無理だと思います。

とりあえず分かったのは切嗣とアルトリアは相性良かったんだな。
アルトリアは他の者達が明日の勝利を見ている中、
最終的な勝利のために全てを組み立てる軍略家でもあったらしいし。
双方非情に徹して勝利のみを追求していたら敵なしだったかもしれん。
まぁ基本冬木の聖杯戦争に勝利はないのだが。

アルトリアの最期、アルトリアに聖剣を湖に捨てるよう頼まれたベディヴィエールが
何度も躊躇ったところをアルトリアに見抜かれてようやく捨てに行く下り、
「父上中々死なないな」とか「ギャグ漫画みたいだなぁ」とか思ってしまったw

最後は一気に時間が飛んで、ステイナイト終了後の
アルトリアをマーリンが見て「満足!」したシーンで終了。
これまでずっとブリテンの悲劇を描いたストーリーだったのに
最後幸せな幕引きになったと言われても唐突な感じが・・・w

マーリンのペットであるキャスパリーグはフォウくんなのだろうが・・・
当時はまだその設定決まって無かったのか
「フォウ」じゃなくて「キュウ」と鳴いています。


面白かったらクリックお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


キャメロット編いよいよ来ますね
さてさてエルサレムの名が消えた事で色んな事情が絡まったかもしれないので
作り直したかどうかも背景や活躍するサーヴァントが楽しみです
獅子心王はどちらでもいけそうなのが美味しいw
無論中心になるのは円卓の騎士達なのでしょうが。

>ヴォーティガーンやべえ。
>巨大な魔竜で正体はブリテン島そのものとは。
>アルトリアとガウェインのW聖剣コンビと渡り合い、
>さらにロンゴミニアドまで使ってようやく勝てる相手とか。

魔竜の息吹はセイバーオルタのエクスカリバーなイメージでOKです
マイルームボイスでミイラ取りがミイラ取りにと自虐する声が聞けますよw
ドラマCDの一番の収穫はアルトリア本人の
ロンゴミニアドの宝具口上が聞けたことですね。

>アグラヴェインよさげなキャラだな。
>アルトリアの本性を知りながら、全体の勝利のために利用していたとか、
>銀河英雄伝説のオーベルシュタインみたいで好きな方のキャラだ。
>可能性が薄いがキャメロット編に出ないかなぁ。

オーベルシュタインにとても能力は似ていますが
人間性は結構真逆だったりします
ドライなリアリストではなくアーサー王には心底崇拝してた模様
アルトリア本人からもブリテン島の秘密を打ち明けられるほど信頼も厚いので
ならより奇跡の神秘をと聖杯探索を提案して国の存続を図ったり
ギネヴィアはアーサー王の妻にはふさわしくないと事あるごと
に小姑みたいな事したりと。
戦場ではどんな強敵(ランスロット除く)にも
無傷で生還する傷知らずの異名を持っていたりと。

>ランスロットやモードレッドの心境を理解しろとか
普通の人間でもまず無理だと思います。
>即ちアルトリアの欠点とは自分以外の人間の弱さを推し量ることができなかったこと」と分かりやすく説明されていた

モードレッドは無理でしたでしょうが
ランスロットへの対処が致命的なミスだったんですよね…
王として裁ききれずに女である自分を王妃として支えてくれた妻に
ノーマルな幸せを与えくれた友人を祝福する対処という
ほぼ唯一と言っていいほど自分の心情を優先したが為に

>とりあえず分かったのは切嗣とアルトリアは相性良かったんだな。
>アルトリアは他の者達が明日の勝利を見ている中、
>最終的な勝利のために全てを組み立てる軍略家でもあったらしいし。
>双方非情に徹して勝利のみを追求していたら敵なしだったかもしれん。

ゲーム本編のアルトリアの回想だと
まさにそんな戦い振りみたいな口振りでしたねぇ

このGarden of Avalonでソロモンが魔術の王である事や
最高位の魔術師に必要不可欠な千里眼に
魔術世界を封印する聖槍など重要設定が次々と明らかになっていたので
実に濃密な作品でしたよ

Re: タイトルなし

> キャメロット編いよいよ来ますね
> さてさてエルサレムの名が消えた事で色んな事情が絡まったかもしれないので
> 作り直したかどうかも背景や活躍するサーヴァントが楽しみです
> 獅子心王はどちらでもいけそうなのが美味しいw
> 無論中心になるのは円卓の騎士達なのでしょうが。

年代的には主役はリチャードっぽいんだけどなぁ。
ケイの宝具がどうなるのかも気になる。
果たして敵はオスマントルコなのか再生ヴォーティガーンなのか・・・


> 魔竜の息吹はセイバーオルタのエクスカリバーなイメージでOKです
> マイルームボイスでミイラ取りがミイラ取りにと自虐する声が聞けますよw
> ドラマCDの一番の収穫はアルトリア本人の
> ロンゴミニアドの宝具口上が聞けたことですね。

今のところオルタバージョンだけですからね。


> オーベルシュタインにとても能力は似ていますが
> 人間性は結構真逆だったりします
> ドライなリアリストではなくアーサー王には心底崇拝してた模様
> アルトリア本人からもブリテン島の秘密を打ち明けられるほど信頼も厚いので
> ならより奇跡の神秘をと聖杯探索を提案して国の存続を図ったり
> ギネヴィアはアーサー王の妻にはふさわしくないと事あるごと
> に小姑みたいな事したりと。
> 戦場ではどんな強敵(ランスロット除く)にも
> 無傷で生還する傷知らずの異名を持っていたりと。

そこまで描写があるならドラマCDに出してあげればいいのにw
本人の戦闘能力も高いのか。ますますGOに出るべき人材だ。


> モードレッドは無理でしたでしょうが
> ランスロットへの対処が致命的なミスだったんですよね…
> 王として裁ききれずに女である自分を王妃として支えてくれた妻に
> ノーマルな幸せを与えくれた友人を祝福する対処という
> ほぼ唯一と言っていいほど自分の心情を優先したが為に

確かにリアリストならここは容赦なく処断するところですね。
そうなるとランスロットが思っていたほど
異常でも非人間的でもなかったと分かりそうなものだが・・・


> ゲーム本編のアルトリアの回想だと
> まさにそんな戦い振りみたいな口振りでしたねぇ
>
> このGarden of Avalonでソロモンが魔術の王である事や
> 最高位の魔術師に必要不可欠な千里眼に
> 魔術世界を封印する聖槍など重要設定が次々と明らかになっていたので
> 実に濃密な作品でしたよ

ドラマCDに描かれてない部分もかなりあったんですね。
もうちょっと経てば単品の小説で発売してくれないかなw

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://greensnake.blog70.fc2.com/tb.php/4625-9d97d2da

FC2Ad