Fate/strange Fake 3巻

ネタバレが怖いので発売してすぐ読みました。

以下ネタバレ

成田作品でアメリカが舞台となればマフィアが出て来ないはずがない。
バズディロット・コーデリオンといい妙に肝が据わっているその配下たちといい
彼らは実に成田作品らしいキャラ達ですね。

真アーチャーの正体はヘラクレス。
しかも今FGOで流行りのオルタバージョンで
いきなりの令呪三画使用とアンリマユの泥によって変質し、
神々を憎んでいることから元々の名前であるアルケイデスを名乗る。
クラスはアーチャーだがアヴェンジャーでもあるらしく、
グランドオーダーではどちらのクラスで参戦するか気になるところだ。

中々うまいタイミングで使われないことに定評のある令呪ですが
(これも今となってはモードレッド組など
ベストな使い方ができるパティーン多くなったけども)
コーデリオンはのっけから令呪三画を使い切り、ヘラクレスをアヴェンジャーへと堕とす。

アルケイデスの回想に出てくる高慢な態度が特徴の金髪の男ってイアソンか。
「確かに噂通りの化け物だ!」
「オレと共にいる間だけ、君は化け物じゃあなくなるよ」
「未来の王を護りし、大英雄だ」

台詞は五行しかないのに次第にデレていっているんですがw

そして真ライダーの真名は、
ヘラクレスに因縁を持つアマゾネスの女王ヒッポリュテ
生前はヘラクレスの手によって殺されている。
アルケイデスと同じ帯を持っていたのは神話の中で奪われた宝具だからなのか。
馬も彼女の宝具らしいが、調べてもそれらしいのは出て来ないな。

デュマが巌窟王について触れていましたね。
いずれデュマもGOに出ると思うけどエドモンがどう対応するのかは気になるな。
いやたぶん素っ気ないんだと思うけど。

セイバーの真名は獅子心王リチャード一世
座にいる自らの知人の魂を召喚する宝具と、
手にしたもの全てをエクスカリバーにする宝具、
永久に遠き勝利の剣(エクスカリバー)を使う。

セイバーの宝具は剣そのものではなく、
生前自分の武器をエクスカリバーと呼んでいたことから、
手にしたもの全てをエクスカリバーにする能力だった!
エクスカリバーがビーム砲というFate世界の常識に基づいた宝具効果には笑うしか。
アルトリア顔のみならずエクスカリバーもバーゲンセール状態だな!

エルキドゥ「僕が友達を作ったり、誰かと手を組もうとする度に、
『友と手を組むに相応しいか、我が試してやろう』なんて言って
無理難題をふっかけては追い払うんだ」


なんかすっごくギルらしいエピソードだわw

アルケイデスのマスター、バズディロット・コーデリオン
かつてアトラム・ガリアスタが作ったシステムの発展型を用い、
二万を超える人間を魔力結晶の贄として、
アルケイデスを運用する魔力を抽出していた。
メディアには神代の魔術に比べると児戯に等しいと
ばっさり切り捨てられたアトラムさんの魔力結晶システムですが、
効率の悪さは数で補えるし、それ自体技術進歩に伴い向上していくもの。
とかく現代社会の効率性や物量を重視する
成田先生がこれに目を付けないはずはなかったw

真キャスターはフランチェスカの正体で、
過去の彼女であるフランソワ・プレラーティ
過去の自分自身を召喚するというまた新しいパティーンが生まれたな。
てかプレラーティであることはカバーのあらすじでネタバレしてるしw
ちょうど今FGOで剣ジルにプレラーティの激励なるスキルが追加されていた。
フランソワくんとフランチェスカちゃんが悪の道に進むように励ましてくれるんですね。

真バーサーカーは四本足の蜘蛛のような機械で、
ニコラ・テスラのライバルと言われていることから
トーマス・エジソンなのだろうな。
キャスターはライオン丸でバーサーカーは機械蜘蛛、
いずれにせよまともな人間の姿では召喚されないらしい。
執筆時期を考えれば被るのは仕方がないのだが、
Fateで新規サーヴァントが出る度に二次創作サーヴァントが
消えて行っているなぁと思っていたが、それはプロ作家の間でも例外では無いようで、
何かサーヴァントにする英霊の奪い合いみたいな状況になっている。

ランサーのマスターになるはずだった若き傭兵・シグマは久宇舞弥の息子だった。
実は彼女の名前忘れていたので調べ直したw
ウォッチャーについては謎が多すぎてまだ何とも言えんなぁ。

エピローグでは、時間が大きく飛んで
アルケイデスとジャックが戦っているシーンが描かれている。

宝具・悪霧は倫敦の暁と共に滅び去きて(フロム・ヘル)を使用。

巻末にはアルケイデスとヒッポリュテのパラメーターを記載。
アルケイデスはEX宝具持ちのようだ。
宝具・十二の栄光(キングス・オーダー)でバーサーカー版では見られなかった
十二の試練にまつわる宝具を色々使うようなのでこの先楽しみですね。

半年置きにリリースすると言われているFakeですが今やFate世界は日進月歩。
FGOによってこの半年の間にサーヴァントの数は爆発的に増えており、
被ったのがエジソン一人というのも考えようによっては少ない方だと言える。
時期的にはアルケイデスはだいぶ前に設定されたキャラだろうけど
ちょうどよくFGOのオルタブームに乗れた感もある。


アーチャー:ギルガメッシュ
ランサー:エルキドゥ
ライダー:ペイルライダー
アサシン:ハサン・サッハーバ
キャスター:アレクサンドル・デュマ
バーサーカー:ジャック・ザ・リッパー

セイバー:リチャード1世
アーチャー/アヴェンジャー:アルケイデス
ランサー:????
ライダー:ヒッポリュテ
アサシン:ハサン・サッハーバ
キャスター:フランソワ・プレラーティ
バーサーカー:????



面白かったらクリックお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


>神々を憎んでいることから元々の名前であるアルケイデスを名乗る。
>クラスはアーチャーだがアヴェンジャーでもあるらしく、
>グランドオーダーではどちらのクラスで参戦するか気になるところだ。

多分アヴェンジャーじゃないですかね。クラス数増やすのも兼ねてw
アーチャー枠はそれこそヘラクレス用に取っておくとか。

>セイバーの真名は獅子心王リチャード一世。
>永久に遠き勝利の剣(エクスカリバー)を使う。

今巻読んだらGOにも来そうな気がしてきました獅子心王
宝具名も明らかになったし6章の舞台的にもいけそうだなぁと
後は単純にカルデアで円卓勢への反応が見てみたくなりましたw

>エルキドゥ「僕が友達を作ったり、誰かと手を組もうとする度に、
>『友と手を組むに相応しいか、我が試してやろう』なんて言って
>無理難題をふっかけては追い払うんだ」

そもそもギルこのFakeでも最初の再会の終わりに
エルキドゥのマスターがどんな奴か気にしてましたねw

Re: タイトルなし

> 多分アヴェンジャーじゃないですかね。クラス数増やすのも兼ねてw
> アーチャー枠はそれこそヘラクレス用に取っておくとか。

原作通り両方の特性を持つなら
ルーラー有利を持ったアーチャーってのが理想的なんですがねぇw
セミラミスのような二重特性は運営もどうするのか考え中かな。


> 今巻読んだらGOにも来そうな気がしてきました獅子心王
> 宝具名も明らかになったし6章の舞台的にもいけそうだなぁと
> 後は単純にカルデアで円卓勢への反応が見てみたくなりましたw

特に既に戦隊を組める数がいるアルトリアたちにどう反応するか・・・w

タイトルに表示されてる年代的には彼が主役級の鯖になりそうなんですけどね。


> そもそもギルこのFakeでも最初の再会の終わりに
> エルキドゥのマスターがどんな奴か気にしてましたねw

スゴイ面倒なタイプだとわかる。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://greensnake.blog70.fc2.com/tb.php/4600-4eab2ffa

FC2Ad