遊戯王ARC-V 第101話「銀河の眼」

まずは沢渡とカイトがデュエル!
物凄く久しぶりにアクションデュエル前の口上をやる。

デュエルをやめさせるために権現坂も加わり、乱入ペナルティで2000のダメージを受ける。

権現坂は超重武者ソード999装留仲裁の効果で
場の誰も攻撃できない状況を作り出す。
沢渡のアクションマジックの効果でその状況は崩れる。

カイトはサイファー・ウイングを2体召喚する。
サイファーは光波のこと。
光波干渉(サイファー・インターフェース)の効果で
同じ名前のモンスターが2体並ぶ時、攻撃力を2倍にする。

沢渡は魔界劇団の欠員
選択したモンスターと同じレベルのモンスターを
特殊召喚の素材にできなくする。

遊矢の中のユートにはカイトの記憶があった。
昔のカイトはもっと明るい性格だった。

沢渡はファンキー・コメディアンとデビル・ヒールで
ビッグ・スターとワイルド・ホープをペンデュラム召喚する。

かつてユートと隼はハートランドデュエルスクールのスペード校で学んでいた。
カイトはライバル校のクローバー校のエース。
相手の戦術を直感的に見抜く能力を誰よりも優れていた。

光波連環(サイファー・チェーン)で繋がれたモンスターが一体でも破壊された時、
繋がれたモンスター全てが破壊され、
攻撃力の合計分のダメージを全てのプレイヤーが受ける。
しかしカイトだけは光波防壁(サイファー・シールド)
効果ダメージを無効化できる。
円環少女であった相似大系の相似弦のようだ。

ユート「確かに豪快ではあったが、こんな容赦のないデュエルをするなんて、
以前のカイトでは考えられない!!」


別に後ろ指差される戦法でもなかろうにw
大体実質2対1で掛かってる方が容赦ないだろw

権現坂「闇に潜む忍びの者よ、山にこだまする叫びと共に、
荒れ果てた戦場に現れろ!
いざ出陣!超重忍者サルト-B!」


サルト-Bの自分の墓地に魔法・罠が無い時、
相手の場に効果で魔法・罠カードを一枚破壊する。

ユートと一緒にデュエルを解説する遊矢w

カイトは3枚目のサイファー・ウイングを墓地に送り、
サイファーモンスターのレベルを4上げる。
魔界劇団の欠員はレベルを指定する効果なので、
サイファー・ウイングでエクシーズ召喚を行うことができる。

カイト「闇に輝く銀河よ!復讐の鬼神に宿りて我がしもべとなれ!!
降臨せよ!ランク8、
銀河眼の光波竜(ギャラクシーアイズ・サイファー・ドラゴン)!!」


相手の場のモンスターを、効果を無効化してそのコントロールを奪い、
銀河眼の光波竜として扱い攻撃力を同じにする。
場に2体の光波竜が揃ったことで、光波干渉で攻撃力が2倍になり、
沢渡と権現坂を葬り去る。

急にユートが遊矢のアストラルや大徳寺先生化して自然に会話しているw



面白かったらクリックお願いします

にほんブログ村 アニメブログへ
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://greensnake.blog70.fc2.com/tb.php/4579-2265baf8

FC2Ad