おそ松さん 最終話「おそまつさんでした」

もう新規アニメ始まっているけど少しずつ前期に見たアニメの感想書いていくよ。
まずはこの言わずと知れた大ヒット作から。

最終回の感想は、あーやっぱりそうなったかー、と言うのが本音。
まぁまだまだ稼げるコンテンツだし
2期3期をやることを考えるとそれが順当な流れだよねー。

ただお陰で作品としては穏当な、悪く言えば
インパクトに欠ける終わり方になってしまったのも事実。

いきなりセンバツに選ばれてルール無用の野球やって
最後は宇宙人と戦ってボロ負けするのが穏当な最終回ってのもおかしな話だがw
これが普通の話なら面白かったで終わりなのだが、
最終回でいつも通りだと特別感がないというか・・・
そうか、特別感がないのはF6が出なかったからか。

私的には六つ子がニートを脱却するシリアスのまま進んで
どこまで行ってしまうのか見たかった気持ちもある。
いやそれが見たかった、というよりは、そうなった方が
作品としてはネタになったんじゃないかなと思う。
2期は過去の時間軸という事にすれば問題あるまい。
ミルキィホームズが駄目駄目なのは許容できても
松野六つ子のニートはそれが魅力であるとまでは思わないわたし。

トータルで見ればもちろん面白かったです。
パステル調?っていうのかな、キャラデザや色遣いも
好みでしたしそこもヒットした所以なんでしょう。
声優陣も豪華でしたが改めて声優さんの技量には感心するばかり。
パロディや奇抜な設定を用いた回よりも、
基本的には松野家の六つ子がひたすら喋り倒す回が鉄板です。
互いを罵倒したり突っ込んだりするやり取りが耳に心地よい。
そしてイヤミ役の鈴村健一さん良かったです。
オリジナルのイヤミの声なんて聴いたことはあるけど
覚えてなくて、それでもこの上なくイヤミらしいと言える演技でした。


面白かったらクリックお願いします

にほんブログ村 アニメブログへ
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://greensnake.blog70.fc2.com/tb.php/4565-5e6e70b6

FC2Ad