Dies irae ~Interview with Kaziklu Bey~

谷山紀章さん演じるヴィルヘルム・エーレンブルグを
主人公に据えたディエスイレシリーズの新作。
インタビューウィズカズィクルベイ、略称イカベイ

以下ネタバレ。ディエスイレ本編のネタバレも含む。

ドラマCDはあみあみのクラウディアの懺悔室男性編にしました。

・黒円卓は大半が頭にネジさえついていないあっぱらぱー
・マッキーコロシアムでしごかれるトリファ
・トリファ、ルサルカと黒円卓カースト下位組の扱いは過酷です
・シュライバーの楽しそうな声が聴けて概ね満足
・ルートヴィヒとエレオノーレ、片思い繋がりなのかw

本編

・インストール後ゲームを起動したらいきなりベイの第一声から始まる。
・オープニングはうちのパソコンでは音がまともに鳴らないようです・・・
公式の映像で見ればいいんだけども。
・リザの聖遺物は一人を集中して操る時は仮面の形になるが、
複数の死体を操る時はドレスの形態になる。
・黒円卓の中でも特にベアトリスの出番が多い。
ヴィルヘルムとクラウディアの関係を客観的に見られる割と大事なポジション。
公式ではメインキャラのように紹介されているけど
実は終盤以外あまり出番のないヘルガ姉さんよりずっとメインキャラしている。
・ヴィルヘルムとエレオノーレはラインハルトに熱烈に忠誠を捧げていたり、
ラインハルトの祝福がどんなものが正確に理解して
それを求めていると言う点で最も気が合う仲らしい。
・市場での値切り交渉などの世俗に長けているシュピーネさん。
世俗に疎い多くの騎士団員が世話になっていることも判明。
・以上のようにヴィルヘルムを中心とした黒円卓の日常や人間関係を描いた話が多い。
・メルクリウスが出て来るとキター!ってテンションが上がる。
鳥海さんの演技最高だし何だかんだで皆に愛されている水銀。
・ラインハルトがエレオノーレを姫様抱っこするCGって
何かの企画の使い回しかと思ったけど新規CGみたいやね。
・ヴィルヘルムの憂さ晴らしに付き合うシュライバーと
闘技場にいたマキナとのバトルロイヤル!
当初のディエスイレではシュライバーのBGMと司狼のBGMが入れ替わっていたので
シュライバーの曲が正しく使われているのを聴くのはこれが初めてだ。
・自分の信念に関することについては多弁になるマキナ卿。
・オープニングに出てきた巨大黄金髑髏は予想通りグラズヘイムの別形態でした。
・ルートヴィヒは神の影響で闇が人格を持った存在。
創造の半歩上の領域で、黒円卓の面々をものともしない強さを誇る。
・相手を理屈に嵌めて勝つ、力で全てを消し飛ばす。
両方達成してこそ完全勝利!
このシリーズらしい理屈をつけた戦法でヴィルヘルムが、
最後はラインハルトが聖槍の一発で決着をつけた。
当初はもうちょっとまともな戦いになるかもと思っていたが獣殿強すぎんよー。
・正田作品恒例、男同士の拳と拳の殴り合い!
ヴィルヘルムとルートヴィヒの言葉の応酬が熱い。
主題歌のインストが流れるのがいいですね。
「売れてるもんの出来がいいとは必ずしも限らねえが、売れねえもんの出来がいいなんてことぁありえねえんだよ!!」
一部のクリエイターには刺さる台詞では?w
というか、当のイカベイは大丈夫なんだろうか。ディエスプレイヤーはみんな買うと思うが。
「こいつの魂を輝かせてからぶち殺して喰ってやるぜヒャッハァ!」
「させるか!彼女は死なせない!私が守る!!」

女を殺して自分の糧にしようとする男と女を何が何でも護ろうとする男の対決。
前者が主人公です。
・瀕死の体で殴り合いながら売れないマイナー作品は駄目だとか自然環境について討論していた。
・メルクリウスがいらんことを言ったせいで・・・
・「ベイ、君だけ非モテを脱却させはしないよ(言っていません)」
・クラウディアはラスボスになると踏んでいたが、ここでその展開が来るとは読めなかった。
・どの道クラウディアの死は避けられなかったのか・・・
いや、もしかしたらベアトリスの救援が間に合って何とかなったかもしれないので
やっぱり水銀がいらんことしなければw
・最後は特殊工作員だったディナが上官に口封じに殺され、
ヴィルヘルムがまたも望んだ相手を取り逃がすという落ち。
まるで映画みたいなラストシーンだった。
・ディエスイレのヴィルヘルムは終始一貫して悪党でクズ野郎で、
このイカベイでも基本そのラインは崩されておらず、
それでいて物語はラブストーリーとして仕上がっている。
その辺のバランス感覚は絶妙だなと思います。
・黒円卓の集合絵は最後の最後で使われる。
流れるBGMはこれまで使われなかったエレオノーレの曲。
・概ね面白かったですが唯一不満を上げれば
ルートヴィヒの技?とクラウディアの創造に漢字がついていなかったことですね。
後でデータベース化する時めんどうじゃないかw
このシリーズでそれが一番楽しみなので。

今回も期待通り面白かった。
終盤はテキストを読むのが止まらない怒濤の展開でしたね。



面白かったらクリックお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


面白かったです。

ベイ中尉は、一くせあるけれど、憎めない子ですゆね。
クラウディアとの関係、切なかったですね。

Re: タイトルなし

> ベイ中尉は、一くせあるけれど、憎めない子ですゆね。

やはり谷山さんの演技がいいですよね。


> クラウディアとの関係、切なかったですね。

過去の出来事なので生存はあり得ないとわかっていた分余計にね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://greensnake.blog70.fc2.com/tb.php/4562-98ce9e30

FC2Ad