2015年まとめ

先に挨拶から。
閲覧者の皆さま、今年も足を運んでくださってどうも有り難うございます。
来年も皆様にとって良いお年でありますように。

最大の変化はソーシャルゲームを始めた事ですかね。
お陰でこれまではアニメを見ている間にテキストを書いていたのが、
代わりにソシャゲで稼ぎをやるようになったので
投稿数もめっきり減ってしまいました。
以下は特に面白かった作品の感想になります。


ルヴォワールシリーズ

今出川ルヴォワールから始まる円居挽氏の推理小説シリーズ。
既に完結しているのだが、私的裁判の双龍会や
それに参加する龍師に二つ名や決め台詞があるのが気に入った。
推理小説としてもいずれも驚かされる結末ばかり。
既にシリーズは完結しているが氏の新作が楽しみだ。


ダブルクロス 東京アルティメット

前回の東京アンリミテッドに続き、また読者募集企画があったのだが
またも私のキャラが採用されていたばかりか、
同じ卓の友人が募集したキャラまで数名採用されているなど
我が卓の大勝利と言える結果だった。


NARUTO

年末あたりに見たThe LASTが切っ掛けで、
アニメの本放送やジャンプで短期連載された外伝を毎週見るのは勿論、
疾風伝を最初からレンタルDVDで見たり、
小説の秘伝シリーズを全て読んだりと
今年は長期に渡ってNARUTOを振り返った一年になった。
最初の感想記事を書いたのが2月頃だから
本当にNARUTOと共に歩んだ一年と言っても過言では無かった。
アニメ版はアニメオリジナルの出来がよく、
何より声優が付くので原作を読むときよりも楽しめた。


されど罪人は竜と踊る 15、16巻

最も好きな小説シリーズであるされ竜の新刊。
今年の年始あたりにアザルリの参戦が決まったことから本当に楽しみにしていました。
アザルリが凄い私好みのキャラ造型だったし、
後半の怒濤の展開はこれまで読んだ小説でも五指に入るレベルだった。
これからも十二翼将や世界の敵、まだ見ぬ強者たちの戦いから目が離せません。


相州戦神館學園 万仙陣

去年発売された相州戦神館學園八命陣の続編。
例によって異能力バトルものとしては最高峰の出来で、
今回もラスボスのキャラが濃いのが良かった。
来年はインタビュー・ウィズ・カズィクル・ベイに期待しています。


第3次スーパーロボット大戦Z 時獄篇、天獄篇

時獄篇は長らく途中でストップしていたけど
動画で見たアン・アーレスの戦闘アニメに触発されて再開し、
時獄篇を一気にクリアしてそのまま天獄篇もクリアした。
戦いの規模もかつてないレベルに跳ね上がり、
これまでZシリーズで貼られてきた謎や伏線が一気に回収されるのは圧巻でした。
原作再現ではアニメに先駆けて参戦した
フルメタル・パニック!の原作小説版が
戦闘以外でも名台詞や重要な掛け合いは声付きで再現したり、
原作ではとっくに死んでいるゲイツ様が活躍したりと非常にクオリティが高かった。


Fate/Grand Order

今年の夏ごろ、サービス開始とほぼ同時に始めたソーシャルゲーム。
理由は暑いので冷房の効いたデパートで座って遊べるゲームが欲しいというものだった。
私のチャット仲間も一斉に初めていて、常に話題の中心にあったゲームでした。
当初はイベントNPCやフレンド様におんぶにだっこで進んでいたけど
割とガチャ運に恵まれたお陰か順調に戦力を上げることができた。
システムは当初ガチャが全部礼装だとか、
戦闘シーンがスキップできないとか至らぬ点が多々あったけど、
すごい速さで不満点が修正されていって、
今ではかなりの良システムになっていると思います。
むしろサーバーダウンのお陰で詫び石が貰えるんだから
これは長所の一つに数えていいと思います。
一方で詫び石の蓄積やギルガメッシュプレゼントもない
途中参加の方は大変だなと思いますが・・・
織田信長が確定入手サーヴァントになった時は嬉しかったですね。


戦国BASARA4皇

4で敵武将だったキャラが全てプレイアブル化され、
これまでドラマルートの無かったキャラの新ストーリーに加え
4のストーリーも全て収録されるなど
戦国BASARA4の追加バージョンと言うより完成形と言える内容でした。
4の段階ではまだ未クリアの武将も多くいたので、
彼らを「皇」のシステムで攻略できたのはありがたかった。
毛利元就と大谷吉継に新しいストーリーが追加されていたので
個人的にはこれだけでも大満足でした。


ブレイブルー クロノファンタズマ エクステンド

確か最新作のセントラルフィクション発表が切っ掛けで始めた。
ブレイブルーシリーズは同じタイトルでも何度もバージョンアップを繰り返して、
その度に新キャラや新ストーリーが追加されており、
最終バージョンに当たるソフトを買った方がお得なので買える機会を待っていました。
コンティニュアムシフトの時は最終一つ前のバージョンを買ってしまいましたからね。
格闘ゲームとは思えないほど濃密なストーリーは
単なるノベルゲームとしても十分以上に愉しめるものでした。
BGMは良曲揃いだし、ハザマ、レリウス、アズラエルと好きな声優さんが
好みのキャラクターを演じているのがたまらない。
ギャグルートは本作でも健在で、
本編ではなりを潜めていたジンのヤンホモぶりが全開で、
トリニティさんの驚きの黒さ、
事ある毎にホットパンツをネタにされるバレットさんと大いに笑わせてもらった。
いつでも見られるからと長い間放置していたぶるらじも一気に視聴しました。
今井さんかわいい!


セブンスドラゴンⅢ CODE:VFD

セブンスドラゴンシリーズ最終作。
途中で自由に名前・性別・外見を変更できる、キャラメイクの自由度の高さと
ストーリーのハードさが売りのシリーズ。
今回は途中から新メンバー・職業が追加されるせいでメンバー間に
レベル差ができてしまうネックはあったが最終的にはあまり気にならなくなった。

ストーリーはこれまで東京が舞台だったのが、過去のアトランティス、
未来のエデンと大きく広がり、最終作に相応しいスケールの作品になった。
えげつのないストーリー展開は本作でも健在で、終盤の展開には絶句させられた。


グランブルーファンタジー

11月末あたりに開始。百合キャラであるヴィーラ目当てで始めたんだが、
3000円で好きなキャラ一人で10連ガチャができる
スタートダッシュガチャチケットなるものがあり、
これを買ってソーシャルゲームでついに課金する。
始めたばかりなのでまだ何とも言えないところはあるが、
マルチバトルで到底勝てないようなボスでも救援に入るだけで報酬貰えたり、
イベントでキャラクターを入手できる条件が緩かったり、
前述のスタートダッシュチケットの存在もあって
初心者でも楽しめるシステムにはなっていると思う。


面白かったらクリックお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://greensnake.blog70.fc2.com/tb.php/4499-9c802956

FC2Ad