2015年オールキャラベスト10

NARUTO、されど罪人は竜と踊る、相州戦神館學園、
第3次スーパーロボット大戦Z天獄篇などのネタバレを含みます。
主要なところは伏せ字にしています。
主要で無いところの基準はカバー裏のあらすじなどで分かる範囲です。

第1位 アザルリ(されど罪人は竜と踊る)

今年頭に発売した、され竜15,16巻にて
ついに本格参戦したモルディーン十二翼将第六席。
短編集では声だけの登場だったが、
そのハイテンションなキャラクターと作中最強クラスの強さを持つ
上位翼将であることから参戦を熱望していたキャラで、
ちょうど年始あたりで彼の参戦が決まった時は本当に嬉しかった。
凶暴な顔つきに全身包帯姿、一人称は『俺様ちゃん』とどストライクなキャラ造型。
圧倒的な体術に加え、防御不能の次元咒式を操るなど
長編のボスキャラに相応しい強さで
今年はおろか数年内でもぶっちぎりでトップを取れるキャラクターだった。
本当ドラマCDか何かで声付きで出て欲しい。

<ネタバレ>
正体はあちらの世界におけるイェフダル(ユダ)なので
グランドオーダーあたりにゲスト参戦してくれねぇかなとまで思うぐらい。


今年の2位以下は、順位がほとんど意味が無い
団子状態だが彼は迷わず一位に選んだ。


第2位 バルビエル・ザ・ニードル(第3次スーパーロボット大戦Z 天獄篇)

天獄篇で初登場した怨嗟の魔蠍のスフィア・リアクター。
搭乗機であるアン・アーレスと込みの評価。
キャラとしては憎しみに憑りつかれた攻撃的な台詞の数々が聴いてて心地が良い。

<ネタバレ>
最初は動画で見て、アン・アーレスの最強技のギミックには驚かされた。
何故、アン・アーレスは脱力したようなポーズを取っているのか、
一見不恰好に見える背中の巨大なユニットは何なのか、
それらデザイン上の疑問が一気に氷解するあの変形は本当にすごい。
切っ掛けでずっとストップしていた時獄篇を再開し、
天獄篇を最後までクリアしたぐらいだからその影響力は大きい。



第3位 黄錦龍(相州戦神館學園万仙陣)

<ネタバレ>

お前がそう思うのならそうなのだろう

創作作品における意見の衝突で必ず発生するフレーズを
元に生み出されたようなキャラクター。

相州戦神館學園万仙陣のラスボスで
道士のような服装とけだるげなポーズが好みだった。
ラインハルト、メルクリウス、波旬、甘粕に続いて、
正田崇さんは設定面で、Gユウスケさんはビジュアル面で
毎回本当にいいラスボスを作って来ると思います。



第4位 トビ(NARUTO)

<ネタバレ>
原作を読んでいた頃も、その正体に関するギミックには唸らされた。
高木渉さんは前から好きだったけど、このキャラで更にファンになった。
トビのおちゃらけていた頃や、正体を明かした後のキャラもどちらも好きです。



第5位 ヴィーラ・リーリエ(グランブルーファンタジー)

グランブルーファンタジーで3000円の
スタートダッシュガチャセットの交換チケットで入手したキャラクター。

カタリナお姉様に恋い焦がれるヤンレズだが、
彼女が総選挙2位で、美少女の体を持つオッサンのカリオストロが1位なのが
このゲームの性格を表している、と言うのは言い過ぎかw

その後ガチャで普通に引けたら嫌だなと思いつつ、
そんな馬鹿な話は無く十分3000円分の成果は得ています。

公式四コマ漫画でのカタリナさんを巡るライバル、ファラとのやり取りが好きなので
現状はファラも加入させたいがSRまでなのでチケットで取るのは勿体無い・・・
もう少し前に始めていれば確定入手できたのでそれが悔やまれる。


第6位 織田信長(Fate/Grand Order)

グランドオーダー最大の幸運は、呼び符一発でギルガメッシュが出た事では無く、
信長がイベント報酬で貰える確定入手サーヴァントだったことです。
お陰で聖晶石を殆ど消費することなくオジマンディアスに温存できる。

最初にどこで見たのかは忘れたが黒髪ロングに軍服というデザインが気に入った。
TYPEMOON Wikiで設定を調べ、グランドオーダーへの参戦を楽しみにしていました。

漫画のぐだぐだオーダーなどでは出るかでないか微妙な発言をしていたのに、
まさかこんなに早く実装されるとは思いませんでした。
これまではSD絵しか見たことがなく、このキャラが普通の等身で
イラスト化されたらきっと格好いいだろうなと思っていたが、
実際のカード絵のイラストはその期待に100%応えるものでした。

第7位 うちはイタチ(NARUTO)

今年一気に視聴したNARUTOでトビと並んで気に入ったキャラクター。
石川英郎さんの声がまたいいんだ。
凄まじいまでの天才だが、その天才を以てしても
うちは一族の過酷な運命は覆せなかったと言う点で
NARUTOの忍世界の非情さを体現するキャラでもある。
今年発売されたイタチ真伝、光明篇、暗夜篇では主役となり、
彼がうちは殲滅に至るまでの経緯が描かれたがそれも面白かった。


第8位 ガラン(七つの大罪)

ギザギザの歯の兜を被り、やせぎすの体を鎧で包み、
長物を武器にするデザインが気に入った。
アニメ2期が決定したそうだが、ガラン様の登場が一番楽しみです。

<ネタバレ>
現在進行中のマガジンではすでに十戒最初の犠牲者としてお亡くなりに。
鎧姿が好きなので鎧の下を見せないまま退場したのはある意味良かった。


第9位 荒北靖友(弱虫ペダル)

三白眼に荒々しい性格が好みで、
吉野裕行さんの声がぴったりはまっていて、氏の演じたキャラでは一番好きです。

第10位 アズラエル(ブレイブルーシリーズ)

安元洋貴さんのこういうキャラを待っていました。
これまではパワータイプであっても
優しさや冷静さを持ったキャラが殆どだったが、
アズラエルは闘争心の赴くまま、強者と戦いたいから戦うと言うキャラで
設定上の強さも相俟って魅力的なキャラだった。


ベスト声優賞

高木渉さん!
理由はもちろんNARUTOのあの人。
あまり多くを語るとネタバレになるので話せないのですが、
あのキャラでますます氏のファンになりました。
来年のジョジョ四部の億泰ははまり役なのでそれも楽しみにしています。


全体的にキャラクターは豊作な一年だった。
特に男キャラが豊作で、年末にノッブとヴィーラが来なければ
ベスト10全部男キャラで埋まっていたかもしれません。
その場合はブレイブルーのレリウスとNARUTOの飛段が入っていたかな。
てらそままさきさんのクレイジー演技が想像以上に良かったです。


面白かったらクリックお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://greensnake.blog70.fc2.com/tb.php/4498-6fcebe17

FC2Ad