アクエリオンロゴス

一応毎週見ていたのだが、
結局最終話まで各話の感想は書かなかったな。

ファフナーと違ってこの作品は人死にとは無縁だと思っていたので
ネスタが呼び出したアクエリオンの攻撃で街が破壊され、
レギュラーの努虫が死んでしまう展開はショッキングだった。
前二作(創世、EVOL)とのストーリー上の接点は無かったが、
ネスタとの決戦では前二作の主題歌が流れたりした。
「言葉と声」がテーマで、前二作も不動司令の教えなど
言葉遊び的な要素が多分にあったので、
殆どが一話完結型のエピソードであることも合わせ、
世界観は一新してもアクエリオンらしさを多分に引き継いだ作品になった。
キャラクターは翼人が当初は目立たなかったが回を追うごとに
キャラが立って行って、彼が演説をする回は大体面白かった。
単に記憶に残っている後半のエピソードだからというのもあるが。
当初目立たないと言えば林さんは最初モブキャラだと思っていたのに
こちらも回を追うごとに味を出して行ったな。
最終的には陽と舞亜のラブストーリーとして上手くまとまったかな。


面白かったらクリックお願いします

にほんブログ村 アニメブログへ
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://greensnake.blog70.fc2.com/tb.php/4492-d311fc35

FC2Ad