遊戯王ARC-V 第76話「キングス・ギャンビット」

OPとED変わった。

権現坂、沢渡、月影、デニスと敗北したデュエリストたちは
見事にOPからも削除されているw

その分EDには色んなキャラ達が登場。
評議会の老人たちまでいるとは・・・w

内容は半分ぐらい総集編だったが
色々と新情報が明かされ、ストーリーは結構進んだ。

エンジョイ長次郎が投獄されてからシティの治安は乱れ、
トップスとコモンズの対立は激化。
行政評議会はその対策としてFSCの開催、
そして治安維持局、セキュリティの強化を行った。
質量を持つソリッドビジョン、リアルソリッドビジョンを持ちこんだロジェは
その功績で治安維持局の長官に上り詰める。
評議会はロジェが融合次元から来た者で、
侵略を目的としていることも知っていて、
社会秩序を維持する為にロジェを飼いならし、利用しようとした。

その後、赤馬零児からアカデミアの脅威を知らされた評議会は、
零児とロジェを天秤にかけ、ランサーズに自分たちを守る力があるなら手を結び、
無ければロジェを懐柔してアカデミアとの友好関係を結ぼうとした。

ロジェが前夜祭で遊矢をジャックの対戦相手に指名したのは、
ペンデュラムと言う未知なる召喚法を使う相手にジャックがどう対応するのか見る為だった。

ロジェ「オペレーション発令、キングス・ギャンビット!」

評議会から指揮権をはく奪されたことを知ったロジェによって、
セキュリティたちは全員操られてしまう。

扉を爆破し、評議員たちの前にセキュリティがなだれ込んでくる。

ロジェの目的はアカデミアに背き、
自分一人でシティを支配することだった。

ロジェ「王国・・・いい響きだ!
私は誰にも従うつもりはない!
プロフェッサー・赤馬零王であろうとも!」


デニスの確保がロジェの計画の成否を握る・・・!
その頃デニスは素良によって確保されていたw

デニスはアカデミアに送還され、
零王はシンクロ次元にセレナと柚子がいることを知り、バレットを差し向ける。
柚子の二回戦の相手はセルゲイに決まった。

EDのキャスト欄だと零王、素良、デニス、バレットは同じアカデミア勢としてまとめられていますね。


面白かったらクリックお願いします

にほんブログ村 アニメブログへ
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://greensnake.blog70.fc2.com/tb.php/4448-65555e89

遊☆戯☆王ARC‐V「第76話 キングス・ギャンビット」

遊☆戯☆王ARC‐V「第76話 キングス・ギャンビット」に関するアニログです。

FC2Ad