NARUTO疾風伝 その6

日向は木ノ葉にて最強・・・

ヒアシ様の久々のこの台詞の直後に、
ネジ兄さんがぁぁぁ・・・

この直前に忍連合本部に尾獣玉が落ちて
シカクさんやいのいちさんが死んだばかりで
急速に人が死んでいく辺りがえげつない展開だ。
つかあれで青さんやマブイさんも死んでしまったのか・・・

前話の次回予告だと日向一家が話をするだけで、
予告でもタイトルでもネタバレしていないんですよね。
まさかあんなにキャラが死ぬ話になるとは・・・みたいな予告になっている。

オビト
「仲間は殺させないんじゃなかったのか?」
「辺りを見て、もう一度言ってみろ」
「もう一度言ってみろと言っているんだ!!」


ここぞとばかりにナルトを言葉責めしまくるオビト。

そしてマダラ曰くもう少しで堕ちそうになったナルトを
圧倒的ヒロイン力で励ますヒナタ。
日向(ヒナタ)はヒロイン力にて最強・・・

大蛇丸の手によって、白ゼツを生贄として穢土転生で歴代の火影たちが復活。
カブトが彼らを蘇生できなかったのは、
火影全員が屍鬼封尽で魂が隔離されていたから。
これって第一部の頃からの伏線なんですよね。
オビトがカカシに写輪眼を与えたことなど、かなり初期の話が
最終決戦に欠かせぬ要素になっていて、
当初からの予定通りだとしてもそうでなくてもすごい。

マダラ「柱間ァ・・・!」

近付いてくる柱間のチャクラを感じて
かつてないほどうれしそうな顔をするマダラw
そして実際に柱間が現れたら、

マダラ
「待っていたぞォー!柱間ァァァー!!」


その後柱間に「お前は後―!」と言われて大人しく座り込むマダラw
柱間がいないと明らかに本気で戦ってなくて、
柱間が来たら来たで座り込むと言うw

これまで長々と伏線を張って来たオビトと違って
あまり愛着の無いキャラだったけどこれでだいぶキャラが立ちましたねw

恐らくはナルティメットレボリューションの販促回で
ナルトVSメカナルトの特別編があった。
メカナルトって大蛇丸さまが作ったのか!

飛段・角都戦の直前で、ナルトが螺旋手裏剣の修行している間の話。
暴走したメカナルトを後に暁が回収して九尾奪取のために差し向ける。

このメカナルトが滅茶苦茶強くて、
ミサイルやプロペラカッターなどの兵器を満載し、飛行能力もあり、
さらに近づくだけでナルトの九尾チャクラを
吸うことができ、実質ナルトを無力化できる。

シカマルの影首縛りは首を外すと言う荒業で脱出し、
ヤマト隊長が車酔いでゲロ吐きながら大気圏離脱したりしていた。
そしてカカシ先生は特にいいところも無くすぐにやられる。
この話では仲間がやられる度に離脱とかテロップが出るんだけど、
大気圏離脱はそれと掛けたネタだった。
唯一砂を使って優位に戦えた我愛羅はデイダラに挑発されて戦線離脱してしまう。

結局イタチ兄さんがあらかじめ幻術でナルトの味方になるように
仕込みをしていなかったらどうにもならなかった。
本当に木ノ葉や忍世界の命運はイタチ兄さんに支えられているなw

そして最後は巨大ロボのメカ九尾が登場。
大蛇丸さまそんなのも作っていたんかいw
しかしメカ九尾と聞くと某ゲームのアレを思い出すな。

メカ九尾は見た目がガイキングに似ていた。
最後はメカナルトが自爆特攻でメカ九尾を倒し、
我愛羅とデイダラの戦いの巻き添えで
砂の津波が木の葉の里を覆うという投げっぱなしな落ちだった。


面白かったらクリックお願いします

にほんブログ村 アニメブログへ
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://greensnake.blog70.fc2.com/tb.php/4437-3044f2a6

FC2Ad