ベイマックス

実家にいる間にDVDで観ました。
予告編の印象だともっと湿っぽい作品だと思っていたけど、
ガチガチのバトルアクションムービーでした。

歌舞伎マスクの正体は兄貴か教授かとは
思っていたが教授の方だったか。
ベイマックスの「タダシがここにいます」という台詞は
比喩じゃなく普通に生きている伏線なのかと思ってた。

マイクロボットがうねうね動くところは
デスドレインのアンコクトンみたいだったな。

ラスト、ベイマックスが全データをロケットパンチに
掴ませておいたお陰で復活したのは
定番とはいえ最後まで気付かんかったなw
そういうところも含めて日本のバトルものみたいでした。
湿っぽいのは苦手なので
極力アクションに割いた構成なのが良かった。


面白かったらクリックお願いします

にほんブログ村 アニメブログへ
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://greensnake.blog70.fc2.com/tb.php/4402-e852fe53

FC2Ad