帝一の國 十一巻

以下、ジャンプSQ本誌のネタバレもあり。

近頃の本誌では蒜山・裕次郎が熱い。
あの衝撃的だった蒜山ヅラ事件を皮切りに、
次の回では昭和世界観最強の燃えアイテム
軍帽に軍服(っぽい衣装)を着てラスボスとしての風格を高めている。
最終目的が軍国主義の復活とか、
かつての氷室や菊馬以上の危険人物で、
この漫画の戦後に近い世界観を生かしているし終盤の敵に相応しい。

この巻ではその話までは収録されていないけど、
巻頭のカラーページといいおまけ漫画といいプッシュされています。
おまけ漫画は裕次郎と蒜山の起こしたマヨネーズ皇国事件の話。
驚いたのは蒜山と裕次郎に施したという人格改変プログラムで、
本誌で読んだ時は人格を改造するプログラムとか
あまりに御都合主義だろうと思ったがその実態はかなり生々しいものでした。
ハーレム作ってる高天原の親父は元より
野々宮の親父も結構黒いところあるんだな。
大鷹の学費を出してあげたりする一方で
将来世間に害を成しうる実の息子をプログラムに掛けるなど、
清濁併せ持つのは大物政治家らしいな。


面白かったらクリックお願いします

にほんブログ村 アニメブログへ
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://greensnake.blog70.fc2.com/tb.php/4322-ddc7f4e2

FC2Ad