ニンジャスレイヤー フロムアニメイシヨン 第3話「ラスト・ガール・スタンディングpart1」

ヤモト・コキ登場回。
覚醒してヨタモノどもを惨殺するところから始めるのね。
さすがに今回は前後編にするようだ。

今となってはだいぶ女性キャラも増えたけど
初期忍殺では珍しい女ニンジャだったヤモト・コキ
どっちが苗字で名前なのかは今もって謎。
フジキド・ケンジにフジオ・カタクラと
忍殺世界にはどちらが先か、両方のパターンがあるため。
声はドラマCDの頃から同じ雨宮天=サン。
アカメとかアセイラムとかエリザベスとか近年はヒロイン役が多いですね。
私の知る限り雨宮=サンはヤモト役を経てから
ヒロイン級の役が増えるようになったので、
これはヤモトのお陰で出世した、
ひいては忍殺のお陰で出世したといっても過言ではないと思うのですが。

原作一巻のエピソードだけど時系列的にはだいぶ先の話になります。
この辺は時系列シャッフルの利点ですね。

今度こそ、今度こそ紙人形劇は……
そんな期待も虚しくショーゴーとヤンクの戦いから紙人形劇になりました。
まぁショーゴー=サンなんかどうでもいいっちゃいいんだけど。

ソウカイ・シックスゲイツ、ソニックブーム
声はドラマCD同様黒田崇矢=サン。

ショーゴーは紙人形劇で済ませてヤモトやアサリはちゃんとしたアニメで描く。
リソースの割き方としてそれは全く正しい。
ドラゴンのオリガミ緻密すぎる。
ゴリラ、イーグル、ドラゴン、そしてタコで言わずと知れた四聖獣ですね。

エンディング。
カワイイ女性高生のすぐ上に半裸のアフロという
夢から急転直下で悪夢に移行するかのような、
何とも禍々しい構図だった。


面白かったらクリックお願いします

にほんブログ村 アニメブログへ
スポンサーサイト

コメント


>>今度こそ、今度こそ紙人形劇は……
もう諦めた


>>そんな期待も虚しくショーゴーとヤンクの戦いから紙人形劇になりました。

トリガー以外の再アニメ化期待。
今回は第一部途中までだろうし。
こういう実験めいたアニメは原作つきじゃなくて本当にオリジナルとかでやれよ。

Re: タイトルなし

> トリガー以外の再アニメ化期待。
> 今回は第一部途中までだろうし。
> こういう実験めいたアニメは原作つきじゃなくて本当にオリジナルとかでやれよ。

まぁ映像ソフトの売れ行き次第なのだろうが、
これで買う気になるかと言われると凄く不安だぜ……

こうなった以上望むのは一人でも多くのニンジャに声優が付くことのみ。
後原作単行本と同梱のドラマCDも復活してほしいな。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://greensnake.blog70.fc2.com/tb.php/4306-33bc2610

FC2Ad