バトルスピリッツ烈火魂 第1話「幸村 参上!」

烈火魂と書いて「バーニングソウル」と読む。

日朝から姿を消したバトルスピリッツのアニメが復活。
今回は戦国時代の武将をモチーフにしたキャラ達が
バトルスピリッツの流行っている現代で
天下布武を目指して競うと言う内容。

ライフ破壊時の色は皆共通で青色になった。

最初のバトルの相手は焔組親衛隊筆頭、赤井長頼。
声は阪口周平氏で、今レンタルで見ているNARUTOで重吾やってた人でした。
BP10000が当たり前でインフレが進みまくっていた日朝時代と比べ
3000程度のパワー同士の対決とか新鮮でしたね。
単にライフを守ろうとするだけでは負けるという
間違ったプレイングを示すことで
バトスピのルールを初心者にも分かりやすく伝えていた。
というか、プレイングが原因で負けること自体
カードゲームアニメでは非常に珍しい。

ほとんどのバトルやデュエルの勝因はただのですし。
あるいはドローカード創造とか抜かすインチキ。

勝利した赤井長頼さんはその後で佐助のデッキを没収しようとするのが、
無理矢理悪い人にしようとしているみたいで
テンプレ通りだなぁとちと盛り下がった。
別にいらんだろ……あんな雑魚カードばかりのデッキ……

今回から通常のコアに加えて特別な効果を持つソウル・コアが登場するみたいです。
しかし今後現実のバトルでは
単に「複数存在する、カードに乗せられるサイズの物体」で良かったコアに、
コアとソウル・コア、「二種類に分類可能な」という条件が付くことになり、
更に敷居が上がるんじゃないかと老婆心ながら心配です。


面白かったらクリックお願いします

にほんブログ村 アニメブログへ
スポンサーサイト

コメント


>ほとんどのバトルやデュエルの勝因はただの運ですし。
>あるいはドローカード創造とか抜かすインチキ。
あとは遊戯王のペガサスのように『自分だけが持ってるチートカードを使う』ですかね。
遊矢のペンデュラムもある意味このパターンでしたし。

Re: タイトルなし

> あとは遊戯王のペガサスのように『自分だけが持ってるチートカードを使う』ですかね。
> 遊矢のペンデュラムもある意味このパターンでしたし。

ペガサスは自作のカードでデュエルすることはよくネタにされるけど
より直接的な千年眼による読心はあまり触れられない気もする。ありがちだからだろうか……

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://greensnake.blog70.fc2.com/tb.php/4264-a52c319f

バトルスピリッツ烈火魂<バーニングソウル>「第1話 幸村 参上!」

バトルスピリッツ烈火魂<バーニングソウル>「第1話 幸村 参上!」に関するアニログです。

FC2Ad